施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成24年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成24年度水俣病犠牲者慰霊式


水俣市長式辞

 水俣病犠牲者慰霊式を挙行するに当たり、水俣病の発生によって犠牲となり、尊い生命を失われた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。

 本日の慰霊式に、ご遺族や被害者の皆様、細野環境大臣、蒲島熊本県知事を始め、国会議員、県議会議員、近隣の市長の方々、関係県市町の皆様並びに多くの市民の皆様のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、心から厚くお礼を申し上げます。

 水俣病公式確認から56年を迎え、ご遺族並びに被害者の方々の高齢化が進む中、地元市長といたしましては、長年にわたり辛酸の日々を送ってこられた皆様が、住みなれた地域で人としての尊厳をもち続けながら安心して暮らしていただけるよう、国や県をはじめ関係各所のお力をお借りしながら、地域全体で心をそろえて精一杯努力をして参ります。

 今年は、水俣市が、平成4年に二度と再び水俣病のような不幸な出来事を繰り返してはならないとの強い決意のもと、「環境モデル都市づくり宣言」を行って20年の節目の年を迎えました。
これまで、水俣病の教訓である、環境の大切さ、健康と命を守ることの重要性をしっかりと認識しながら、市民、行政等が一丸となりさまざまな環境に関する取り組みを積み重ねてまいりました。そのことは、水俣病で被害を受けられた方の犠牲を無駄にしない取り組みでもあります。その結果、昨年3月には、日本で唯一の環境首都の称号を得ることができました。

 今後とも、環境首都に更に磨きをかけ、きびしい苦難を経験した町として「環境と健康はすべてに優先する」という理念をしっかりと市政の中心に据え、名実ともに環境首都と評されるよう、努力を続けていかなくてはなりません。そして、“人が行きかいぬくもりと活力ある「環境モデル都市みなまた」”の実現に向け、市民協働による取り組みを進めてまいります。
また、水俣病被害者救済特別措置法の申請期限が迫る中、健康不安をお持ちの方が一人残らず手を挙げていただけるよう、引き続き周知徹底等に努めてまいります。

 東日本大震災も、たえがたい多くの悲しみをつくりました。日本全体で痛みを分け合い、思いを寄せ合って取り組む必要があると考えます。人の痛みを、自らの痛みとして、どこまで引き寄せることができるのか。日本人の真価が問われているように思えてなりません。私たちは、まずは命の大国を目指すべきではないでしょうか。

 再び悲劇が繰りかえされないよう、問題点を明らかにしながら国内外はもとより、次の世代に警鐘を鳴らし続けていくことが、時代を生きた者の使命であると考えます。更には、水俣病があったことで、思いやりに満ちた、あたたかい町であり、すばらしいすてきな町になったと言われるように市民と心をひとつにして努力を続けていかなくてはなりません。

 時に、人は苦しいこと、つらいことでくじけそうになることもあります。しかし、心をそろえ、乗り越えることによって、より強くより優しくなることができます。市民ひとりひとりが命と環境を大切にすることで、持続可能な社会を形成できると信じています。水俣が悲しみを乗り越える時、新たなひかりが見えてきます。そのことが、環境首都水俣としての責任ある行動であると思っています。

 終わりに、水俣病被害者並びにご遺族の皆様が心安らかな日々が送っていただけるよう保健・福祉の充実に努めて参ります。さらに、地域経済の活性化ともやい直しによる絆を深め、元気で明るい水俣づくりの実現に向け精一杯努力して参りますことをお誓いいたします。重ねて、犠牲者のご冥福とご遺族の皆様のご清福をお祈り申し上げ式辞といたします。


平成24年5月1日
水俣市長 宮本 勝彬


トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」

 私は、昭和34年9月1日に、生まれました。水俣病の原因が工場排水にあるとチッソが気付いた時、水俣病が公式確認されて3年目です。
 この事実を知った時、私より後から生まれてくる胎児性の仲間のためにも、タイムスリップしスーパーマンになって排水口を止めたかったです。
 私の家では、昭和23年と24年に続けて兄が生まれました。2人ともすぐに亡くなり昭和27年と30年に姉が生まれました。そして、私は待望の男の子でした。
 祖母は、バンザイ、バンザイと大喜びしてくれたそうです。でも、私の成長は2人の姉とは少し違っていました。痺れや痛みで泣いてばかりで、1歳になっても歩くことができずに
 ずいぶん家族は心配しました。風呂上がりには姉達がマッサージしてくれたのを覚えています。
 当時、病名も原因も不明とされていました。
 父はチッソ工場の労働者で、昭和37年7月の安賃闘争を第一組合で闘いました。
 父は、闘いの象徴でもある赤い鉢巻を私の頭に巻いて、拳をあげた「ガンバロー」のポーズをとらせてくれました。
 ちょっと照れくさく、苦手でした。語り部の時に皆さんに見ていただく家の中で三輪車に乗った3歳ぐらいの私の写真がそれです。 歩くことができなかった私に3輪車は車イスの代わりでした。
 同じ、昭和37年、世界で初めて胎児性水俣病が確認され、私も、間もなく認定されました。それは、父が懸命になってチッソに訴えてくれたお陰と母に聞かされ、『お父さんありがとう』と、感謝の言葉が出ました。父は大好きな会社を訴えることが、とても辛かったと思います。
 小学校5年で父は、亡くなりました。当時の父の思い出は、3交代の合間に船を持ち漁も大好きで、チッソも大好きで、働くことを誇りにしていました。私もチッソが大好きでした。クレーンや煙突の煙を見ると、チッソもがんばってるなと励まされました。
 小学校でも、中学校でも 水俣病患者で障がいがあることで、いじめられました。その辛さを、チッソの風景が救ってくれました。今はクレーンもないし、残っているのはでっかい倉庫だけ。それを絶対なくしてほしくない。心の中だけの梅戸港にしたくないです。
 これからのことを考える時、一番不安なのはいつ自分も車椅子生活になるのかなということです。先輩の胎児性患者も私より若い胎児性患者も、急激に車椅子になってしまいました。
 今、埋め立て地のお地蔵さんまで訓練だと思って歩いていますが、いつまでもずっと歩きたいです。
 まだまだ水俣病は終っていません。苦しんでいる患者さんたちを救えないのかなと思います。患者さん達もがんばってほしいし、チッソや国や県はどうするのかな、終わらしてはいけないです。
 終わってない水俣病患者の気持ちを本当にわかってほしい。
 車椅子の人たちの気持ちをチッソの人たちはわかってほしい。
 ちゃんと水俣の子どもたちには「水俣出身です」っていってほしい。9月に子どもたちが語り部を聞いてくれた時、誕生日だったので、校歌をこどもたちが歌ってくれてうれしかったです。
 昨年の3月11日、東日本大震災で多くの生命が奪われ、津波に襲われた町や村が一瞬のうちにメチャクチャにされた光景をテレビから見せていただき心が痛みました。子ども達のことを考えると、水俣病に苦しんだ小さい頃と重なって涙が止まりませんでした。
 ほっとはうすの仲間と去年の水俣病を伝える活動の中で、福島原子力発電所の放射能から子どもを守るため九州に避難をしているお母さん達、放射能を計測し、必死で子どもたちを守ろうとしているお父さんにも出会いました。改めて、水俣と福島のつながりを考え、水俣病事件の教訓が、少しも学ばれていないことを知りました。
 子ども達を放射能から守るためにも、水俣病を伝える活動を続けていきたいです。そのことが、水俣病で犠牲になった多くの生命を無駄にさせないことです。
 今あらためて、そのことをお誓いし、東日本大震災で奪われた人間だけでない、小さな生命たち、魚、虫、鳥、すべての失われた生命の御冥福をお祈りいたします。最後に、水俣病で奪われた全ての生命に哀悼の誠をささげ、心より御冥福をお祈りいたします。


平成24年5月1日
水俣病患者・遺族代表 永本賢二


トップへ戻る
学生代表 「祈りの言葉」

 温暖な気候で風光明媚な私達の町、水俣。豊かな山海の恵みにあふれた私達の町、水俣。そして、この芳醇な風土で育まれた人情に厚い私達の町、水俣。この誇るべき水俣が、水俣病公式確認から56年を迎えました。
 
 不知火海沿岸の環境だけでなく、この水俣に生活する人々の体、そして心までも蝕んだ水俣病。公害病の原点といわれるように、戦後の高度経済成長という名のもとに地球環境への配慮に欠けた行動が、私達の町に負の財産を残しました。この美しい町が、健康被害だけでなく患者やその家族の方々に対する偏見や差別の被害が蔓延する受難の地となってしまいました。そのため、「人と人」とのつながりがいたるところで分断され、この町に住むすべての人々の心に重い傷を残しています。今でも身体的にも精神的にも苦しむ方々のことを思うと、胸が締め付けられるようです。

 しかし、今、この町は変わり始めています。水俣の過酷な歴史を二度と繰り返さないために自分たちのことを語り伝えてくださる方々、環境の再生と発展ために「環境首都」として活動を提案し、働きかけてくださる方々、「人と人」とのつながりを再生し広げる「もやいなおし」に尽力なさった方々。そのすべての方々のおかげで、誇れる町へと変化をとげています。私は水俣で生まれ育った17年間で先人が残したたくさんの財産を享受しています。そして、辛い歴史も、現実も、これからの未来へ持続可能な取り組みも、すべてが水俣に住んでいる私のかけがえのない財産となっています。

 部活動の試合中に、水俣病のことをよく知らない他の地域の生徒から、心無い差別発言があったことを耳にしたとき、水俣に育った同じ世代として、とても悔しく悲しい気持ちになりました。水俣で起こったこの病気のこと、春夏秋冬移り変わる美しい自然のこと、「環境首都」としてきれいな環境をつくり、守ろうと努力する水俣市民のこと。これまで私が得てきたものを正の財産として、これから出会う人々に正しく伝えていくことが、水俣で生まれ育ったものとしての役目だと考えています。

 最後になりましたが、水俣病の犠牲になられたたくさんの方々のご冥福を心からお祈りいたします。また、私達の故郷である水俣の町を、人にも環境にも優しく、誰もが胸を張って誇ることのできるような素晴らしい町にしていくことをここに誓い、祈りの言葉といたします。


平成24年5月1日
熊本県立水俣高等学校三年 生徒代表
片岡 あかり


トップへ戻る
環境大臣 「祈りの言葉」

 水俣病犠牲者慰霊式に臨み、水俣病によって、かけがえのない命を失われた方々に対し、心から哀悼の意を表します。
 本日、この地に立ち、不知火海という魚(いお)湧く美しい豊穣の海を見るに及んで、かつて、このすばらしい海が汚(けが)され、甚大な健康被害と環境汚染が生じ、平穏な地域社会に長年にわたり不幸な亀裂がもたらされたことに、思いを深く致さずにはいられません。
 長きにわたる大変な苦しみの中でお亡くなりになられた方々、その御遺族の方々、地域に生じた軋轢に苦しまれた方々、また、今なお苦しみの中にある方々に対し、誠に申し訳ないという気持ちで一杯であります。
 ここに、政府を代表して、水俣病の拡大を防げなかったことを、改めて衷心よりお詫び申し上げます。国として、責任を持って水俣病問題の解決に全力を挙げなければならないという思いであることを改めて申し上げます。
 公式確認から56年という長い年月を経た今日に至るまで、水俣病問題の解決に関して様々な方が努力されてきており、その努力に心から敬意を表したいと思います。
 現在進めている、「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法」に基づく取組に関し、昨年、特別措置法による救済を求めておられた団体と紛争終了の協定が締結され、また、訴訟をされていた3000人余りの方々と和解が成立したことは、水俣病問題の解決に向けての取組の上で、大きな節目となりました。
 また、ちょうど2年前、当時の鳩山総理大臣が、まさにこの場において、給付申請の受付開始を表明いたしました。その後、多くの方々に申請をしていただいており、7月末までの申請受付期間までに、周知広報などに最大限努力をしてまいる所存です。
 しかしながら、水俣病問題への取組はこれからが正念場です。すべての被害者の方々はもとより、地域の皆様が将来にわたって、安心して暮らしていけることが必要です。
 そのため、関係地方公共団体と連携しながら、認定患者の方々への補償に万全を期しつつ、胎児性患者の方を始めとする方々への医療・福祉の向上に努めてまいります。同時に、失われた地域の絆の修復、いわゆるもやい直しも引き続き進めてまいります。さらに、公害問題、環境問題の原点である水俣が、世界の環境首都として、環境対策と地域の発展が好循環し、成長するまちづくりを実現し、全国へ、そして世界へ水俣モデルを発信できるよう、地域の皆様による取組を全力を挙げて支援してまいる決意であります。
 また、水俣病と同様の健康被害や環境破壊が、世界のいずれの国でも繰り返されることのないよう、国際的な水銀汚染の防止のための条約づくりに引き続き積極的に貢献してまいる決意であります。鳩山元総理大臣が一昨年ここで申し上げたとおり、来年、我が国で開催されることとなった外交会議において採択・署名される条約を「水俣条約」と名付けることで、水銀汚染の防止への取組を世界に誓いたいと思います。
 水俣病のような悲惨な経験を、二度と繰り返さないようにしていくことが大切です。国としても、地方公共団体、事業者、国民の皆様とともに、公害のない持続可能な社会の実現に向けて、また、恵み豊かな自然環境を保全し、将来に継承していくため、全力で取り組んでいくことを、ここにお誓い申し上げます。
 最後に、改めて、水俣病の犠牲となりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、私の「祈りの言葉」とさせていただきます。


平成24年5月1日
環境大臣 細野豪志


トップへ戻る
県知事 「祈りの言葉」

 水俣病犠牲者慰霊式にあたり、水俣病の犠牲となられた方々の御霊(みたま)に対し、熊本県民とともに謹んで哀悼の意を表します。

 過去に経済的な豊かさを追い求める社会情勢の中で、美しい自然を守り、かけがえのない人間(ひと)の命を大切にするという思いが、欠如していたために、水俣病が発生してしまいました。
水俣病の被害に苦しんでこられた方々の痛み、そして、御家族を亡くされた御遺族の皆様の深い悲しみは、永い年月を経ても癒されるものではありません。水俣病の被害拡大を防ぐことができなかった熊本県の知事として、改めて心からお詫び申し上げます。

 昨年は、東日本大震災や福島原発事故など、想像を超える災害や事故が発生し、国民に大きな衝撃と不安を与えました。これに対して私達は、犠牲になられた方々を慰霊し、傷ついた方々の心と体を癒し、生活の基盤を失われた人々が必要とする支援を行う必要があります。
本県でも、被災地の復興支援に物心両面から取り組んでおりますが、復興に至る道程(みちのり)は険しく、膨大な時間と多くの方々の支援が必要とされます。

 本県は、水俣病問題の解決に取り組む中で、失われた命や健康は取り戻せないこと、一旦破壊された自然環境の復元には長い時間と多くの努力が必要なことを、大きな犠牲のもとに、教訓として学びました。
私は、今回の東北の悲劇に向き合う中で、水俣病被害者の方々の救済を図り、その方々の日々の暮らしをしっかりと支え、そして、水俣病の経験を通して学んだことを内外にお伝えしていかなければならないと、より強く感じております。

 水俣病被害者の方々の救済につきましては、平成16年の最高裁判決以降に、早期救済を求める多くの方々の声を重く受け止め、平成21年7月に成立した特別措置法に基づき、救済の実現に努めております。
今後とも、その目的である「あたう限りの救済」がなされるよう、救済申請の期限である本年7月末まで、救済とともに周知に精一杯取り組んで参ります。

 申請期限終了後においても、国や地元自治体と連携して、地域の方々の健康不安の解消、軽減に取り組んで参ります。また、被害者をはじめ地域の方々が社会の中で安心して暮らしていただけるよう、福祉や環境の取り組みにも力を入れて参ります。

 特に、高齢化が進む胎児性・小児性患者の皆様方や御家族の方々は、日々、御心配の思いが募る状況におられます。その方々の生活をしっかりと支える福祉サービスや、生きる喜びを感じられる交流活動等の充実に引き続き取り組んで参ります。

 さらに、この美しい水俣湾をはじめ、地域の皆様方が、故郷(ふるさと)を思い続け、共に故郷の発展に心を合わせていかれるように、水俣病の教訓の発信や「もやい直し」の取組みを通して、水俣病に関する差別、偏見の解消や地域の再生・融和を、引き続き推進して参ります。

 併せて、来年は、「水銀に関する条約の外交会議」が日本で開催されることになっております。水銀による環境や健康への甚大な被害を引き起こし「公害の原点」といわれる水俣病発生の地で、条約締結の署名式が執り行われ、皆様方が力強く再生に向けて取り組んでおられる姿を世界に向けて発信できますよう、最大限の努力を払って参ります。

 水俣病公式確認の日である今日(きょう)、5月1日は、水俣病のような悲劇を二度と、引き起こさない「決意」の日でもあります。「聖地」とも言うべき、この埋立地に立ち、熊本県知事として、これからも水俣病問題に真摯に向き合い、地元の方々に、寄り添い続けることを、ここに固くお誓い申し上げ、私の祈りの言葉と致します。


 平成24年5月1日

 熊本県知事 蒲島 郁夫 


トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」

 本日、ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、改めて御霊の安らかに鎮まり給うことを謹んでお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様に対しましても心より哀悼の意を表します。
 当社は、明治41年にこの水俣の地で創業以来、地域の皆様に支えられ、地域とともに歩んでまいりました。
 しかしながらこの間に、当社の工場廃水に起因して水俣病を惹き起こし、多くの方々が犠牲になられ、また地域全体にも多大なご迷惑をおかけしておりますことはまことに痛恨の極みであり、ここに改めてお詫び申し上げます。
 当社は今日まで、患者の皆様に対する補償責任の完遂を経営の至上命題に掲げ必死の努力を重ねてまいりました。
 平成21年には「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法」が制定され、環境省、熊本県、鹿児島県を始めとする多くの関係者の多大なご尽力により救済が進められているとこであり、また、この特別措置法により当社は昨年4月に事業子会社であるJNC株式会社を発足させました。
 このような事業再編は行いましたが、当社は、患者の皆様への補償責任をこれまでといささかも変わることなく完遂してまいります。また、患者の方が安心して暮らしていけますよう、関係自治体が検討される必要な施策にも協力してまいる所存であります。
 そして水俣製造所は、これからもJNCグループの主力工場として世の中に役に立つ製品を開発、提供し、雇用の確保をはじめ地域の発展に貢献してまいります。
 現在の日本は、たいへん厳しい事業環境にありますが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、また、国、県及び地域の皆様方からいただいておりますご支援にお応えするため、なお一層の経営努力を重ねてまいりますことをここにお誓いして、祈りの言葉といたします。


平成24年5月1日
チッソ株式会社 代表取締役社長 森田 美智男


トップへ戻る