施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成19年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成19年度水俣病犠牲者慰霊式


水俣市長式辞
 不知火の海の水際みぎわで、水俣病犠牲者慰霊の碑の前に、惨劇を二度と繰り返さないことを誓い、病に冒され亡くなられたすべての御霊の安らかならんことを祈りつつ哀悼のまことを捧げます。
公式確認50年の節目を越えて水俣病犠牲者への慰霊の式典を開催するにあたり、ご遺族や被害者、若林環境大臣、潮谷熊本県知事をはじめ、国会議員、県議会議員、近隣市町の方々、また多くの市民のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、厚く御礼を申し上げます。
 くしくも、私は、水俣病が公式に確認され50年を経た年に市長に就任をいたしました。この間、私にとっては、水俣病が被害者の皆さんにもたらした多くの苦悩や痛み、また小さな地方都市にもたらした様々な影響、様々な教訓を深く考えさせられた一年でありました。
 市は、その時々において、成し得るすべての手立てを講じてきたと思いながらも、今さらのように50年という歴史の重みを受け止めつつ、水俣病の発生について、その所感を自らに問うならば、「なぜ、今日に至っても問題の解決を見ないのであろうか」という思いが率直にございます。
水俣病は、わが国が、国家的課題である戦後復興をいち早く成し遂げ、新たな国づくりへ向かって、国民の総力を傾け歩き始めた矢先に、不知火の海近くに操業する工場の廃液によってもたらされた公害であります。しかし、国民の多くは、やがて訪れる驚異的な経済の成長に酔いしれ、豊かさが確実に人々の手中に納められようとしていたその陰で、悲劇は発生し、不知火海一帯へと拡大していきました。それは、小さな日本のかたすみに起きた出来事として、自らの問題として受け止められませんでした。
以来、50年の歳月が流れ、今まさに多くの人々がその苦しみを訴え、国家的な救済を求めておられます。
 わが国民は、戦後の荒廃の中から、力を束ね、知見を重ねて技術の粋を集め、わが国を資源に乏しい小さな国でありながら、世界に冠たる経済大国に成し遂げることができました。しかし、ひとつ水俣病問題に関するならば、その誠実さと勤勉を持って世界の評価を集めてきた国民をしても解決を見ないで今日に至っているということは、尊い命を犠牲にされた多くの人々にまことに申し訳なく、こころから深くお詫びを申し上げなければなりません。
時は流れ、歳月は去っても、なお苦しみをかかえる多くの人々が在ることはどのように理解をすればよいのでしょう。
 国においては、水俣病問題に係る近年の状況が変化する中で、現在、被害を訴えられる多くの人々を何とか救済しようとして政治の解決に方策を求めておられます。私は、一日も早く、すべての救済が完遂することを心から望むものでありますが、国の今後の施策に禍根を残すことのないよう、大きな望みを託すものであります。しかし、司法の場により救済を求められる方々もおられるなど、全面解決には多くの困難を乗り越えなければならないことも理解しております。なおかつ半世紀の時間をかけても解決されない困難があることも理解をしており、ご臨席賜りました皆様の絶大なお力を頂戴し、地元市長として、機に臨んでは身を粉にして最大の努力を傾ける覚悟であります。
昨年は50年の節目に、水俣病の起源から今日に至るまで苦しみを抱えてこられた多くの 人々の現実を理解し、痛みを共有し、新しい道を探すため、市民の英知を集め、数々の事業を実施し、地域の再生と融和に努力してきました。お陰で、水俣病被害者への理解が進み、多くの成果を得ることができましたが、一方では、水俣病被害者の高齢化が進み、病状の重篤化が進行する中で、水俣病問題をわが国の近代史における公害事件として一面的にとらえるのではなく、私たち水俣病発生地域に住む住民にとっては言葉に尽くせない社会事件であり、既に、支え合いを大切にしながら、医療や福祉の面で充実を図ることが差し迫った大きな課題となっています。そのため、水俣病公式確認50年事業の主旨を踏まえ、この後も、もやいづくりの事業を途切れることなく続けてまいりたいと思います。
また、経済や社会の効率化が急速に進み、生命の尊厳が軽んじられ、脅かされるようになった今日、水俣病問題は、50年の枠組みを超えて、改めて“命の尊厳”を前提にした新たな価値の創出が求められているものと思います。
 私たち水俣市民は、海、山、川といった大自然に命を授かり、身を委ね、有史以来の営みを続けてきました。これからも命の尊厳を前提に、未来に亘って、人と人とがもやい、人と自然がもやい合う関係を続けていかなければなりません。水俣病は、水俣の海を守り、山を守り、川を守ることが、市民にとって、いかに重大な意味を持つことかを教えてくれました。そのため、人々は自然に負荷をかけない暮らしを選び、環境を破壊する行動をしないと誓いました。私にとっては、いかにささやかではあっても、市民のけな気な意志を踏みにじり、それに背くことは許しがたいことであります。
 ところが、今水俣の人々の暮らし・生命の根源である川の上流、大地の上に、経済活動の終焉ともいえる産業廃棄物最終処分場の建設計画がなされようとしています。地域の環境は自分たちの手で守ろうと地区環境協定を定めた住民の意思に背いてなされようとしているのです。緑の大地に、しかも市民の水がめの上流域に建設されようとしている最終処分場は人知を超えた危険性を隠しもっています。人工の構造物は、未来永劫に安全であるという保証はなく、それ自体、将来は廃棄物になることを逃れることはできません。
 水俣病という人類がかつて経験したことのない公害問題で苦しんだ水俣の地に、そして、その教訓から環境のモデル都市になることを誓い、行動し始めた市民の意思に逆らって産業廃棄物最終処分場が建設されようとしていることは、水俣市民だけに限らず、人類にとっての挑戦であると断じざるをえません。水俣病があったから環境の聖地でありたいと願う人々の努力を無視し、恐れを知らない事業者の品格が問われているのです。水俣病の被害を受けられた方々への思いに応えるためにも、最終処分場計画を阻止し、名実ともに公害問題を克服し、環境に意識の高いまち、小さくとも“ほっ”と安心できる温もりのあるまちづくりを進めたい、との思いを強くしているところです。
 公式確認51年目の水俣病犠牲者慰霊式になりました。言いようもない痛みが心の中を走ります。半世紀の歳月は重く、これからの道のりを思えば、萎えてしまいそうな気持ちになりますが、苦痛をもって犠牲になり失われた尊い命を思えば、身を鼓舞し、すべてが救済される日が来るまで努力していくことをお誓いしたいと思います。
 最後に、残されたご遺族と被害者の皆様の深い心の傷が癒されるよう全力を尽くすことをお約束しまして式辞と致します。


平成十九年五月一日
水俣市長 宮 本 勝 彬

トップへ戻る
水俣病患者遺族代表
 創生紀を迎えた「水俣の祈り」
 新緑の野山より、静かに春風の香るこの季節、巡る歳月は今年も、水俣病の受難によって亡くなられた方々の慰霊の日を迎え、ここに謹んで哀悼の意を表わすものであります。
 永き世の、生命の歴史に無き近代文明社会は、無辜なる同胞の民に謂われなき受難を強いて、耐え難い辛酸惨苦を背負わせました。
 それは、この山河と環不知火海に舫う、魚たちや猫や鳥たちにも及び、次々と病苦にもがき、狂死し逝くその様は、この世の地獄の様相を呈したのでありました。その嘆き悲しみは絶望の淵にあって、苦界の極限から尊厳なる救済を人の世に訴えたのでした。
 それら無数の生類達にとって、そもそも、ここは「いのちの生国」であり、えにしに結ばれた生命共同体の存在基盤として、生存を約束された生命連環の世界でありました。
 この生命母体を根底から破壊する非情なる愚行は、根元的な「生存の危機」を招来し、大いなる自然界の摂理法則という「御法度を侵した」。そのことに、底知れぬ罪深さがあることを私たち人間は改めて自戒しなければなりません。故に、生命界総体への深い詫入れの祈りを捧げ、その証を表わしてゆかねばならないと思うのです。
 しかしいま地上に傲る、病みし近代文明社会は愚かにも「いのちの迷子」となり、ヒトという生命種が「どこから生まれて来て、どこへ還ってゆく身であるのか」。その存在の意味を問われ続けております。
 とわ(永久)にして無量なる生国、自然界の一分身の身の程を知り、生かされてこそ生きうる冥加に目覚めることが願われているのは、他ならぬこの世の私たち人間でありましょう。
 さすれば、苦難の道程を経て半世紀周年の歴史的な岐路を迎えた今こそ、課題としての「いのちの願いに応答する創生紀」と捉え、事件史における社会的立場の違いを一人ひとりが勇気を持って超え、共どもに生命存在としての共通の基盤に立脚しなければなりません。そこから、生命共同体の再構築に向かう主体的な自治を歩むことこそ、水俣の進路であると確信いたします。
 実は、御霊記念碑のすぐ近くの林のなかに、五年程前ひっそりと蓮池が生まれました。それ以来毎年夏になると、鮮やかにして見事な桃色の蓮の花を沢山咲かせます。もうしばらくすると、今年の夏もきっと美しい大輪の花を咲かせてくれるでしょう。
 それは、およそ二千年前の古代蓮の原種の「いのちの働き」によるものです。大賀博士という方が種を発見したことから大賀蓮と命名され、不可思議な必然力の計らいでありましょうか。巡り巡ってこの水俣にたどり着き、しっかりと根を下ろしたのです。
 この蓮の花は、見る人の心に真実への導きを諭すように語りかけ、忘れかけていた命の感動を呼び覚まします。それはまるで、生まれたばかりの初々しい赤ちゃんと対面しているかのような、純粋さに心が洗われ、不可思議な生命力がよみがえるようです。
 水俣病半世紀の歴史的体験を経て、濁世における苦海の聖地その埋立地に咲く蓮の花は、まさしく「創生紀を迎えた水俣の応援花」ではないでしょうか。
 私たちは、これに応答すべく「生命受難とその罪責を共々に深い記憶とし、いのちの願いを遺産として相続し継承すること」をここにお誓い申し上げ、祈りの言葉と致します。


平成十九年五月一日
水俣病患者遺族代表 緒方 正人


トップへ戻る
環境大臣談話 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者慰霊式に臨み、水俣病によって、かけがえのない命を失われた犠牲者の皆様に、心から哀悼の意を表します。

 改めて申すまでもなく、水俣病問題は、深刻な健康被害をもたらしたばかりでなく、地域住民の絆が損なわれるなど広範かつ甚大な影響を地域社会に及ぼしました。 長きにわたる大変な苦悩の中でお亡くなりになられた方々がいらっしゃいます。胎児性患者の方々など今なお被害に苦しまれている方々もいらっしゃいます。
  こうした方々、また、地域に生じた軋轢に苦しまれた地域住民の皆様に対し、水俣病の拡大を防げなかったことを、政府を代表して、衷心よりお詫び申し上げます。

 水俣病が昭和31年に公式に確認されて以来、高度経済成長の過程で、その被害は取り返しのつかない大きなものとなってしまいました。この水俣病の多くの犠牲の上に、今日の社会の繁栄と暮らしの豊かさは成り立っていると言っても過言ではありません。
  我が国のこのような経験は、国全体、国民全体に、現在の社会や行政のあり方に対し重い問いかけを発しています。水俣病を学ぶことにより、その経験の重さを改めて認識したいと思います。

 一昨年、患者団体など関係団体、水俣市など地元自治体、環境省等が協力して、水俣病公式確認50年事業実行委員会が設立されました。そして、公式確認から50年を迎えた昨年、関係する多くの皆様のご尽力により、水俣病慰霊の碑の建立、50年誌の編纂、写真展の開催、地域の福祉を考えるシンポジウムの開催や地域の再生・融和に向けた人材育成など様々な取組が行われました。

 これらの50年事業実行委員会の取組、成果も活かし、水俣病被害者の方々の高齢化やそれに伴う不安に応えるための医療・福祉対策や地域の再生・融和などを一層推進していくことが私たちの責務であると考えます。

 今日、長い歴史と経緯を経てなお、水俣病問題は大きな課題となっております。今後、平成7年の政治解決や平成16年の最高裁判決も踏まえ、すべての被害者の方々が地域社会の中で安心して暮らしていけるよう、地元自治体と協力して、全力で取り組んでまいる決意であります。

 また、水俣病の悲劇を二度と繰り返さないよう、その経験を内外に伝えていくとともに、環境を守り安心して暮らせる持続可能な社会の実現に政府を挙げて取り組んでまいります。

  最後に、改めて、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々の御冥福をお祈りし、私の「祈りの言葉」とさせていただきます。


平成19年5月1日
環境大臣 若林 正俊


トップへ戻る
県知事 「祈りの言葉」
 本日ここに、新たな五名の方の御名が慰霊碑に納められて水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるにあたり、熊本県民とともに、御霊の前に哀悼の意を表します。

 すでに水俣病公式確認から五十一年の歳月が流れています。この間、御遺族の方々はどんな思いで追善を重ねてこられたのでしょうか。そして被害者の方々は支え合うこと、信頼しあうことを当然としてきた血縁や地縁も巻き込んで、差別・偏見・不和や対立の中で、苦悩の日々をどのように重ねておいでになったのでしょうか。

 恐らくは、私達の計り知ることのできない経験や思いを抱きながらの歳月であったことと拝察しています。

 ひるがえって県行政の姿は、この歳月の中でどうであったのかと鋭い問いかけがなされる思いがします。水俣病の被害拡大防止策の不備、被害者に対する人権の軽視が問われる公文書の存在、平成十六年の水俣病関西訴訟最高裁判決で行政責任が確立したことも相まって、行政不信をもたらす歴史であったことを認めざるを得ません。

 更に現状では、数多くの認定申請や補償をめぐる裁判を含めて、早期救済を求める人々の存在があります。水俣病の根元的な問題に目をそらすことなく、その解決に誠実に対応したいと願いながらも、未だに実を結ぶような結果を出せないままの県行政の歩みがあります。改めてこの場をお借りして、心からお詫びを申し上げます。

 水俣病によって失ってしまったもの、この人類に大きな負の課題を顕在化させたことに、人間として学び、叡智を持って解決しなければならないことや、当事者中心の意識を持ちつつ、真摯に向かい合うことによって、地域の再生や環境との共生を図る持続可能な社会を実現する責務を、私達が果たしていかなければならないことは言うまでもありません。

 その一方、水俣病の歴史を振り返りますとき、誤解を恐れず申し上げますならば、改めて水俣病は、負の遺産ばかりを与えているのではなく、新たな価値創造に向けて歩んでいるということを皆様と共に共有したいと願っています。

 本年一月に「みなまた曼荼羅話会」が開催されました。テーマは「未来のカギ探し」でした。未来を思い描くことの困難な今日、戸惑うようなテーマではありましたが、実は確かな生命への畏敬の念に満ちた未来の扉を開けることができる「カギ」は、私達一人ひとりが持っているという背骨がシャンとなるようなメッセージでした。「未来のカギ」は、人類が犯してはならなかった大きな過ちである水俣病問題、このことを、企業、行政も含めて水俣市民、熊本県民、ひいては日本国民が共有し、現状をしっかりと把握し、乗り越えることなしに、未来は開くことができません。そして、その「カギ」は、私達の今にあるのではないでしょうか。私も、人間として、「未来のカギ探し」に一生懸命に歩んでいきたいと願っています。

 ところで、「カギ」が託されているのではないかと思われる多くの事例や人々の存在が私たちの周りに始まっています。

 この三月、公健法による認定審査会が立ち上がりました。このことについては様々な評価、評論が生じていることも事実です。認定審査会の委員のドクターの苦悩に満ちた言葉が今も鮮やかによみがえります。「今、認定審査会が立ち上がるということは、これまでの基準によって判断するものの、認定を申請される方々の中には、果たして水俣病であるのかを悩み、疾患とともに歩まなければならない自らの人生に不安を持っている方々がいます。その受け皿づくり、救済に向けての施策ができることを希望します。」とおっしゃっています。

本日、ここに与党水俣病問題に関するプロジェクトチーム座長として御尽力いただいている園田博之先生がいらっしゃいます。ドクターの熱い思い、被害者の方々の強い思いを汲み上げつつ新たな救済策が早期にでき上がることを大きな希望のうちに待ち望んでいます。

 また、今年二月に水俣で開催された世界地方都市十字路会議では、水俣が公害から環境都市に再生していった事実が報じられていました。そこには、水俣の未来像を思い描き、環境の都市を作り上げていくという「カギ」を市民の一人ひとりが持ち、その姿を顕在化させています。このような水俣には、少しずつ環境配慮型産業の集積も始まっています。

 胎児性水俣病患者の皆さん、小児性水俣病患者の皆さん達、この方々の中にも社会的な活動の和が少しずつ広がり始めています。また、県内の小学校五年生は、総合学習や社会科の時間に現地水俣市を訪れます。子ども達は、パネルや語り部の方の話を通して、環境に配慮しない企業活動が及ぼす生活、人生、生命の破壊の姿を知ります。同時に、自然や地域社会の再生の中に「環境」をキーワードとして取り組む市民の姿を学びます。そして、それぞれの学校、地域に戻った子ども達は、環境は生命の源であることを理論や理屈を超えて吸収していきます。ゴミの抑制、ゴミの分別や資源の再活用に取り組み、学校ISOの取得を目指すところも出てきました。確かな「カギ」を手にしているのは、未来からの預かりものである子ども達にほかなりません。

 県では、この五月三日、環境センターをリニューアル・オープンします。その視点は「わたしが考え、行動し、未来をつくる」というものです。このセンターが、子ども達の持つ「カギ」をより確かなものとする一助になればと思います。

 地球温暖化が進み、環境破壊が至るところに生じている今日、ここにお集まりの皆様の未来社会を思う「カギ」と共に、この水俣の地に学ぶ子ども達に、生命の未来を開く「カギ」を託したいと願っております。

県行政は、今後とも当事者中心の視点のもと、水俣病問題解決のために歩み続けることをお誓い申し上げます。

 最後に、改めて水俣病の犠牲となって亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げますと共に、未来への希望をこめて「祈りの言葉」と致します。


平成十九年五月一日
熊本県知事  潮谷 義子


トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
 本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、改めて御霊の安らかに静まり給うことを謹んでお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様方に対しましても心より哀悼の意を表します。
 当社は明治四一年に、この水俣の地に創業以来、水俣市及び周辺市町村の皆様方に支えられ、地域とともに歩んでまいりました。しかしながらこの間に、当社の工場排水に起因して、水俣病を発生させ、多くの方々が犠牲になられましたことはまことに痛恨の痛みであり、ここに改めて衷心よりお詫び申上げます。
 さらにこの地域全体にも長きに亘り、多大なご迷惑をおかけしていることにつきましても深くお詫び申上げます。
 当社はこの経験を深く心に刻み、二度とこのようなご迷惑をおかけしないよう常に環境に配慮するとともに、地域社会との一層の共存共栄を図って行く中で、水俣市民全体で押し進めておられる「環境モデル都市」造りにも貢献出来るよう努力することをお誓い申上げます。
 今後とも、社会に貢献する有用な製品を供給することによって、
事業を発展させ、補償責任の完遂と地域社会への貢献という重大な責務を果たしてまいる所存であります。
 このことが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、またご迷惑をおかけした地域の皆様方のご支援にお応えする最善の道であると考えております。
当社はこれらのことを肝に銘じて、会社としてなお一層の努力を重ねてまいりますことを、ここにお誓いして、祈りの言葉と致します。

 平成一九年五月一日
チッソ株式会社 代表取締役社長  岡田俊一


トップへ戻る
水俣市立湯出小学校 児童代表「祈りの言葉」
 水俣、わたしたちの住む水俣、わたしたちを健やかに大きく育ててくれる水俣。私たちのふるさと水俣には、小鳥がさえずり、植物や動物を優しく包んでくれる山々、心を和ませ、優しくさせてくれる緑、たくさんの命のめぐみを与えてくれる海、青く、どこまでも澄み切った水俣の海、そして命の営みとともに渾々とあふれ出す水に囲まれています。そんな環境の中で、私たちを温かく見守ってくれる家族、優しく広い心で見守ってくれる地域の方々、そんな水俣の人たちが大好きです。大好きな水俣、誇りに思う水俣です。

 しかし、そんな水俣は、過去にだれも予想しなかった大きな爪痕を残しました。きれいな海があっという間に汚れ、魚や猫などが死に、そして、何の罪もない人々から、体の自由を奪い、尊い命を奪いました。また、命だけでなく、患者さんやご家族の方、水俣に住む人たちへの差別をうみ、絆も奪いました。この水俣の海、自然、人の営みを根こそぎ奪い去った出来事が、「水俣病」です。

 私たちは、昨年、水俣病資料館に「水俣病」について学習に行きました。そこで、語り部、杉本栄子さんのお話を聞きました。水俣病という病気の苦しみはもちろん、差別の現実に耳を疑うような話ばかりでした。昨日まで家族のように接していた人たちによる突然の差別など、信じられない気持ちでいっぱいになりました。涙ながらに話された杉本さん、二度と水俣病と同じことをしてはいけないと胸に誓いました。

また、私たちは毎年、ほっとはうすの方と交流をしています。胎児性水俣病として生まれ、たくさんのつらい経験をされてきたことでしょう。患者さんのご家族のみなさんのことを考えると胸が痛みます。どんなにつらく、悲しいことか、その思いを本当に理解することは難しいことかもしれません。しかし、病気と闘いながら、懸命に明るく、頑張って生きるという姿や、必死に支えられておられるご家族の方から、多くのことを学ばせてもらいました。

今、私たちの学校では「自然が好き、人が好き、ふるさと大好き」を合い言葉に、自分たちの身の回りの環境について学習しています。学校版環境ISOだけでなく、家庭版環境ISOを通して、自分の生活を見つめ直しています。水や電気を大切に使ったり、ものを大切に使ったりしています。ゴミ分別も水俣市の二十二分別に習って、学校にゴミステーションを作り、分別活動をしています。さらに、自分たちの山や森は水俣の海につながっていることを学習し、地域のゴミ拾いや地域に花を植えるなどの活動を行っています。さらに、プリントを無駄使いしないように、裏紙を利用したり、必ず再生紙用に出したりと日頃の活動を頑張っているところです。地域にいらっしゃる環境マイスターの方との交流も行っています。その中で自然と共に生きるということの大切さを学びました。自然に生かされている私たちです。これからも、学習したことを生かして環境を大切にするという生活をしたいと思います。

経済発展の陰で引き起こされた「水俣病」、多くの人が苦しみ、悲しんできました。この歴史が世界のあちらこちらで再び引き起こされようとしています。また、その土地が壊され、生きているものの多くが苦しんでいます。もう二度と同じ過ちを繰り返してはいけません。「水俣病」の起こったこの水俣に生まれた私たちだからこそ、できることがあるはずです。もっともっと水俣病について学習し、真実を正しく理解し、世界中の人々に伝えていきたいと思います。また、これからたくさんの人と出会ったときに「私は水俣出身です。」と胸を張って答え、真実を堂々と語れるようになりたいと思います。季節の花が咲き乱れ、海には魚が泳ぎ、人々が生き生きと暮らす街「水俣」が、「水俣病」による様々な苦しみを乗り越え、市民一人一人が手と心を結び暮らしていること、「環境モデル都市水俣」として生まれ変わろうとしていることを多くの人に伝えていきます。

私たちは、ここに、「水俣病の教訓を深く心に刻み、患者さんやそのご家族とともに、そして、水俣市民全員で力を合わせて、私たちの住むこの水俣を、心と心が通じ合い、人と自然が共に生きる、素晴らしい街にしていくこと」を誓います。

平成十九年五月一日
水俣市立湯出小学校 児童代表
田中光太 吉海太智


トップへ戻る