施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成16年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成16年度水俣病犠牲者慰霊式


水俣市長式辞
水俣病の発生によって犠牲となり、尊い生命を奪われた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。
まずは、公式発見から四十八年目を迎えました本日の慰霊式に、ご遺族や患者の皆様、小池環境大臣、潮谷熊本県知事をはじめ、国会議員、県議会議員、近隣市町の方々、それに多くの市民のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、厚く御礼を申し上げます。
この一年間でも、罪のない患者の命が、お一人お二人と失われました。また、水俣病に携わり、ご尽力された方々の訃報を耳にする機会が増えてきているようにも感じます。残されたご家族の無念なお気持ちと深い悲しみを拝察いたします時、激しく心が痛みます。今後の日々の暮らしは、ご高齢の患者と支える家族の皆さんにとって、ますます重く過酷になっていきますので、国や県をはじめ関係各所のお力をお借りしながら、地域全体でご遺族と患者の皆様を支援していくことを固くお約束します。
「水俣病の犠牲を決して無駄にしない。」と誓い、「環境モデル都市づくり」を進めてまいりましたが、大いに成果を感じているとともに、さらに取り組まなければならない課題も認識しております。
まず、「水俣病患者の救済」につきましては、患者の皆さんの苦渋の決断と、多くの方々の懸命な努力によって、被害者救済は一応の決着をしています。しかし、高齢になられた患者と胎児性患者の皆さんの将来など、深刻な問題が数多く残されております。これらのことをしっかりと受け止め、すべての患者ご家族の深い心の傷が癒されるまで、弛まぬ努力を続けなければならないと決意を新たにしております。
「水俣病の教訓を伝えること」につきましては、「環境立県」を掲げられる熊本県知事のお計らいで、二十一世紀を担う県内の小学生が「こどもエコセミナー」として、水俣市で学ぶようになり、水俣病資料館の入館者が、昨年一年間ではじめて五万人を超えました。これからも、水俣病を風化させることなく、自らを常に諭すために、さらに情報発信を充実させていかなければならないと思っております。
「循環型社会の形成」につきましては、住民自らの徹底したごみの分別が、国のエコタウン地域指定につながり、本年三月には「水俣環境・リサイクル産業特区」の認定も受けました。地域経済にまたひとつ、明るい兆しが見えてまいりました。しかし、目まぐるしく変化する社会情勢と長引く不況で、地域全体の経済は低迷し、若年層の人口が減少していることも周知の事実です。今後は、環境と経済が共生できる「エコポリス」を目指して、市民生活の質の向上に努めてまいります。
「市民の融和」につきましては、以前の水俣では、水俣病について、語ることも語られることもなく、立場の違いで市民の間の「もやいの網」はからまり、解ける術を持ち得ませんでした。しかし、水俣病を避けては通れない問題であると市民が気づき、互いの違いを理解するようになってから、網は徐々に解け始めました。今では、被害者である患者の皆さんから、逆に私たちが力や励ましをいただく場面もあります。更に、今年八月には、被害の爆心地であったここ水俣湾埋立地において、新作能「不知火」が奉納されます。苦しみ、悲しみ、痛みのすべてを超越した患者の皆さんの魂には、頭が下がります。この奉納を契機に、より一層「もやい直し」が進むことを念願いたしますとともに、これからは、解けた「もやい網」を更に手繰り寄せ、太い絆にしていくことをここにお誓いいたします。
最後に、水俣病犠牲者のご冥福を心からお祈りし、併せてご遺族のご健勝とご清福を衷心よりご祈念申し上げ、式辞といたします。


平成十六年五月一日
水俣市長 江口 隆一

トップへ戻る
水俣病患者遺族代表 「祈りの言葉」
本日、ここに平成十六年度の水俣病犠牲者の慰霊式にあたり、祈りの言葉を申し上げます。
振り返ってみますと、この場では語り尽くせぬ、色々なことが思い出されます。
私は、故川本輝夫氏の後を受け、チッソ水俣病患者連盟の委員長として、ここ水俣メモリアルに立つようになり、今回が五年目となります。初めて慰霊式に参列した時に感じたことは、「この地に立ち、昔を偲び、見渡せば、どこへ消えたか、水俣の海」であります。
半世紀前、あのきれいな海と豊かな漁場がいつの間にか、毒の海へと変わっていったのであります。忘れもしません。魚が売れなくなり、生活に困り果てた不知火海沿岸漁民数千人は、昭和三十四年十一月二日に、チッソに対し、補償及び汚水の排水を止めるよう求めて、抗議を行ないました。しかし、チッソも行政も排水を止めることはなく、その時の無念さは、計り知れないものがありました。
そして、この頃から私の身体の状態も急変しました。まだ、三十歳というのに、腰が痛く、しびれを感じました。しかし、当時はまだ、水俣病の認定申請をする人は少なく、漁協も「患者が出れば魚が売れなくなる。」と心配して、役員を通じて申請を遠慮させていました。私もまた、「もし、自分が水俣病となったら、子ども達の縁談にさしつかえるのではないか。魚が売れなくなり、生活に影響がでるのではないか。」と考えて、申請しませんでした。ようやく昭和四十八年に申請し、認定されましたが、もう治ることがない病気と診断されたのは、大変なショックでした。「ひょっとすると、重症患者になり、仕事もできず生活がめちゃくちゃになるのではないか。幼い子ども達はどうなるのだろうか。」と、不安が次々におそってきて、寝ることもできませんでした。その後、けいれん発作がおきるようになり、みずおちのあたりからのどや肩まで、ひどいしびれが二十分以上も続きます。しかし、子ども達の行く末のためにも、病に伏せることはできず、川本輝夫氏と共に、未認定患者の救済を求めて支援に参加した訳であります。
五十年経過して、ようやく「水俣病の経験と教訓」を伝えるため、昨年三月に、中国の天津市において行なわれた「水俣病経験の普及啓発セミナー」に参加し、我々の経験を話し、中国においての水銀汚染を今の内に防止するよう訴えて参りました。また、昨年六月には、厚生労働省へ、「水銀濃度による魚介類の摂取制限」について、すぐに質問状を送りました。何故ならば、「私たちは、これ以上水銀を食わされては、たまったもんじゃない。」と思ったからであります。
私は思います。「水俣病でもっとも可哀想なのは、胎児性患者だ。」と。母親の胎内で有機水銀に汚染され亡くなった多くの子ども達もいます。人間の能力の多くを奪われて生まれてきた子ども達は、今でも言語を絶する苦労を続けています。彼らも、四十歳半ばになっています。彼らの人生を奪ったのは、いったい誰なのでしょうか・・・。
私は、女島の人間ですが、女島の漁業は、網元を中心とする集団の漁業で、二~三十人の網子が五~六隻の船団を組んで、囲い網でカタクチイワシを捕っていました。集団で仕事をしていたので、今でも私ぐらいの歳の者は、当時のなごりで、気持ちが通じているところがあります。私は、これからも女島に住み、女島で暮らし、このような時代が二度と起きることのないよう心から念じ、これからも国内をはじめ、外国へも「水俣病問題」を訴えて参るつもりです。
最後に、犠牲者のご冥福をお祈りしまして祈りの言葉といたします。


平成十六年五月一日
水俣病患者遺族代表 松崎 忠男


トップへ戻る
環境大臣 「祈りの言葉」
 この慰霊式に臨み水俣病という未曾有の公害により、かけがえのない生命を失われた方々に対し、心から哀悼の意を表します。
また、平成七年に水俣病問題の最終解決策が取りまとめられた際に、公式発見以来四十年の長きにわたる重い歴史を背負いながらも苦渋の決断をされた各団体の方々や、関係者の方々に心から敬意を表します。
 私も、これらの方々の苦しみを決して忘れることなく、水俣病のような悲惨な公害が二度と繰り返されないよう、環境行政の推進に全力で取り組むことが自らの使命であることを、改めて固く誓う次第であります。
 この間、この地域の住民の方々や関係自治体の方々のご努力により、水俣病の教訓を胸に「もやい直し」の活動を進められ、意欲にあふれた地域づくりに取組まれていると承知しております。特に、地元水俣市におかれては、一般廃棄物の徹底した分別収集や環境管理に関するISO制度の創設、さらにエコタウン事業の展開など、環境に配慮した街づくりを積極的に進められていることについて、皆様方のご努力に敬意と感謝の気持ちを覚えます。
 環境省といたしましては、今後とも、水俣病総合対策など地域の方々への支援策を着実に進めてまいります。また、昨年7月に国立水俣病総合研究センターは環境研修センターと一体化され、従来の研究業務に加え、環境研修の業務を合わせ持つことになりました。ここを拠点として、地元の皆様とともに、水俣病の貴重な教訓と我が国の持てる技術を国内外に活かすための取組に、一層邁進することを誓う次第であります。
 最後に、改めて、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、私の「祈りの言葉」といたします。


平成十六年五月一日
環境大臣 小池百合子


トップへ戻る
県知事 「祈りの言葉」
 本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるにあたり、水俣病の犠牲となり、尊い生命を亡くされた方々の御霊を前に、謹んで哀悼の意を表します。
 今なお、闘病の中にあります患者の皆様の苦しみや、残された御遺族の悲しみの深さは想像を超えて、現実には重いものがあると拝察しています。
 更に、今年は、特別な思いを抱きながら、この慰霊式に参列しています。昨年の七月に発生いたしました水俣市土石流災害により、十九名の尊い命が一瞬にして奪われました。この場をお借りしまして、災害の犠牲となられた方々のご冥福を、心からお祈りします。
 水俣病は、公式発見の日から既に半世紀近い年月が経過し、ともすれば人々の記憶から薄れがちになる中にあって、決して風化させることがあってはならないと、この慰霊式に臨み、改めて意を強くする次第であります。
そのためには、一人ひとりが水俣病問題に真正面から向き合い、様々な立場、意見の違いを乗り越えて、互いに理解する努力をしていくことが何よりも大切であると思っています。
 実際に、水俣病の苦しみを乗り越えて、前向きに生きておられる患者の皆様を、暖かく見つめ、支える人が増えて来ているとの話もお聞きしています。このような多くの方々による「もやい直し」の努力によって、地域の共感の輪が広がっているものと思います。
 また、地元水俣市は、市当局を始め、市民の地道な取り組みによって、公害の都市から環境の都市へ、名実ともに生まれ変わっております。多くの方々が、幾多の困難を乗り越えて得られた、素晴らしい成果だと確信しています。
 これからも、水俣病の教えを胸に、更に連帯を深め、環境に優しいまちづくりを進めていかれんことを切に願ってやみません。
 本県では、現在、県内の小学生を対象に、水俣病の実態と環境再生に取り組む水俣の姿を、実際に水俣を訪問して体験的に学ぶ環境学習を実施しております。深刻な公害に見舞われたこの水俣市を、環境教育の場と位置付け、次世代を担う子供たちへ、生命の大切さ、環境を守ることの大切さ、人を思いやることの大切さを引き継いでいきたいと考えています。県と致しましても、「環境立県くまもと」としての大事な役割だと思っています。
 最後に、重ねて水俣病の犠牲となり亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げ、「祈りの言葉」といたします。

平成十六年五月一日
熊本県知事  潮谷 義子


トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるにあたり、改めて御霊の安らかに静まり給うことを謹んでお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様方に対しまして、心からの哀悼の意を表します。
 当社は、明治四十一年に、この水俣の地に創業以来、九十有余年の永きに亘り地域の皆様方に支えられ、地域とともに歩んでまいりました。振り返ってみますと、この永い間には、当社は枚挙にいとまが無いほどにさまざまな困難な事態に遭遇いたしましたが、常に地域の皆様のご厚情に支えられ、地域とともにあるということを心の支えとして難局を乗り切ってまいりました。
 しかるにこの間、当社の工場排水に起因して水俣病を発生させ、この地域全体に多大なご迷惑をおかけし、多くの方々が犠牲となられましたことは、まことに痛恨の極みであり、衷心よりお詫びを申し上げますとともに、お亡くなりになりました方々のご冥福を慎んでお祈り申し上げます。
 当社は、この経験を深く心に刻み、このような環境汚染を二度と起こさないよう細心の注意を払うと同時に、地域社会との一層の共存共栄を図っていく中で、「きれいな地域」造りに貢献できるよう鋭意努力することを御霊にお誓い申し上げます。
 当社は、依然再生の途上にありますが、これまで全社一丸となって取り組んでまいりました事業構造改革と新しい技術開発への挑戦の成果により、徐々にではありますが収益力も改善されつつあります。
今後とも常に「環境を配慮した事業活動」をモットーとして、経営基盤の強化を図り、補償責任の完遂と地域社会への貢献という重大な責務を果たしてまいる所存です。
 そのことが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、また国、県及び地域の皆様方のご支援にお応えする最善の道であると確信いたします。
私は昨年の6月に社長に就任いたしましたので、慰霊式には今回初めて参列させて頂きました。当社の責務につきましては、予てより十分に認識いたしてはおりますが、本日この場に立ち、改めて責任の重さに粛然として襟を正す思いがいたしております。
 これらのことを肝に銘じて、会社としてなお一層の努力を重ねてまいりますことをここにお誓いし、祈りの言葉といたします

平成十六年五月一日
チッソ株式会社 代表取締役社長 岡田 俊一


トップへ戻る
水俣市立水俣第二小学校 児童代表「祈りの言葉」
私たちは、水俣で生まれ、育ち、今、何の不自由もなく暮らしています。
しかし、昔、この水俣で発生した「水俣病」は、何の罪もない人々から身体の自由を奪い、命まで奪いました。そして、美しい自然も壊しました。
水俣病で亡くなられた皆さん、みなさんがこんなにきれいな海や緑に囲まれたこの水俣で亡くなられたことを知ったとき、私たちは本当に驚きました。信じられませんでした。亡くなられた方、そして、そのご家族の皆さんは、どんなにつらく、悲しい思いをされたことでしょう。その思いを私たちが本当に理解するのは難しいかもしれません。しかし、病(やまい)とたたかいながら懸命に生きておられる患者さんの姿、それを懸命に支えておられるご家族の姿から、私たちは多くのことを学ばせていただいています。

今、水俣では、ゴミの分別収集、ISO活動、リサイクル活動など、環境を守るためのいろいろな取り組みを行っています。私たちの学校でも、環境委員会が中心となり、学校版環境ISO活動として、節電や節水ゴミの減量などに、全校で取り組んでいます。また、水俣病のことを学び、二度とあのような悲しいできごとを起こさないためにはどうすればいいのか、私たちは何をすればいいのかも学習しています。しかし、まだまだ知らないことや考えなければならないことがたくさんあります。だから、もっと学習を深め、水俣病のことを正しく理解し、周りの人にも本当のことを伝えていけるようになりたいと思います。そして、私たちが生まれ育った水俣のすばらしさを伝えて生きたいです。

私たちは、二度とあのような悲しみをくり返したくありません。
「水俣病」が起きた水俣に生まれたこと、だからこそ、今、「環境都市水俣」に生まれ変わろうとしている水俣に住んでいることを誇りに思います。
私たちは、ここに、「患者さんやそのご家族とともに、そして、水俣市民全員で、力を合わせて、私たちの住むこの水俣を心と環境豊かなすばらしいまちにしていくこと」を誓います。


平成十六年五月一日
水俣市立水俣第二小学校 児童代表
坂本 祥平
中村 公彦


トップへ戻る
熊本県立水俣工業高等学校 生徒代表「祈りの言葉」
私は、光り輝く川や海、緑にあふれた山々、美しく広がる青空と自然に囲まれた水俣で生活していることを誇りに思っています。だからこそ、戦後の日本の高度経済成長の中、その代償として水俣病が発生したことは決して忘れてはならないことだと思うのです。水俣病資料館へは多くの方々が水俣病について勉強に来られています。その一方で水俣病の存在を知らない方も、まだまだいると思います。環境を破壊し、多くの人々に混乱とそして今なお心と体に大きな傷を残しています。
 しかし水俣は大きく変わってきています。新幹線の開通、埋立地周辺の開発、世界有数の竹林公園の存在、再生ををとげようとしているこの水俣で、今年の8月には全国高校ユネスコ研究大会が水俣で開催され、多くの高校生が体験や交流を通して水俣の歴史と姿に触れることになります。またこの夏にはオリンピック発祥の地で開催される、アテネオリンピック大会があります。この水俣も同じように世界平和と環境問題を世界に警鐘していく発祥の地となれば、多くの方々に水俣病を伝えることが出来るのではないでしょうか。
 水俣市は世界的に見ても環境問題に対する意識が高く、市民一人ひとりが自覚を持ち、一丸となってゴミの分別やリサイクル活動、自然を取り戻す努力をしています。これからの水俣を引っ張っていくのは私たち若者達です。これまで水俣を支え奔走されてきた方々の努力と意思を継いで、また様々な伝統と水俣の美しい自然を守り続け、次の世代に伝えていく義務があります。
 残念ながら体の自由と奪われたと尊い命を取り戻すことは出来ません。しかし、水俣の負った大きな心の傷をいやし、市民一人ひとりが支え合っていくことは可能です。何より大切なことは水俣病を過去の問題にせず、これからの問題としてしっかりと受け止め立ち向かっていくことだと思います。人と人とが傷つけ合うことが決してないように、私たちが出来ることは、まだまだたくさんあるはずです。
 最後に、水俣病の犠牲になられた多くの方々、また昨年の土石流災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、希望に満ち溢れた水俣にしていくことを誓い、祈りの言葉とさせていただきます。

平成十六年五月一日
熊本県立水俣工業高等学校 電気科2年 大崎 祥司


トップへ戻る