施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成15年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成15年度水俣病犠牲者慰霊式


平成十五年度水俣病犠牲者慰霊式 水俣市長式辞
  水俣病犠牲者慰霊式を挙行するにあたり、水俣病の発生によって犠牲となり、尊い生命を奪われた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の意を捧げます。

 まずは、公式発見日から四十七年目を迎えました本日の慰霊式に、多くのご遺族や患者の皆様にご臨席を頂きましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げます。
 更に、ご多忙の中、鈴木環境大臣、潮谷熊本県知事をはじめ、国会議員、県議会議員の皆様、近隣市町の方々、それに多くの市民のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、深く感謝を申し上げます。

 今、改めて顧みますと、私が世の中に生を受けた時には、すでに、郷土水俣は、それまで人類が経験したことがない公害病によって混乱の渦中にありました。
 何の罪もない多くの人々が、突然、病魔に襲われ、原因も解らぬまま、心身ともに悶え苦しみながら生命を落とされました。さぞかしご無念であったろうと察します。
 また、残されたご遺族・ご家族は、生きる希望を無くし、これまで信頼し助け合ってきた周囲の人々からも、言われなき中傷、偏見、差別など非情な仕打ちを受け、冷たい目を気にしながら、悲嘆と絶望の日々を送ってこられました。加えて、多くの市民が水俣病に何らかの関わりを持ち、自己の中で解決できない問題を抱え、他人にも聞けず、苦悩してきたことも地域社会にとって大きな悲劇となりました。
 水俣の町では、約四十年もの長い間、水俣病が十分に語られることも、正しく理解されることもなく、ほとんどの市民が、「できることならば関わりたくない」と思い、市役所もまた、水俣病問題には消極的になっていました。

 私たちが、水俣病問題に直面し、お互いの違いを認識して、地域社会を構築していくことの大切さに気づくまでに、多くの尊い命が奪われました。お亡くなりになった方々の生前の取り組みや固い信念があって、今日の水俣市があることを私たちは決して忘れてはいけません。亡くなられた方々の御霊が少しでも安らかでありますよう、水俣病の犠牲を無駄にしない町づくりを行い、水俣病の教訓を全世界に伝え、二度とこのような悲惨な公害病が起こらないよう警鐘を鳴らし続けていくことをここにお約束いたします。

 水俣市が「環境モデル都市づくり宣言」を行ってから、十年が経過いたしました。かつての公害の町水俣も、今では環境の町として全国に知られるようになり、修学旅行や視察研修など、たくさんの方々に訪れていただいております。更に、小学校の教科書では、水俣病被害者の歴史にとどまらず、環境再生の取り組みに関しても記載をしていただけるようになりました。
 また、国立水俣病総合研究センターはもとより、国立水俣病情報センターや熊本県環境センター、水俣病資料館等の施設も充実してまいりました。昨年からは、県内すべての小学五年生を対象にした「エコセミナー」がはじまり、三年間で約二万人の子ども達が水俣で学習することになりました。これからも、環境学習を拠点として、語り部の皆様のご協力をいただきながら、国内外に公害の経験と教訓の発信を継続してまいります。

 水俣病の原因となった廃棄物に気をつけようと家庭から出るごみの分別を開始しました。昨年十二月からは、生ごみの分別も加わり、リサイクル率も五十パーセント近くまで上昇いたしました。更に、水俣で排出したごみを可能な限り水俣の中で資源循環させようと国のエコタウン地域指定を受け、現在六つのリサイクル工場が稼動しています。市民の地道な環境への取り組みが、ようやく経済にもつながってまいりました。これからは、水俣病を経験した水俣だからこそできる住民協働による豊かな環境都市をつくっていきたいと思います。

 この十年間で、市民の環境意識は飛躍的に向上し、今では「ごみ減量女性連絡会議」等の市民団体お取り組みが、市の環境政策の後押しをしている一面もあります。また、市内すべての小・中学校では、「ISO」が環境にいい取り組みの合言葉となり、美しい海・山・川を守り伝えていくために、環境に配慮した学校づくりが行われています。この子ども達の郷土水俣を大切にする取り組みは、水俣の将来を明るいものとし、私たちに大きな力を与えてくれています。

 環境モデル都市づくりも全国から認識され、地域社会の絆も元に戻りつつあります。しかしながら、将来の生活に不安を抱える胎児性患者や未だ心の深い傷を癒すことができない患者さんがおられるなど、未解決の深刻な課題も数多く残されております。これらの事実をしっかりと見定め、過去の反省を忘れることなく、真の解決への努力を続けることこそが、犠牲になられた方々への償いになると思っております。
 最後に、水俣病犠牲者のご冥福を心からお祈りし、併せてご遺族のご健勝とご清福を衷心よりご祈念申し上げ、式辞といたします。

平成十五年五月一日
水俣市長 江口 隆一


トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」
  私は胎児性患者の永本賢二です。
 水俣病で命を奪われた魚、貝、虫、からす、猫や人々に祈りを捧げます。
 あまり語ることのなかった水俣病のことを、今日は少しだけ語ります。

 胎児性水俣病患者は、安全であるはずの母の胎内で、すでに被害を受けていました。
 生まれたときから、ずっと水俣病患者として、障害者として、差別と偏見を受けてきました。赤ん坊の私は「いつもいつも泣き続けだった。」と母が言います。
 3・4歳の頃、お風呂に入った後、手足が痛くて、母や姉が全身をマッサージしてくれたことを覚えています。
 私の父は、チッソに勤めていました。水俣病の私を守ってくれました。けれども苦労や嫌なことが多かったのでしょう。焼酎を飲みすぎて病気になり、小学5年生の時に亡くなりました。だから私は焼酎を見るのが辛くて大嫌いです。
 父は漁師でもありました。亡くなる前には、私の名前から「賢二丸」と名前をつけた船を作ってくれました。

 小学校時代、特殊学級に通う私に友達はいませんでした。足の悪い私は、歩くのが遅かったので、みんなについて行くのが大変でした。両脇を抱えられ、引きずられて通ったこともあります。
 姉が私の味方でした。ある時、階段を上がれなくなった私を姉がおんぶしてくれると「ふらふら男が来た。」、「こんにゃく男ばおぶって見苦しか。」とはやしたてられました。
 私のことで家族が心配しないように、辛いとき、家の縁側から見える5トンクレーンに話を聞いてもらいました。

 すばらしい友人との出会いもありました。養護学校の後輩です。車椅子の彼は車を運転し、自分でできることは徹底的にやってしまいます。この友人から大きな勇気とチャレンジ精神を学びました。

 イラク戦争は反対です。仲間と話しました。水俣病で苦しんだ経験と重なって涙が出ます。
 資料館で語り部をしているのも、子供たちに本当のことを伝えたいからです。未来を生きる子供が世界を変えてくれると信じているからです。
 私は今、”ほっとはうす”に出会い、水俣病を伝える仕事をしたり、いろんな仕事をして楽しく過ごしています。
 ずいぶん強く生きられるようになりました。
 天国のお父さん、安心してください。お母さんも、少しは楽をして長生きしてください。
 若くして亡くなった胎児性患者のちいちゃん達、たくさんの先輩患者の皆さん、皆さんの思いは私たちの思いです。思いが実現するまで、力の限り頑張ります。
 どうぞやすらかにお眠りください。
 私たちと皆さんの愛する美しいみどりの山と青い海、広がる青空の水俣を見守り続けてください。


平成十五年五月一日
水俣病患者遺族代表 永本 賢二


トップへ戻る
環境大臣 「祈りの言葉」
  この慰霊式に臨み、水俣病という未曾有の公害により、かけがえのない生命を失われた方々に対し、心から哀悼の意を表します。
 また、平成七年に水俣病問題の最終解決策が取りまとめられた際に、公式発見以来四十年の長きにわたる重い歴史を背負いながらも苦渋の決断をされた各団体の方々や、関係者の方々に心から敬意を表します。

 私も、これらの方々の苦しみを決して忘れることなく、水俣病のような悲惨な公害が二度と繰り返されないよう、環境行政の推進に全力で取り組むことが自らの使命であることを、改めて固く誓う次第であります。

 昨年十月に、環境大臣就任後初めての出張で水俣市を訪問し、皆様のお声を伺い、水俣病をもたらした不幸な被害を痛感するとともに、この地域の住民の方々や関係自治体の方々が、水俣病の教訓を胸に、意欲あふれた地域づくりを進めておられることに感銘を受けました。特に、地元水俣市におかれては、一般廃棄物の徹底した分別収集や環境管理に関するISO制度の創設など、環境に配慮した街づくりを積極的に進められ、高く評価されております。皆様方のご努力に感謝の気持ちと感動の念を覚えます。

 環境省としては、今後とも、水俣病総合対策など地域の方々への支援対策を着実に進めるとともに、国立水俣病総合研究センターを拠点として、地元の皆様とともに、水俣病の貴重な教訓と我が国の持てる技術を活かすための取組に、一層邁進することを誓う次第であります。

 最後に、改めて、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

平成十五年五月一日
環境大臣 鈴木 俊一


トップへ戻る
熊本県知事 「祈りの言葉」
  御遺族、患者の皆様、市民の皆様、並びに鈴木環境大臣をはじめ多くの関係の皆様方のご出席のもとに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、祈りの言葉を申し上げます。

 水俣病の犠牲となり、尊い生命を失われた方々の御霊を前にして謹んで哀悼の意を表します。また、今なお闘病の中にあります患者の皆様方の苦しみや、残された御遺族の方々の悲しみを拝察しますとき、胸の痛みを覚えずにはいられません。
 水俣病発生は、水俣及び周辺地域の人々に取り返しのつかない健康被害をもたらすと同時に、豊かで美しい環境を破壊し、地域社会の絆を損なうなど深刻な影響を及ぼしてきました。水俣病の悲惨な経験は尊い生命と掛け替えのない環境をいかにして守り、後世に伝えていくかという大きな課題を私たちに投げかけています。私たちは、この尊い生命と掛け替えのない環境を守るために、本当に何が出来るのかということを一人ひとりが真剣に考えていかなければなりません。

 県としても、具体的な施策・行動を通じて、それを一歩一歩着実に進めていく必要があると認識しています。
 現在、本県では、県内の小学生を対象に、水俣病の実態と環境再生に取り組む水俣の姿を体験的に学ぶ、環境学習を積極的に進めております。深刻な公害に見舞われたこの水俣市を、環境教育の場と位置付け、次世代の子供たちへ、生命の大切さ、環境を守ることの大切さを引き継いでいきたいと考えています。
 水俣及び周辺地域には、更に、被害を受けられた方々の医療・福祉の向上、地域社会の再生・振興、水俣湾の環境保全、埋立地の維持管理など、取り組むべき多くの課題がございます。これらの現実をしっかりと見据えながら、その解決に向けて引き続き一生懸命努力を続けて参ります。
そして、このことが水俣病により生命を失われた方々の御霊に報いるものであると考えています。

 最後に、重ねて水俣病の犠牲となり亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げます。

平成十五年五月一日
熊本県知事 潮谷 義子


トップへ戻る
チッソ株式会社 「祈りの言葉」
  水俣病犠牲者慰霊式にあたり、御霊の安らかなることを謹んでお祈り申し上げます。
 当社は、明治四十一年水俣のこの地に創業以来、永年にわたり地域の皆様に支えられ地域とともに歩んでまいりました。しかるに、この間、当社の工場排水を起因して水俣病を発生させ、このため多くの方々が犠牲となられましたことは、まことに痛恨の極みであります。
 ここに心よりお詫び申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 当社は、この経験を深く心に刻み、常に環境に配慮し、環境にやさしい製品の開発などの企業活動を行い、再び不始末を起こさないことを固くお誓い申し上げます。
 長期化する不況の中で、当社の事業環境は一段と厳しさを増しているところでありますが、全社一丸となってこの難局を克服し、補償責任を完遂し、地域経済への貢献という責任を果たして参りたいと存じます。
 そのことが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、また、国、県及び地元の皆様からいただいておりますご支援にお応えする最善の道であると信じます。
 これらのことを肝に銘じて、なお一層の努力を重ねてまいりますことをここにお誓いし、祈りの言葉と致します。

平成十五年五月一日
チッソ株式会社 代表取締役社長 後藤 舜吉


トップへ戻る
水俣市立水俣第一小学校 児童代表「祈りの言葉」
  私たちは、水俣で生まれ水俣で生まれ育ち、今、何の不自由もなく暮らしています。
 しかし、昔、ここ水俣で、公害の原点といわれる水俣病が起こり、何の罪もない人々が身体の自由を失い、命まで落としてしまいました。そして、美しい自然も壊されてしまいました。
 水俣病で亡くなられたみなさん、みなさんがこんなきれいな海や緑に囲まれたこの水俣で亡くなられたことを初めて知った時、私たちは本当に驚きました。信じられない気持ちでした。亡くなられた方、その家族のみなさんは、どんなにつらい思いをされたことでしょう。想像しただけで、私たちもつらい気持ちになりました。でも、今、みなさんが一生懸命生きておられる姿を見るとすごいなと思います。私たちにはないパワーを感じます。
 今、水俣では、ゴミの分別収集・ISO活動・リサイクル活動など、環境を守るためのいろいろな取り組みが行われています。私たちの学校でも、学校版ISO活動として、節電・節水やゴミを減らす取り組みなどISO委員会・ゴミ0隊を中心に全校生でがんばっています。また、水俣病のことを学び、二度とあのような公害を起こさないために、環境を守るためにどうすればいいかの学習もしています。しかし、水俣病についてまだまだ知らないこともたくさんあります。だから、もっともっと学習して、周りの人たちに本当のことを教えてあげられるようになりたいと思っています。私たち水俣の子どもが、まず、水俣病のことを正しく理解し、それを、日本中、世界中の人たちにきちんと伝えていかなければならないと考えています。そして、このすばらしい水俣のことをみんなにわかってほしいです。
 私たちは、二度とあのような公害を起こしたくはありません。水俣病が起きた水俣に生まれたこと、だからこそ、今、環境豊かな水俣に生まれ変わろうとしている水俣に住んでいることを誇りに思いたいです。そのためにも、患者さんやその家族のみなさんを含めた水俣市民全員で、力を合わせて、私たちの住む水俣をもっともっとすばらしいまちにしていくことを、ここに誓います。

平成十五年五月一日
水俣市立水俣第一小学校 児童代表 塘添 風士弥
濱野 亜梨紗


トップへ戻る