施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成21年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成21年度水俣病犠牲者慰霊式


水俣市長式辞
 式辞を申し述べます。

 水俣病の発生により、犠牲となり、尊い生命を奪われた方々の御霊(みたま)に対し、謹んで哀悼の誠(まこと)を捧げます。

 公式確認から53年目を迎えました本日の水俣病犠牲者慰霊式に、ご遺族や被害者の皆様、斉藤環境大臣、蒲島熊本県知事をはじめ、国会議員、県会議員、近隣の市町村の方々、それに多くの市民のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、厚く御礼申し上げます。

 私は、水俣市民の一人として、この場に立ち祈りを捧げるとき、今もなお、数多くの方々が、水俣病によって身体的にも精神的にも苦しんでいらっしゃることを報告しなければならないことに、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 水俣病問題の解決に向けては、これまで多くの方々が必死になって取り組んでこられ、明るい道筋が見えてきたかのようにも思えました。しかし、半世紀以上経っても解決には至っておらず、地域社会は混沌した状況にあります。

 長いこと大変な苦労をされた被害者の生命が、お一人お二人と失われていく悲しい現実もあります。残されたご家族の無念なお気持ちと深い悲しみに思いをはせますとき、激しく心が痛みます。今後、誰が被害者を支えていくのか、どこの誰に頼ったらいいのか、被害者救済は急務を要します。そして、ここで暮らす住民すべてが水俣病によって何らかの影響を受けており、今後もずっと水俣病と向き合って生活していかなくてはなりません。被害者はもちろんのことすべての住民が安心して暮らせる地域社会を構築することが、犠牲になられた方々へのせめてもの償いであろうと思います。

 これまで被害の救済を求めてこられた多くの人々にとりまして、また解決を長く切望してきた市民にとりましても、地域社会に安らぎが戻るように、将来に禍根を残さない真の解決のための努力を私は惜しまないつもりです。

 公害の原点と言われる水俣病ですが、ただの悲惨な公害病で終わってしまうことなく、お互いの経験と英知を結集し、被害者の立場に立った納得のいく救済を行い、地域社会が安定し成長し続けることのできる解決にしなければなりません。決して忘れてならないことは、被害者の気持ちを十分に汲み取った心のこもったものにしていかなければならないと言うことです。地元の市長といたしましては、これまで同様、被害者をはじめ地域住民の声をお聞きし、しっかりと関係各所に伝えて参ります。

 これまで私たちは「水俣病の犠牲を無駄にしない」ことを誓い、住民協働で「環境モデル都市づくり」を進めてまいりました。水俣方式とも言える「環境に特化したまちづくり」は全国的にも高く評価され、子どもたちにとっても大きな自信へとつながっています。他より一歩進んだ環境行動を誇らしげに語り、また主体的に関わろうとする子どもたちの姿に、私は明るくたくましい水俣の未来を重ね合わせております。また、そのことが評価され、国から「環境モデル都市」に認定していただきました。全国でわずか六都市の認定でしたが、水俣病の数々の経験を活かし、水俣が全国自治体の模範となるような環境モデル都市を目指してまいります。

 また、先月、ここエコパーク水俣に「道の駅みなまた」も開駅いたしました。公害の原点の地に色とりどりのバラの花が咲きほこっています。美しく蘇った水俣湾で取れた海産物も並んでいます。地域活性化に向け新たな一歩を踏み出さなくてはなりません。

 水俣病は、日本の片隅の小さな町の小さなできごとではありません。国の高度経済成長の中で発生した生命の尊厳を問う重大な出来事であります。このことを自らに厳しく求め、真の豊かなまちを目指すことをお誓い致します。

 終わりに、ご遺族並びに被害者の皆様の深い心の痛みが少しでも癒されるよう誠心誠意努めることをお約束し、すべての水俣病犠牲者のご冥福を心からお祈り申し上げ式辞といたします。

平成21年5月1日
水俣市長 宮本 勝彬


トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者遺族を代表して、祈りの言葉をささげます。

 今も当時のことを思い出します。

  最初、貝が口をあけたままになり、魚がおかしくなりました。袋湾に大きな鯛が紛れ込み、子どもが捕まえたという話がありました。私も昭和二十八年、中学二年のとき、コチの魚を着ていたシャツでつかまえたこともあります。空を飛ぶカラスも捕まえることができるようになり、鳩もトンビも飛び立てないで浜にうずくまっていました。飛んでいる鳥も落ちたりしました。病院に持っていって「先生おかしかばい」といいました。でも原因はわからず、やがて家族で可愛がっていた猫が私の方に真っ直ぐ来ると思っていたら、そのまま海に飛び込んでもぐってしまい、けいれんしていて浮き上がれず、溺れ死んでしまいました。

  次に、その原因不明の病気が私たちを襲ってきました。私の家では、最初母トシが、次に父進が、さらにあとで私もそして妻の栄子までも病気にかかってしまいました。初めのころ伝染病ではないかと恐れた村の人たちは隠しました。患者の発生した家は言うに言われないひどい差別にあいました。

  亡き父進(すすむ)は、発症した母トシを看病しに行くのに道を通れず、うら道を鎌で草を払いながら行っていたと聞きました。或る日、父のあとを追っていったら、人知れず隠れて裏の畑で父は泣いていたと栄子から聞きました。「俺が悪いのか、そうではないのか、裁判ではっきりさせてくれ」というのが父進の遺言でした。でも、裁判を始めたら、口だけでないひどい差別が始まり、今も思い出したくないことが続きました。

  私は、夕方広場の真ん中で何ヶ月も叫びました。「なぜだ、どうしてだ、俺が何をしたというのか」と。

  あれから五十数年という時が流れ、私は昨年、妻の栄子を亡くしました。思いのままにならない体でしたので、子どもを自分の手で抱いて育てることができません。でも、水俣病は天からさずかったもの、のさりだといい、いじめた人様は変えられないから自分が変わる、と、その人生を受け止め、生き抜いて、昨年亡くなりました。

  栄子は赦すと言い、でも起きたことは明らかにしてくれと言っていました。いじめた人たちが最後に「栄子どん ごめんな、おばん。ごめんな」と言って亡くなったと残された遺族から聞かせてもらいました。みんな本当はいい人だったんです。みんな生きていてもらいたかった。今の水俣ば見てもらいたかった。話をしてみたかったと言っていました。

  栄子は、チッソの人たちも助かりますようにと祈り、人間の、そしてわが身の罪に侘びて祈り、そうしないと助かるすべがないと言っていました。

  栄子はおそらくあの世で父進と話し合っていることでしょう。そしてこんなことを言っていると思います。

  どうか、命を持っている人間として、人間に戻って、犠牲を無駄にしないようにしてください。人の命というものは何にも替えがたいものです。そして、大事なことはもやい、のさり、出会いと命だ。又、知らないのは罪だ。知ったかぶりはもっと罪だ。嘘を言うのはもっともっと罪だと。

  亡き妻栄子。父進だけでなく多くの方々が犠牲となり亡くなりました。そこには一人ひとりに語り尽くせぬ人生があるのです。言葉に表せない大変な受難を受けながらの人生だったと思います。

  栄子は、ほっとはうすの理事長になり、もっとも気にしていた胎児性患者を支えてきました。私はあとを継いで支えていきます。安心してください。

  尊い命を亡くされた水俣病犠牲者のみなさま、どうか安らかにお眠りください。そして、私たちを見守っていてください。これからも残されたわたしたちは、みなさんの分まで強く生きていきます。犠牲者の魂安らかなことをお祈りし、祈りの言葉とします。

平成21年5月1日
水俣病患者遺族代表 杉本 雄


トップへ戻る
水俣市立葛渡小学校 児童代表 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者の慰霊式を前に、先日わたしたちはこの地を訪れ、やさしく吹く風を感じながら、この海を見つめました。キラキラ輝く波、ゆらゆら楽しそうにゆれる海藻、潮のいい香りがフアッとにおってきました。海と埋立地の境目に、たくさんのフジツボとカラスガイの赤ちゃんを見つけ、海の命を感じました。この水俣の海に今からおよそ五十数年前、水俣病という悲しいことが起こったなんて、信じられませんでした。


 それから、わたしたちは、海をながめている五十体ほどのおじぞうさんに会いました。そのおじぞうさんは「魂石」と呼ばれているそうです。やさしくほほえんでいるおじぞうさん、悲しい顔をしているおじぞうさん、赤ちゃんを抱いているおじぞうさん、怒りを表しているおじぞうさんもいました。一体一体のおじぞうさんの問いかけに、わたしたちは一生懸命耳を傾けました。おじぞうさんの声が聞こえた感じがしました。それは、「いいか、水俣病による多くの犠牲者や奪われたもの、失われた物を決して忘れてはならないぞ」「もう二度と水俣病のようなことを起こしてはならないぞ」という声でした。


 ここには、昨年の二月に亡くなられた杉本栄子さんの魂が入ったおじぞうさんもたっています。わたしたちは、杉本さんの話や「2001・水俣ハイヤ節」の踊りをとおして、いのちの大切さ、人と人がつながっていくことの大切さなど、たくさんのことを学びました。「豊かな森が豊かな海をつくるとばい、木ば大切にせんば」「人を大事にせんばいかんとぞ」「勇気をださんば」今でも栄子さんの声が聞こえてきます。たくさんの生きる力をくださった杉本栄子さん。本当にありがとうございました。わたしたちは、この踊りに誇りをもち、踊り続けていきます。


 わたしは、昨年の九月に、水俣市に転校してきました。わたしの父は、チッソの会社で働いています。父は、「会社が起こしてしまった水俣病のことをよく知っていてほしい」と水俣病資料館に数回連れていってくれました。展示してあるものを見学しながら、わたしは「水銀を流し続けたチッソは悪いな。水俣病で差別された人たちは、いやだったろうな」と悲しくなってしまいました。すると父は「今、会社は、二度と水俣病を起こすことのないように頑張っているし、小学校と同じように環境ISOにも取り組んで努力しているよ」と話してくれました。本当のことを話してくれた父に感謝しています。これからも、もっと水俣病のことを勉強し、真実を知りたいと思います。そしてそのことが、二度とあやまちを起こさないことにつながると思います。


 わたしたちの学校は、学校版環境ISOに取り組んで今年で十年目を迎えます。児童会を中心に、(1)電気や水を大切にします (2)食べ物を大切にします (3)紙を大切にします (4)ゴミを減らします (5)生き物や植物を大切にします (6)家庭でも(1)~(5)のことをします。の六つを宣言項目にかかげ、地球にやさしい活動を行っています。ずっと昔から、おじいさんやおばあさんたちが残してくれたこの緑豊かなふるさとをこれからも大切に残していきたいと思います。


 わたしたちは、山と海に囲まれた自然豊かな水俣が好きです。やさしい水俣の人たちが大好きです。わたしたちは、この大好きな水俣でこの大好きな水俣の人たちのいのちをおびやかすようなことが二度とないことを、そして、だれもが安心してくらせる平和な世の中になることを強く願っています。

 水俣病で犠牲になったたくさんの人たち、そして、死んでいったたくさんの生き物たちに誓います。

 何よりも「人のいのちとしあわせと自然が、大切にされる世の中をつくっていくことを」

平成21年5月1日
水俣市立葛渡小学校 児童・生徒代表
桑原くわはら 大成たいせい  佐野さの 智美(ともみ


トップへ戻る
環境大臣 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者慰霊式に臨み、水俣病によって、かけがえのない命を失われた方々に対し、心から哀悼の意を表します。

 本日、この地に立ち、水俣の美しい海を見るに及んで、このすばらしい海を汚(けが)し、深刻な健康被害をもたらし、そして、差別・偏見・不和など地域全体の絆を破壊してしまったことについて、思いを深く感ぜずにはいられません。

 長きにわたる大変な苦しみの中でお亡くなりになられた方々、御遺族の方々、また、地域に生じた軋轢に苦しまれた方々に対し、誠に申し訳ないという気持ちで一杯であります。

 ここに、政府を代表して、水俣病の拡大を防げなかったことを、改めて衷心よりお詫び申し上げます。

 水俣病のような悲惨な経験を二度と繰り返さないようにしていくことが大切であります。

 国としても、地方公共団体、事業者、国民の皆様とともに、公害のない、持続可能な社会の実現に向けて、また、恵み豊かな自然環境を保全し、将来に継承していくため、全力で取り組んでいくことを、ここにお誓い申し上げます。

 公式確認から53年、長い年月を経た今日においても、水俣病問題は、大きな課題が残されております。

 特に、様々な経緯を経て、今日、なお救済を求めておられる方々が多くいらっしゃいます。現在、救済を実現するための法律について、国会で議論がなされており、私どもとしては、一刻も早く救済に向けた枠組みが整備されるよう願うとともに、枠組みができた上は、その実施に懸命に取り組んでまいる所存であります。

 そして、すべての被害者の方々はもとより地域の皆様が安心して暮らしていけることが何よりも大切であり、地元自治体と緊密な連携を図りつつ、全力で取り組んでまいる決意であります。

 最後に、改めて、水俣病の犠牲となりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、私の「祈りの言葉」とさせていただきます。

平成二十一年五月一日
環境大臣 斉藤 鉄夫


トップへ戻る
県知事 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者の慰霊式にあたり、尊い命を失われた方々の御霊(みたま)を前に、熊本県民とともに、謹んで哀悼の意を表します。

今年も、各地で新入生や新社会人の輝くような姿が見られました。かつて、この地域には、期待に胸を膨らませ、友達と一緒に学校に通うはずだった、或いは社会へ巣立って行くはずだった子どもたちが、水俣病に侵された悲しい歴史があります。本日、改めて、水俣病発生の原点であり、聖地とも言えるここ埋立地に立ちますと、「なぜ、あの時に工場排水を止められなかったのか」と、大切な夢を奪われた方々の無念の思いが、また、水銀で汚染された工場排水を与え続けられた海の叫びが、私の胸に深く届き、行政の不作為が及ぼす結果の恐ろしさにおののいております。こうした尊い命と健康を侵された多くの方々の目線に立ち、水俣病問題を解決すること、そして水俣病を教訓として、常に行政の不作為の結果に思いを致すこと、これが私の政治の原点であります。

 水俣病公式確認からすでに五十三年、そして関西訴訟最高裁判決からも、四年以上が経過しました。本日の慰霊式には、認定患者の方々、政治解決を苦渋の決断をもって受け入れられた方々、また、現在、救済を求めておられる方々も多数御参列のことと思います。

この長い歳月の中で、被害者の方々が、心と体の痛みを感じ、それを訴え始められた時期はそれぞれ異なるかもしれません。しかし、いずれの方にとりましても、失われた時間は長く、痛みはとても苦しいものです。こうした中にあって、今年も皆様方の思いに応える、十分な御報告ができないことを、誠に申し訳なく思っております。改めて、県の責任の大きさに思いを致し、被害者や御家族の方々に対しまして、心からお詫び申し上げます。

 今、私の目の前には、多くの救済を求めておられる方々がいらっしゃいます。この方々に対して、県では県議会と一体となって、その方々の声を踏まえ、現実的かつ迅速な対応として「政治による救済」の実現を求めて参りました。その結果、与党プロジェクトチームの方々等の御尽力により、被害者救済特別措置法案が国会に提出されました。また、民主党におかれましても、独自の被害救済特別措置法案を国会に提出され、国会を舞台に与野党協議が始まっております。

 救済を求めておられる方々の多くは御高齢であります。このこともあり、一日も早く、多くの被害者の方々に納得いただける救済策を、早期に実現していただくことが必要であります。このため、私は関係国会議員の方々に対し、党派を超えて早期救済の実現を要請して参りました。引き続き、私は、更なる要請を含めて、救済策の実現に向けて精一杯取り組む覚悟でございます。

 本日も、具合がすぐれない中、無理を押して参列いただいた方、どうしても体調が許さない方、家族の介護を優先しなければならなかった方など、たくさんいらっしゃることと思います。これまで「明水園」や「ほっとはうす」で、水俣病に苦しむ方々の声を直接うかがいました。何度も何度も、安心して暮らせるようにとの御要望もいただきました。知事として、こうした方々のお気持ちに添うよう精一杯努力するとともに、地域の皆様方が長寿を恐れず、長寿を楽しむことができる社会の確立を進めて参る所存です。

 水俣病を乗り越えて、環境モデル都市の形成に積極的に取り組むこの地域の姿勢が、現在、国内外から注目を浴びています。水銀による地球規模での環境破壊に対し、ようやく国際的に統一した規制の動きが進んでおります。今後、ここ水俣を中心とした地域の再生が世界に対して大きな励みと貢献となります。我々はそれを実現できるし、しなければなりません。

 本日は、斉藤環境大臣にも御臨席いただいております。この機会に改めて、公害の原点である水俣病が、日本の戦後復興、高度経済成長の過程で発生し、拡大していったこと、この地域の多くの方々が、国民生活向上のために犠牲となられたことを深く受け止めていただき、この問題の解決に対して、県とともに、最大限の御努力をいただくようお願い申し上げます。また、チッソ株式会社におかれましては、補償責任を担うとともに、地域社会の絆の修復や、経済の安定に、力強く貢献していただくことを要請いたします。

かつて人間が、大切な豊饒の海を、恐ろしい海に変えてしまった歴史があります。そのことを今一度思い起こし、水俣病に真剣に向き合い、被害者の救済が図られるとともに、その経験を生かし、環境を基調としたまちづくりを進め、お一人お一人が安心した生活を送られ、地域社会が持続的に発展するよう、全力を挙げて取り組むことをここにお誓い申し上げます。そのことが、自然の怒りを鎮め、犠牲となられた方々の御霊(みたま)に報いるものと信じております。

 結びにあたり、改めて水俣病の犠牲となり亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げ、私の祈りの言葉といたします。

平成二十一年五月一日
熊本県知事 蒲 島  郁 夫


トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
  本日、ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、御霊(みたま)の安らかに鎮まりますことを謹んでお祈り申し上げます。

 当社は、化学技術により世の必要とする製品を生み出す事業を志し、明治四一年に、この水俣の地を拠点と定めました。以来、一世紀を超えて地元の皆様に支えられ、皆様とともに歩んでまいりました。永い間には、幾度もの困難に遭遇いたしましたが、その都度、地域の皆様のご厚情に支えられ、難局を乗り切ってまいって居ります。

 しかるに、この間、当社の工場廃水に起因して、水俣病を発生させ、多くの方々が、その犠牲になられ、また、地域全体にも、多大なご迷惑をおかけしましたことは、まことに痛恨の極みであります。

 ここに、あらためて、衷心よりお詫び申上げますとともに、謹んでお亡くなりになりました方々のご冥福をお祈り申しあげます。

 当社は、これまで、患者補償を経営の至上命題に掲げ、その遂行に努力を重ねてまいりました。

 昨秋以来、百年に一度といわれる厳しい不況に襲われ、当社業績も急激に悪化しております。売上、利益共に半減し、資金繰りも逼迫、やり繰り算段に追われている状況であります。

 この中で、当社が生き延びて行くには、現在よりも格段に経営基盤を強化し、収益を回復していかなくてはなりません。グローバルで、熾烈な、企業間競争の中で、これを為しとげるのは、容易なことではありませんが、全社一丸の努力によって難局を切り抜け、補償の完遂と地元経済への貢献という重大な責任を全うしたいと、切に、念願いたしているところであります。

 また、これまでの苦い体験を深く心に刻み、常に環境に配慮するとともに、水俣市の「環境モデル都市」造りにもお役に立てるよう努めてまいります。

 犠牲となられました方々の鎮魂のため、また国、県及び地元の皆様方からいただいておりますご支援にお応えするためにも、なお一層の努力を重ねてまいりますことを、重ねてお誓いして、祈りの言葉と致します。

平成二十一年五月一日
チッソ株式会社 代表取締役会長 後藤 舜吉


トップへ戻る