施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成17年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成17年度水俣病犠牲者慰霊式


水俣市長式辞
水俣病の発生によって犠牲となり、尊い生命を奪われた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の意を捧げます。
 まずは、公式確認から四十九年目を迎えました本日の慰霊式に、ご遺族や患者の皆様、小池環境大臣、潮谷熊本県知事をはじめ、国会議員、県議会議員、近隣の市町の方々、それに多くの市民のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、厚く御礼を申し上げます。
 また、今年は、これまでご参列いただけなかった二つの患者団体と新たに設けられた認定申請者二団体のご臨席も賜っております。多くの方々と気持ちを共有して、祈りを捧げられますことに深く感謝をいたしております。
 さて、昨年は、水俣病において大きな出来事がございました。関西訴訟の最高裁判決が下り、行政責任が認められたことです。
 水俣病発生当初、地元を出て行かなければならない程、追い詰められた原告の皆様には、大変なご苦労があられたと拝察いたします。そして、二十年以上にわたる長い裁判は、心身に多大な疲労をもたらしていますので、一刻も早い救済を切望しております。国と熊本県、更には国会議員、県議会議員の方々も、一意専心で解決に向けて取り組んでおられますので、水俣市といたしましても、同じ行政としての責任の一端を担い、真剣に向かい合って、地元としてやらなければならないことに心力を注いでまいります。そのためにも、これまで同様、近隣市町の首長並びに議会、関係団体の方々にもお力添えをお願いいたしたいと思います。
 水俣市もこれまで「もやい直し」に懸命に努め、「環境モデル都市づくり」を進めてまいりました。そのことが、多くの方々に御尽力いただいた平成七年の政府解決策につながったと思っております。被害者の皆様も完全な救済と認められた訳ではないのですが、地域社会の将来に期待を持たれて、苦渋の選択で和解を受け入れてくださいました。この和解をもとに、地域住民も水俣病について理解を深め、被害者を温かく包んで励ましていくことを約束いたしました。ここ数年は、地域再生に向けて明るい兆しが見えてきておりました。
 しかし、最高裁判決後、地元でも多くの認定申請が行われていることから、地域全体が完全に水俣病を克服していないことを再認識させられました。また、患者の高齢化、胎児性患者の将来への不安等、解決しなければならない課題も山積しており、被害者の立場にたった救済や福祉施策が強く求められています。今こそ、その場しのぎの救済ではなく、被害者の将来の生活を見据えた抜本的な対策が必要であると思っております。更に、地域社会におきましては、人口は減り続け、経済は低迷し続けています。市民の働く場もなく、被害者への社会支援の実施も困難な状況です。そこで、被害者救済に加えて、地域の再生や振興策も重要と考え、芦北町、津奈木町、御所浦町の町長にも御賛同いただき、国への要望を行っております。今後も、被害者の救済と地域社会の融和に関して、積極的に取り組んでいくことをお誓いします。
 明るい話題もございます。平成十六年度の第四回環境首都コンテストにおいて、水俣市は全国総合第一位をいただくことができました。市政の中心に環境を据えた自治体ばかりが参加しているコンテストにおいて、栄えある第一位を受賞したことは、大変意義があることだと思います。そしてこの受賞は、「水俣病の犠牲を無駄にしない」環境モデル都市づくりと取り組みを推進している市民の皆様が高く評価された結果であると思っております。また、本年度からは、新たな事業を展開する目的でプロジェクト推進室を設けましたので、環境モデル都市を更に充実できると期待しております。他にも、環境と福祉の融合を目指した障害者によるペットボトルリサイクル事業や、子どもたちの食の安全を考えた給食畑による食材の提供にも取り組んでいきます。
 来年は、公式確認から五十年の節目の年を迎えます。今年度から、患者団体、関係団体、チッソ、行政等の関係者が一体となって「水俣病公式確認五十年事業」に取り組んでまいります。事業では、これまで犠牲になられた多くの方々に対して祈りを捧げるとともに、公害の原点と言われる水俣病問題を様々な角度からもう一度見つめなおし、それぞれの立場で検証したいと思っております。その中から教訓を学び、教訓をいかした取り組みを行うとともに、全世界の人々、次世代の人々に水俣病の教訓を発信していきたいと思います。加えて、過去を振り返り反省することから、将来へ向けての地域振興も考えていきたいと考えております。
 水俣病の複雑な歴史の中で、様々な立場の違いと異なる認識が生まれ、地域社会は長い間混迷してまいりました。そして、最高裁判決を受け、水俣病はまた新たな局面を迎えております。私たちは、今一度「もやい直し」を再認識し、地域の再生と融和に全身全霊で取り組み、公式確認から五十年の節目の年を地域全体が笑顔で迎えたいと思っております。
 最後に、残されたご遺族と患者の皆様の深い心の傷が少しでも癒されるよう誠心誠意努めることをお約束し、すべての水俣病犠牲者のご冥福を心からお祈りして式辞といたします。


平成十七年五月一日
水俣市長 江口 隆一

トップへ戻る
水俣病患者遺族代表 「祈りの言葉」
水俣病犠牲者慰霊式にあたり、患者・遺族代表として祈りの言葉を申し上げますが、この場に立つことには大きなためらいがありました。それは、被害者の中には「もうそっとしていて欲しい。」と思っている方もおられるからです。しかし、それとは別に、水俣病を忘れてしまえば、また水俣病が繰り返されるのではないかという心配もあります。とても複雑な心境ではありますが、患者団体の代表として、地域社会の将来への期待も込めて、水俣病で犠牲になられた方々に祈りの言葉を捧げます。
私は茂堂に生まれ育ち、病気になりましたが、今でも茂堂が好きなので、茂堂で生活しています。茂堂の海は昔よりも豊かではなくなりましたが、茂堂の人たちと一緒に、昔と変わらず明るくまとまって暮らしています。
茂堂にも水俣病を勉強しに多くの人が来ます。よその人が勉強のために水俣を訪れることはとても良いことだと思いますが、水俣市民全部が水俣病によって冷たい人間になったと受け取られるのはあまり良くないことだと思います。水俣病によって人間関係がぎくしゃくなったことはありますが、他にもいろいろな問題が重なり、仕方がない部分もあるのではないかと思います。私も患者ですが、地元の人間から我慢できないくらいに冷たくされた記憶はありませんし、あったとしても忘れました。だから、今でも茂堂が好きで生活しています。水俣病はたくさんのものを奪いましたが、人の心までは奪えなかったと信じています。これからも、いろんな人たちが水俣病について研究したり活動したりされると思いますが、どうか地元で生活している人間のことも考えてもていたいと思います。私たちは、地元の人たちと仲良く暮らして生きたいのです。
水俣病によってたくさんの方が亡くなりました。私の親類や知人も亡くなりました。水俣病を憎み、チッソを恨んだこともありました。しかし、今では誰でも失敗することはあると考えることができるようになりました。亡くなった人の命を取り戻すことはできないという悲しい現実がありますが、チッソや国、県のこれからの対応に期待したいと思います。
水俣では、何でも水俣病につなげられているような気がします。特に悪いことが多いように感じます。水俣病が発生してから半世紀が経ちます。水俣病の経験を風化させてはいけないと思いますが、地元の人間としては、そろそろ平穏な生活をしたいと思っています。水俣病で混乱することはたまりません。問題を早く解決して、みんながひとつになって、水俣病のできごとを伝えていくことが大事だと思います。これからも、公害のないきれいで優しい水俣をみんなでつくり、水俣病で亡くなられた方が少しでも報われるように、故郷を大切にして、みんなで仲良く暮らしていきたいと思います。最後になりましたが、すべての犠牲者のご冥福をお祈りしまして祈りの言葉とします。

平成十七年五月一日
水俣病患者遺族代表 鴨川喜代太


トップへ戻る
環境大臣 「祈りの言葉」
 この慰霊式に臨み水俣病という未曾有の公害により、かけがえのない生命を失われた方々に対し、心から追悼の意を表します。
来年には行政が水俣病を公式に確認してから五十年の節目を迎えます。また、平成七年の政治解決からも既に十年のときが経とうとしています。本日、この場に立ち、改めて水俣病問題の歴史の重みを心に刻ませていただきました。
そうした状況の中で、昨年十月に出された水俣病関西訴訟の最高裁判決では、国及び熊本県に水俣病の被害の拡大を防止できなかった不作為の不法行為責任があると判示されました。このことを厳粛に受け止め、このような悲惨な公害を決して再び繰り返してはならないとの決意を新たにすると同時に、ここにすべての水俣病被害者の方々に改めて謝罪の言葉を述べさせていただきます。長い間大変な苦労を強いてしまいましたことを心からお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。
環境省といたしましては、最高裁判決や政治解決の経緯等踏まえ、また、来年の公式確認から五十年の節目に向け、すべての水俣病被害者の方々が地域社会の中で安心して暮らしていけるようにするため、熊本県や鹿児島県、水俣市等を始めとする関係地方公共団体と協力しながら水俣病対策を一層着実に講じて行きたいと考えております。
最後に、改めて水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、私の「祈りの言葉」とさせていただきます。

平成十七年五月一日
環境大臣 小池百合子


トップへ戻る
熊本県知事 「祈りの言葉」
 本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、水俣病の犠牲となり、尊い生命を亡くされた方々の御霊を前に、謹んで哀悼の意を表します。
 私は、本日、特別な思いを抱きながら、この慰霊式に参列しています。
 昨年八月二十八日夜、水俣湾埋立地親水護岸において、石牟礼道子氏作「不知火」の能が奉納されました。「不知火」奉納の趣意書にありますように、私もまた、ひとり一人の生命存在の縁に立ち還る、歴史の時に立ち会いと願い、座していました。一瞬、この世の出来事だろうか、あるいは私自身が彼の世にいるのかと錯覚するほどの光景が、眼前の恋路島に広がりました。太陽が静かに、静かに沈み始め、あたり一面が神々しい美しさに包まれ、まさに惨劇に倒れたすべての生類の霊が、彼の世から現世に相集うているかのような厳粛な雰囲気が漂いました。「不知火」と「常若」の鎮魂への深い祈り、生命をかけた罪の許し、回生への切なる願いが演じられる能によって私の心の琴線を震わせていきました。
 最後の場面での三艘の小舟は、死者の彼の世への凱旋であり、私たちひとり一人の罪が積み込まれていたかのようでした。荒れ始めた波間に、向かっては押し戻され、押し戻されては再び向かう様は、あたかも「不知火」と「常若」が飲み込んだ毒の激しさ、生命が尽きそうになっては回生への祈りを重ねる様にも似て、涙がこぼれ、思わず合掌する私がいました。
 この夜、「不知火」を奉納する会代表、緒方正人氏の言う「加害責任に代わるもの、それは課題責任である。課題としていく責任、共に私たちも課題を背負う存在である。」という言葉が私の心深く刻まれました。
 そして、この夜から二ヶ月を経ずして、十月十五日に水俣病関西訴訟の最高裁判所判決が言い渡され、国と熊本県の行政責任が確定しました。まさに課題責任を背負う、そのあり方が県行政に問われたと言えるのではないかと思います。  熊本県としまして、この最高裁判決を厳粛に受け止め、水俣病の被害の拡大を未然に防ぐことができなかったことを真摯に反省しますとともに、多年にわたり大きな苦痛を強いてしまった関西訴訟原告の皆様方を始め、苦しみと無念の思いの中で亡くなられた皆様方、筆舌に尽くし難い苦難を背負ってこられた被害者の皆様方、そしてその苦難を一緒に耐え忍び支えてこられた御遺族、御家族の皆様方に対しまして、心からお詫びを申し上げます。
 能「不知火」は、苦海の水俣から鎮魂と未来社会の人と人との心の和らぎ、折り合い、許しを深く、静かに問いかけていました。この根源的な願いを、行政はどのような責任表現の中で課題としていけばよろしいのでしょうか。熊本県としましては、その責任の重さに圧倒されてしまいます。しかし、司法の決定を真正面から受け止め、誠実に、真摯に、水俣病問題に向き合っていかなければならないと考えています。
 私たちは「不知火」、「常若」が切望したように、地域再生の礎を確たるものとしていかなければなりません。大きな犠牲と生命へのあがない、このことを忘れず、後世にこの出来事を語り継いでいかなければならないと考えています。  来年は水俣病公式確認から五十年という、まさに節目の年を迎えます。私たちは、水俣病が我が国の公害問題、ひいては環境問題の原点であるという認識のもと、悲惨な環境破壊、健康被害、そして偏見、差別が二度と繰り返されないよう、国と県がそれぞれの立場と責任において課題として取り組むことが使命であり、そのためにも国と一緒になってしっかりと検証していかなければならないと考えております。また、胎児性患者の皆様方が抱いておられる将来の不安に対しても、行政として何ができるのか、真摯に考え施策化していかなければならないと思います。
 私は、こうした取組みを積み重ねていくことこそ、水俣病で亡くなられた方々の御霊に、そして全ての被害者の方々に報いるものであると信じます。
 最後に、重ねて水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、環境再生に向けて確かな歩みを進めておられる全ての皆様と力を合わせ、誰もが生き生きと暮らすことのできる社会の実現に向け全力を尽くして参ることを固くお誓いし、「祈りの言葉」といたします。

平成十七年五月一日
熊本県知事  潮谷 義子


トップへ戻る
チッソ株式会社 「祈りの言葉」
本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、改めて御霊の安らかに鎮まり給うことを謹んでお祈り申上げますとともに、ご遺族の皆様方に対しましても心より哀悼の意を表します。
 当社は、明治四十一年に、この水俣の地に創業以来、間もなく百年を迎えますが、この間、地域の皆様に支えられ、地域とともに歩んでまいりました。振りかえって見ますと、この長い間には、当社は枚挙にいとまがないほど、幾多の困難な事態に遭遇いたしましたが、常に地域の皆様のご厚情に支えられ、地域とともにあるということを心の支えとして難局を乗り切って参りました。
 しかるにこの間、当社の工場排水に起因して水俣病を発生させ、この地域全体に多大なご迷惑をおかけし、多くの方々が犠牲となられましたことは、まことに痛恨の極みであります。衷心よりお詫び申上げますとともに、お亡くなりになりました方々のご冥福を慎んでお祈り申上げます。
 当社は、この経験を深く心に刻み、このようなご迷惑を再びおかけしないよう、細心の注意を払うとともに、地域社会との一層の共存共栄を図っていく中で、「きれいな地域」造りに貢献出来るよう鋭意努力することを御霊にお誓い申上げます。
 今度とも、常に「環境を配慮した事業活動」をモットーとして、経営基盤の強化を図り、補償責任の完遂と地域社会への貢献という重大な責務を果たしてまいる所存であります。
 そのことが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、また国、熊本県及び地域の皆様方のご支援にお応えする最善の道であると確信いたします。
 昨年に引き続き二度目の参列ではございますが、この場に立ち改めて責任の重さに粛然として、襟を正す思いでございます。
 当社にとっては厳しい事業環境の下にありますが、これらのことを肝に銘じ、全社一丸となって、なお一層の努力を重ねてまいりますことを、ここにお誓いし、祈りの言葉と致します。

平成十七年五月一日
チッソ株式会社 代表取締役社長 岡田 俊一


トップへ戻る
水俣市立水東小学校 児童代表「祈りの言葉」
 私たちは、水俣が大好きです。水俣の自然で育まれた野菜や果物、そして、魚も大好きです。また、家族や学校の友達、地域の方々など、水俣に住む人が大好きです。水俣は、私たちにとって本当にすばらしい街です。
しかし、昔、この水俣で、とても悲しいできごとである「水俣病」が発生しました。この「水俣病」は、多くの人々から自由や命を奪い、また、美しい自然も壊しました。
私たちは、昨年の夏休み、水俣病の患者さんが入所されている明水園でワークキャンプをさせて頂きました。そこでは、胎児性の患者さんを含め、水俣病の患者さんが生活をされていました。歌を歌ったり楽器を使ったりする時間がありました。また、不自由な手にもかかわらず、ビーズなどを使った細かい作業をされている方もいらっしゃいました。これらのことは、不自由になった機能を少しでも回復させるため、また、その機能を維持させるための訓練であることを知りました。その姿は本当に一生懸命でした。
 患者さんのがんばっておられる姿を見て、私たちもがんばらなければならないと感じました。
 今、私たちの学校では、ISO委員会が中心となって、学校版環境ISOに取り組んでいます。給食の牛乳瓶についているビニールやパンが入っていた袋を廃プラスチックとして集めたり、ごみの減量化のために裏紙を活用したりもしています。また、天気のいい日の休み時間には、こまめに電気を消すように心がけています。学校ばかりでなく水俣市民全体でもいろいろな取組を行っています。ごみの分別収集や買い物の時のマイバック運動などは、わたしたちにもよく分かる活動です。また、リサイクル祭などを開いて、使えるものを再利用するようにしています。その他にも環境を守るためのいろいろな取組を行っています。
 なぜ、水俣がこのような取組を行っているのか、水俣病の学習を通して少しずつですが分かってきました。そして、同じ過ちを犯さないために、また、未来の水俣のために、これからも学習を深めていきたいと思います。
 私たちは、今月修学旅行に行きます。熊本県外の人たちと出会います。「どこから来たの」と聞かれた時、「水俣です」と堂々と答えられるようになりたいと思います。そして、水俣は水俣病を教訓にして、今、「環境都市水俣」に生まれ変わろうとしてがんばっていること、すばらしい自然があること、それらのことを私たちは誇りに思っていることを伝えたいと思います。
 私たちは、今、ここに「患者さんやそのご家族とともに、そして、水俣市民全員で力を合わせて、私たちの住むこの水俣を温かい心がある環境豊かなすばらしい街にしていくこと」を誓います。

平成十七年五月一日
水俣市立水東小学校 児童代表
松本 莉沙
奥森ありさ


トップへ戻る
熊本県立水俣高等学校 生徒代表「祈りの言葉」
私たちは今、大いなる美しい自然に囲まれた、ここ水俣の地で高校生活を送っています。部活動に汗を流し、先生方に学び、友と切磋琢磨しながら勉学に励み、充実した日々を過ごしています。
そういった中、本校でも、小学校、中学校に引き続き、水俣病や人権の問題、そして環境について学んでいます。その度に思うことは、私たちが高校生活を謳歌している中で、今でも水俣病に関わり、苦しみ、正面から向き合っている人がいる、ということです。
私たちは水俣の地に生きています。水俣病は決して、過去のことでも、遠い話でもありません。私たちの父や母、祖父や祖母、曽祖父と曽祖母たちが実際に体験し、関わった問題です。そして多くの方が犠牲を払い、涙を流し、向かい合った問題であることを、私たちは決して忘れません。多くの犠牲と苦難の歴史の上に私たちがあることを、心に刻み、それを教訓とし、誇りとし、これからも強く、前を向いて生きていきます。
今年3月に行われた本校の卒業式に、潮谷県知事がいらっしゃいました、その式辞の中で、卒業される先輩方に、次のように述べられました。
「今年は戦争が終わって60年という還暦の年。原点に還るときです。忘れないでください。公害の原点としての水俣病を心に刻む中で、自分の利を求めることが他人の利を損ない、自分の権利を求めることが他人の権利を侵していく、そういった出来事があった地であることを。」また、次のようにも述べられました。
「公害から環境、そこに走っていく水俣の姿を、どこの地にあっても、しっかりと大事にしてほしい。そこには命の尊厳、かけがえのない命の大事さがあります」
この言葉は、卒業される先輩方のみならず、出席した私たち在校生や保護者の方々の心に、しっかりと刻まれました。 環境への優しさ、生命への優しさ、他者への優しさ。それらがいかに尊いものであるのか。水俣病の問題と犠牲者の方々が残してくれた教訓の一つはこのことであると、潮谷県知事の言葉から、知ることができました。
水俣病の公式発見から50年が経とうとしている今でも、水俣病関西訴訟に代表されるように、この問題は大きく動き続けています。この訴訟で最高裁の判決は出ましたが、まだ、解決すべき問題は山積しているようです。
しかし、昨年10月の小池環境大臣の談話に「再び繰り返してはならないとの決意」「心豊かに安心してくらしていけるようにすることが行政の責務」「『もやい直し』などの水俣病の関係地域の再生と融和に向けた取り組みの支援」という言葉がありました。この言葉に込められた思いと決意は、政府の方々だけでなく、水俣に住む人々、とりわけ私たち若者が、考え、取り組み、実行していくべきことであると思います。
私たちはまだ高校生ですが、今、何をすべきか、何ができるか、水俣の高校生であるからこそなおさら、考えておく必要があります。
そして、水俣病の教訓を学び、水俣を愛する私たちが、世界に対して、自然や生命の尊さや環境を守ることの重要性を訴えていきたいと思います。
最後になりましたが、水俣病の犠牲になられた多くの方々のご冥福をお祈り致します。その犠牲の上に生きる私たちが、一生涯この水俣の地を愛し、守り、そして発展させていくことを心より誓い、祈りの言葉とさせていただきます。

平成17年5月1日
熊本県立水俣高等学校 普通科3年 中村 敬治


トップへ戻る