施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成23年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成23年度水俣病犠牲者慰霊式


水俣市長式辞

 公式確認から55年目を迎えた水俣病犠牲者慰霊式を挙行するにあたり、水俣病によって、尊い命を失われた方々の御霊に対し、謹んで哀悼のまことを捧げます。
 本日の慰霊式に、ご遺族や被害者の皆様、近藤環境副大臣、蒲島熊本県知事をはじめ、国会議員、県議会議員、近隣の市長の方々、それに多くの市民のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、厚く御礼を申し上げます。
 ここ慰霊碑から広がる不知火の海は、今、何を語りかけているのでしょうか。かつてこの美しい海で水俣病が発生し、多くの人々が、もがき苦しまれたことを鮮明に呼び起こすことが難しくなりつつあります。しかしながら、私たちは、水俣病の経験を忘れてはなりません。起こったことをしっかりと受け止めながら生きていかねばなりません。もう触れたくはない、思い出したくはない辛い出来事でしょう。しかし、水俣病の経験と教訓を生かし伝えていくことは、水俣市の使命であり、そのことが、新たな水俣を築いていくことでもあります。
 私たちは、公害の経験から多くの貴重なことを学びました。被害を拡大しないために初期段階での適切な対応がいかに重要であるかということ。さらには、将来に大きな禍根を残さぬよう、これまでの決まりや常識の枠を越えて、様々な分野の方々の知恵を結集し、今ある命と環境を懸命に守らなければならないということです。
 今まさに、東日本大震災においても、水俣病の教訓が試されているように思えてなりません。命と健康第一の迅速な対応によって、問題が長期化しないことを心から願ってやみません。原発事故では、避難者に対する差別や偏見も起こり、私も水俣市民も心を痛めています。事実に基づかない偏見差別、誹謗中傷は、人として最も戒めなくてはならない行為です。人の痛みを自らの痛みとしてとらえ、その痛みに近づく努力をしていかなくては真の豊かな社会は訪れないでしょう。
 これまで水俣病問題の解決にお取り組みいただいた国会議員の先生方をはじめ、多くの関係各位のご尽力により、特措法による救済も進んでいます。被害者団体の皆様も、苦渋の決断で和解を受け入れていただいております。今後は、すべての被害者の方々が救済されるまで、丁寧に見守っていくとともに、被害者の皆様が安心して暮らしていかれるよう、心の支えと地域における絆を深めてまいりたいと思います。また、胎児性患者の皆さんの将来や地域振興など残された課題を解決するため、国や県の力をお借りすることはもちろんのこと、チッソとも連携を密にしながら、弱者にやさしい豊かな地域社会を形成していきたいと存じます。
 人は苦しいこと、辛いことを乗り越える力を持っています。いつの日か乗り越えることによって、より強く優しくなれます。確かに公害は悲惨な経験でしたが、市民一人一人が命と環境を大切にし、前向きに力強く進むことにより、持続可能な社会を形成できると信じています。水俣が悲しみを乗り越えるとき、新たな光明が見えてきます。そのことが、環境首都水俣としての責任ある行動でありますし、水俣病の真の解決につながると思います。これからは、経済大国でなく、命の大国をめざさなくてはなりません。
 結びに、水俣病の犠牲を決して無駄にしないよう、希望ある水俣づくりに努めていくことをお約束し、犠牲者のご冥福を心からお祈り申し上げ式辞といたします。


平成23年5月1日
水俣市長 宮本 勝彬


トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」

 水俣病犠牲者慰霊式にあたり患者、遺族を代表して祈りの言葉をささげます。
まずは、3月11日に起きました東日本大震災におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、犠牲になられた多くの生命に心よりご冥福をお祈りいたします。
全ての人がこの世に生を受けた時から、幸せになりたいと願い続け、日々そのための努力をしながら生き続けていることでしょう。
そう言う、ささやかな願いも水俣病によって多くの人たちの願いが断ち切られてしまいました。
 昭和32年12月28日、熊本県葦北郡芦北町女島という小さな漁村に生を受けました。
 網元として一家の大黒柱であった祖父、福松と共に平和に暮らしていた緒方家を突然、悲劇が襲いかかりました。必死に逃げまどう緒方家を容赦なく有機水銀の毒が飲み込んでしまったのです。
 同居していた祖父は発症から3ヵ月後の昭和34年11月27日、急性激症型水俣病でチッソに命を奪われ、祖父と生まれ変わるようにして、この世に生を受けた妹やいとこは、胎児性水俣病患者として苦しみの人生を強いられてしまいました。生き残った家族は、すでに水銀の毒におかされていました。
 私の毛髪から2才当時、226PPMの水銀が検出されるほどチッソが排水とともに水俣湾に垂れ流した有機水銀の毒によって私や緒方家の未来が大きく左右されてしまいました。文明社会の掟とはいえ、あまりにも惨い出来事でございます。
 熊本県はこの事実を当時知っていたにも関わらず、38年もの間、私を積極に助け出そうとせず、更に平成8年、やっとの思いで申請した政治解決で無残にも見捨てられてしまいました。
 どうしても納得できない私は、水俣病と共に生きてきた自身の存在を証明するため、10年に及ぶほんとうの闘いの日々へと変って行きました。
 一人の人間として、行政に見捨てられた私がどんな思いで当時、暮らしていたか、言葉にできないほど、辛い日々でした。
10年の訴えの末、平成19年3月15日、潮谷義子(前)熊本県知事から、2266番目の患者認定を受けました。
 知事の全責任において私を救い、普通の生活に近づけてくれたことは、当然なこととは言え、正直、一度見捨てられた行政に救われた思いです。
 しかし、私の人生は50年の時が過ぎていました。水俣病の被害に遭った一人の人間が救済されるまで、50年もの時を要したことは、社会の仕組みに問題があるのです。
 水俣病は、本人申請主義と公害健康被害補償法で定められていますが、法律は一体なんの為にあるのでしょう。
 世の中の全ての人が安心して幸せに暮らせるために法律が、あることをけして忘れてはなりません。
 昭和31年、日本の経済白書がもはや戦後ではないと宣言した時代、経済を優先し、水俣病と言う、世界に類を見ない公害を起こしてしまったことは我が国の失敗であり、一企業の責任にとどまらず、戦後復興に向けて日本の政策に問題があったことは、隠しようのない事実であります。
 更に水俣病の解決に対するわが国の政策に重大な過ちを起こし、結果、水俣病事件へと変って行った歴史があります。
 水俣病公式確認から55年間、争いは絶えませんでした。しかし、全ての人たちの願いは、一致していました。それは水俣病の一日も早い解決でした。
しかし、水俣病問題を我々大人社会の一人ひとりが難しくしてしまい、日々悪化へとたどった歴史があります。
 一年前の今日、特別措置法の受付が開始されました。一年経った今、多くの被害者が落ち着きを取り戻したのも事実です。
 しかし、置き去りにしている問題がいくつかあります。被害に遭いながら未解決のまま亡くなられた人たちの問題もその一つです。その責任は一体どこにあるのでしょう。
 5月1日を水俣病公式確認の日とし、手を合わせて祈るだけでよいのでしょうか。
 私達は、水俣病から何を学び何を教訓として何を世の中に伝えなければならないのか。亡くなった生命から逆に突きつけられていることを忘れてはなりません。
 胎児性患者の今後の課題や、さらにはチッソの分社化による今後の行方など水俣病が、今後どうなって行くかは、原因企業のチッソや、行政、さらには、被害者を含める社会の一人ひとりが、水俣病と、どう向き合って行くかだと思います。
 矛盾をのこしたまま、次の世代に水俣病事件を引き渡していいものでしょうか。我々の時代に起こした水俣病は、私たちの努力によって矛盾を解決し、次の時代に生きる子供たちに教訓として、引き渡さなければなりません。
 また、福島第一原子力発電所の事故は、水俣病発生当時を思い出し、胸が張り裂ける思いです。水俣病の教訓が、これまでほんとうにいかされていたのか疑問に思います。
 先祖がここまで大切にしてきた自然を破壊してしまったことを私達は、どう詫びればいいのでしょうか。
 現在、水銀の被害に遭い、苦しみながら命を奪われた人間や魚、鳥、全ての生命に祈りを捧げ、命の尊さを世界に伝えるため、水俣湾埋立地にある実生の森の木の枝でこけしを彫り続けています。水俣病資料館、語り部の一人として世界の人たちに水俣病の悲惨さを伝えながら、出会った人たちに手渡し続けて現在、1800人余りの人たちに届けています。
 水俣病と共に53年間生き続け、さまざまな出来事と出会う中で、正直、健康被害と引きかえにチッソから人間として大切な生き方を教えていただいたような気がします。
 今後、水俣病が悲惨な出来事として歴史に刻まれて行くのか、それとも人類にとって貴重な出来事として刻まれるか、今後の水俣病の行方は、今の時代を生きる私たち一人ひとりに背負わされていることを今度こそ忘れてはなりません。
 水俣病で失われた全ての生命に対して、ご冥福をお祈りすると共に、一人の生き証人として、水俣病の事実と真実を世の中に伝え続けることを、今日ここにお誓い申し上げ、祈りの言葉と致します。


平成23年5月1日
水俣病患者・遺族代表 緒方正実


トップへ戻る
学生代表 「祈りの言葉」

 温暖な気候で風光明媚な私たちの町、水俣。豊かな山海の恵みにあふれた私たちの町、水俣。この豊潤な風土で育まれた人情に厚い私たちの町、水俣。この誇るべき水俣が、水俣病公式確認から五十五年を迎えました。

 不知火海沿岸の環境だけでなく、この水俣に生活する人々の体そして、心までも蝕んだ水俣病。公害病の原点といわれ、戦後の高度経済成長にともなう地域環境への配慮に欠けた行動が、私たちの町に「負の財産」を残しました。この美しい町が、拡大する健康被害の患者やその家族の方々に対する過酷な偏見や差別が蔓延する受難の地となってしまいました。
そのため、「人と人」とのつながりがいたるところで分断され、この町に住む全ての人たちの心に重い傷を残しています。今なお身体的にも精神的にも苦しむ方たちのことを思うと、悲しい気持ちでいっぱいになります。

 それでも私は、水俣に誇りをもっています。それは、過酷な歴史を持つ水俣のことを語り、私たちに伝えてくださる方たちのおかげです。また、水俣の環境再生と発展のために「環境モデル都市」として先導的に活動なさっている方たちのおかげです。そして、分断された「人と人」のつながりを再生し、つながりを広げる「もやい直し」に尽力なさった方たちのおかげです。私は、この水俣で生まれ、育ちました。その17年間で、多くの先人が残してくださったたくさんの財産を受け取ってきました。辛い歴史も、現実も、未来への持続可能な取り組みも全てが、私のかけがえのない財産となっています。

 だからこそ、現在でも部活動の対外試合で差別発言を受けたという話を聞いたとき、水俣に育った同じ世代として、とても悔しかったです。水俣病のこと、春の桜や秋の棚田といった美しい自然に囲まれた水俣のこと。将来に向かって、新たな環境モデルを築こうとしている水俣のこと。これまで私が得てきた財産を、これからは私が出会う人たちに正しく伝えていき、無知や無関心が生んできた偏見や差別を払拭する一翼を担うことが、水俣で生まれ育った者としての役目であると考えています。

 最後になりましたが、水俣病の犠牲になられた多くの方々のご冥福をお祈りいたします。また、私たちの故郷水俣を、人にも環境にも優しい、そしてこれからの若者が胸を張って誇れる町にしていくことを誓い、ここに祈りの言葉といたします。


平成23年5月1日
熊本県立水俣工業高等学校 生徒代表
建築科3年 山下 翔太


トップへ戻る
環境大臣 「祈りの言葉」

 本日、この地に立ち、不知火海という魚(いお)湧く美しい海を見るに及んで、かつて、このすばらしい海が汚(けが)され、甚大な健康被害と環境汚染が生じ、平穏な地域社会に長年にわたり不幸な亀裂がもたらされたことに、思いを深く致(いた)さずにはいられません。
 長きにわたる大変な苦しみの中でお亡くなりになられた方々、その御遺族の方々、地域に生じた軋轢に苦しまれた方々、また、今なお苦しみの中にある方々に対し、誠に申し訳ないという気持ちで一杯であります。
 ここに、政府を代表して、水俣病の拡大を防げなかったことを、改めて衷心よりお詫び申し上げます。国として、責任を持って水俣病問題の解決に全力を挙げなければならないという思いであることを改めて申し上げます。

 公式確認から55年という長い年月を経た今日に至るまで、水俣病問題の解決に関して様々な方が努力されてきており、その努力に心から敬意を表したいと思います。
 現在進めております、「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法」に基づく取組に関しましては、昨年4月に「救済措置の方針」が制定され、ちょうど一年前、当時の鳩山総理大臣が、まさにこの場において、申請の受付開始を表明いたしました。その後、多くの方々に申請をしていただき、救済措置が一歩一歩前進しております。
また、特別措置法による救済を求めておられる団体や、裁判をしておられる方々と、何度も話し合いを重ね、この度、特別措置法による救済を求めておられた団体と紛争終了の協定が締結され、また、訴訟をされていた三千人余りの方々と和解が成立したことは、水俣病問題の解決に向けての取組の上で、大きな節目となったと思います。

 しかしながら、水俣病問題への取組はこれからが大切と考えております。すべての被害者の方々はもとより、地域の皆様が将来にわたって、安心して暮らしていけることが必要です。
 そのため、関係地方公共団体と連携しながら、胎児性患者の方を始めとする方々への医療・福祉の向上に努めてまいります。同時に、失われた地域の絆の修復、いわゆるもやい直しも引き続き進めてまいります。さらに、公害問題、環境問題の原点である水俣の地において、環境対策と地域の発展が好循環し、成長するまちづくりを実現し、全国へ、そして世界へ水俣モデルを発信できるよう、地域の皆様による取組を全力を挙げて支援してまいる決意であります。

 また、水俣病と同様の健康被害や環境破壊が、世界のいずれの国でも繰り返されることのないよう、国際的な水銀汚染の防止のための条約づくりに引き続き積極的に貢献してまいる決意であります。鳩山総理大臣が昨年ここで申し上げたとおり、2013年に我が国で開催されることとなった外交会議において、採択・署名される条約を「水俣条約」と名付けることで、水銀汚染の防止への取組を世界に誓いたいと思います。
 水俣病のような悲惨な経験を、二度と繰り返さないようにしていくことが大切であります。国としても、地方公共団体、事業者、国民の皆様とともに、公害のない、持続可能な社会の実現に向けて、また、恵み豊かな自然環境を保全し、将来に継承していくため、全力で取り組んでいくことを、ここにお誓い申し上げます。
 今回の東日本大震災の発生を受けて、私は、防災の担当大臣として、被災者の方々への支援などを行わさせていただいておりますが、人命の尊さ、地域社会の結び付きの重要性を改めて痛感しております。今回の経験からも、水俣病問題の解決に向けて、一層尽力をしなければならないと再度強く認識いたしました。

 最後に、改めて、水俣病の犠牲となりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、私の「祈りの言葉」とさせていただきます。


平成23年5月1日
環境大臣 松本 龍 
(代読 環境副大臣 近藤 昭一


トップへ戻る
県知事 「祈りの言葉」

 水俣病犠牲者の御霊を前に、熊本県民とともに、謹んで哀悼の意を表します。また、本日は多くの被害者の皆様方に御参列を頂いております。被害者の方々や、その御家族の長きに亘る苦しみに対して、被害拡大を防ぐことができなかった熊本県の代表者として、改めて心からお詫び申し上げます。

 最高裁判決以降も、新たに救済の声を挙げられた方々が多数おられます。これらの方々に対して、長くお応えすることができない日々が続きました。本県としては、多くの方が早期救済を望まれていることを重く受け止め、これまで救済の早期実現に、努めて参りました。そうした中、一昨年の七月に特別措置法が成立し、多くの方々の御尽力や御決断により、今年の三月に、出水の会、芦北の会、獅子島の会の方々と、チッソとの間で紛争終結の確認がなされました。さらに、ノーモアミナマタの各訴訟の原告の方々とも、和解を成立させることができました。ここに改めて、皆様方の御尽力と御決断に対し心から敬意を表します。

 さて、和解協議が大詰めを向かえていた三月十一日に、「東日本大震災」が発生致しました。今なお、多くの方々の行方が分からないままであり、助かった方々も、その多くが御家族、お仕事、財産を失われてしまいました。これらの方々に対しまして、この場を借りて衷心より、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

 地震や津波のみならず、原子力発電所の損傷による放射能汚染の影響もあり、現時点では、被害の全貌を把握することは困難な状況であります。その中で、私は水俣病の歴史に学ぶことと、その教訓を生かすことの重要性を、一層強く認識致しました。恐らく、皆様方もきっと同じ思いで報道に接しておられていたのではないかと思います。

 言うまでもなく、常日頃から被害を起こさない防止策に、真摯に取り組むことは当然のことです。また、万一被害が発生したら、行政はあらゆる手段を講じて、被害が最小限にとどまるよう最大限の努力をしなければなりません。その為には、初期対応が何よりも大切であります。このことを、水俣病は大きな犠牲の下に、我々に示し続けています。

 水俣病の被害も海から始まり、それが人間の生命や健康を奪いました。加えて地域の方々が丹誠込めて作られた農産物が、水俣病とは無縁でありながら、消費者から拒まれるという事態に至りました。すでに、今回の震災においても、野菜や魚介類をめぐって、水俣病の、悲劇をなぞるがごとく、同じことが起きていると思えてなりません。

 本県としましては、被災地に対して精一杯の御支援を続けて参ります。併せて、悔やんでも悔やみきれない、取り返しのつかない過ちから得た水俣病の貴重な教訓を、改めて県内外に、お伝えしていくことが、我々に課された、大事な役目であると考えます。

 水俣病被害者の方々の救済については、一定の進捗を見ましたが、まだ救済を受けていない方々がおられます。今後もこれらの方々が、特別措置法による救済の制度があることを「知らなかった」、ということがないよう、国とともにその周知に努めて参ります。また、救済を求める方々に対しては、引き続き、迅速かつ丁寧な対応を進めて参ります。

 もとより、被害者救済だけが水俣病問題ではありません。補償や救済を受けられても、皆様方は癒せぬ心や体の痛みとともに暮らし、また、様々な不自由も抱えておられます。そうした日々の苦しみなどが少しでも軽くなり、安心した生活につながるよう、地域の保健、医療、福祉の充実にも、引き続き、力を尽くして参ります。さらに、水俣病に対する偏見が払拭された訳ではなく、地域の持続的発展が、約束されたと言える状況にも至っておりません。これらについても、今以上に、県として心を砕き、精一杯努めて参ります。

 こうした中、「水銀の規制に関する条約」締結の動きが進んでおります。地域の皆様方の中に、様々な御意見があることは承知致しております。私は、この条約は、「公害の原点」として世界的に知られる水俣病を経験した、水俣市でこそ、結ばれる、べきであると考えます。そして、そのことを強く世界に対して訴えて参りました。水俣における水銀条約の締結は、条約の目的である水銀による健康被害の防止に、必ずや貢献するものと思います。また、その思いを持って、国、県、地元が一体となって取り組めば、被害者救済と地域の再生もさらに進展するものと確信しております。そのためにも、本県は「水銀条約会議」の水俣誘致に最大限の努力をして参ります。

 最後になりましたが、熊本県は、これからも水俣病問題に真摯に向き合い、地元の方々に寄り添い続けることをここに固くお誓い申し上げ、私の祈りの言葉と致します。


 平成二十三年五月一日

 熊本県知事 蒲島 郁夫 


トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」

 本日、ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、お亡くなりになりました方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様に対しましても心より哀悼の意を表します。
 当社は、この水俣の地で創業以来、地域の皆様に支えられ、地域とともに歩んでまいりました。
 この間、当社の工場廃水に起因して水俣病を惹き起こしたため、多くの方々が犠牲になられ、住民の皆様にもたいへんなご迷惑をおかけしておりますことは、まことに痛恨の極みであり、ここに改めてお詫び申し上げます。
 当社は今日まで、患者の皆様に対する補償責任の完遂を経営の至上命題に掲げ、社運を賭して、必死の努力で取り組んでまいりました。最近では、平成16年の関西訴訟最高裁判決以降の新たな問題にどのように対処すべきか苦慮しておりましたが、幸い多くの関係者のご尽力により特別措置法が制定され、当社は、これに基づいて解決を図っております。
 同法に基づく解決が進められる中で、当社は、事業再編により本年1月に「JNC株式会社」を設立し、4月から新たに営業を開始しましたが、患者の皆様への補償に関しましてはこれまでと変わりなく行ってまいります。JNC株式会社は、水俣製造所を中心に事業計画を確実に実行することにより、地元の活性化や雇用の確保を図るとともに、親会社である当社に利益配当を行うことにより、当社が責任を果たせるよう、しっかりと支えてまいります。
 当社は、患者センターを中心に、患者ご本人やご家庭からのご相談に応じさせていただいておりますが、今後は、行政と協力し、胎児性や小児性患者の方々に対するご支援や、明水園等の施設の充実などに力を注いでまいります。
 患者の方々が、住み慣れた地域で安心して暮らしていただけることは、何より大切なことと考えております。
 犠牲となられました方々の鎮魂のため、また、国、県及び地域の皆様方からいただいておりますご支援にお応えするため、なお一層の経営努力を重ね、補償責任の完遂、地域の発展に尽力してまいりますことをここにお誓いして、祈りの言葉といたします。


平成23年5月1日
チッソ株式会社 代表取締役会長 後藤 舜吉


トップへ戻る