施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成14年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉


水俣市長 式辞
 水俣病犠牲者慰霊式を挙行するにあたり、水俣病の発生によって犠牲となり、尊い生命を失われた方々の御霊に対し、謹んで哀悼のまことを捧げます。
 今回、この慰霊式に、ご遺族や患者の皆様、大木環境大臣、潮谷熊本県知事をはじめ、国会議員、県議会議員、近隣市町の関係者、それに多くの市民のご臨席を賜り、お祈りを捧げていただきますことに、厚く御礼を申し上げます。
私にとりましては、市長に就任いたしまして、初の慰霊式でございますが、行政の責任の重さを再認識いたしますとともに、水俣病の犠牲を無駄にしない町づくりを進めていきますことをここにお誓い申し上げます。
顧みますと、あの忌まわしい水俣病の発生により、何の罪もない多くの人々が、突然、病魔に襲われました。そして、原因も解らぬまま、苦しみの渦へ巻き込まれていったのです。加えて、これまで信頼し助け合ってきた周囲の人々からも、言われなき中傷、偏見、差別など非情な仕打ちを受け、心身ともに悶え苦しんで生命を落されました。さぞかしご無念であったろうと察します。
 また、残されたご遺族、ご家族の多くの健康を冒され、生業を失い、生活も周囲の冷たい目を気にしながら、悲嘆と苦悩と絶望の日々を送ってこられました。
 今、この慰霊式に臨み、御霊を前にいたしますとき、改めて激しい胸の痛みを覚えます。
 水俣市民も、水俣病という悲惨な運命の中で、半世紀という長い間、もがき苦しみ、地域社会は混乱し、経済も極度に疲弊しました。
しかし、私たちは、公害の悲劇から生命と環境がいかに大切であるかに気づき、いち早く「環境モデル都市」づくりを進めてまいりました。
市民自らが行動しているごみの分別収集や、家庭や学校まで広まった環境ISOなど、水俣独自の環境保全の取り組みが高く評価され、国のエコタウン地域指定を受けました。かつては公害の町として敬遠された水俣が、今では環境の町として再生し、JICA研修をはじめ、国の内外の方々も水俣市に数多く学びに来て頂く様になりました。
昨年10月には、「地球環境汚染物質としての水銀に関する国際会議」が開催されました。公害の原点である水俣市で、世界の水銀研究者が、最新の研究成果を発表し、水銀の及ぼした健康被害や地域社会が受けた影響など論議されたことは、誠に有意義なことであります。
 このように、平穏な地域社会が蘇り、新しい町づくりの希望と意欲と市民の連帯が生まれたことは、うれしい限りであります。
 しかし、水俣病公害は、時間的にも、空間的にも膨大な事件であります。複雑で多岐にわたる問題は、様々な判断や立場の違いで評価も分かれ、論議が続いていることも十分承知いたしております。
 また、未だ心の深い傷を癒す事ができない患者さんがいらっしゃるなど、未解決の深刻な課題も数多く残されております。これらの真実をしっかりと見定め、世紀や世代を超えて、真の解決への努力を続けなければならないと心を新たにしています。
時代は常に変化し、その大きなうねりの中で、人々は時につらい過去を忘れようともがき続けます。しかし、水俣市は過去を真摯に振り返り、現在の環境モデル都市水俣も多くの尊い犠牲の上に成り立っていることを決して忘れてはならないのです。
 私たちは、尊い数多くの生命を失ったことで「人類も自然の一部であり、大自然によって生かされている」ということを思い知らされました。
 このかけがえのない貴重な水俣病の教訓を堅持しながら、今なお続く地球全体を包み込む環境汚染に対し、常に警鐘を鳴らし続けてゆくことこそが、犠牲になられた方々への償いになるとおもっております。
 最後に、水俣病犠牲者のご冥福をお祈りし、併せてご遺族のご健勝とご清福を祈念申し上げ、式辞といたします。

 平成14年5月1日
                             水俣市長  江口 隆一


トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」
  今日、患者・遺族代表として、この場に立つことをとても迷いました。水俣病は、今でもいろいろな違う見方があるからです。そして、愛する子供たちの将来が心配だからです。けれど、亡くなった近さんと少し話をさせて下さい。
近さん、私があなたと結婚したのは、20歳の時でしたね。もうずいぶん前のことだけど、昨日のことのようです。あなたは、運送会社に勤めていましたが、家の前がすぐ海だったので、出勤する前にいつも浜に行って、カニやカキをいっぱい取ってきてくれましたね。そして、結婚して間もなく、長男がうまれましたね。その長男がもうすぐ2歳になる昭和28年4月に、よろめいて歩くことができなくなったので、いくつも病院を二人で回りましたね。
ところが、1年後には、あなたが発病しましたね。春祭りのごちそうを私の実家に自転車で運ぶ時、何度も転んで、足をけがして、ぐちゃぐちゃになったご馳走を持って帰ってきましたね。あなたの病気も長男と同じで、市内の病院では「千人に一人の珍しか病気」と言われ、原因がわかりませんでしたね。そして、熊本大学病院に行くように勧められて、8月に行ったら、そのまま入院でしたね。でも、大学の先生も原因がわからず、気休めのペニシリン注射ばかりでしたね。
その頃生まれた次男は、私たちに話しかけることもなく、たった29日で亡くなりましたね。日晴れの準備もできていたのに…。一度も袖をとおさなかった着物は、一緒にお棺の中に入れましたね。
あなたは、二ヶ月ぐらいで大学病院を退院して、その後通院しましたが、不思議にずいぶん回復しましたね。
ところがまた、1年後にあなたの容態が急に悪くなったので、大学病院に入院しましたね。今度は、うまく話すこともできず、一日一日症状がひどくなっていくのがわかりました。けいれんして暴れだすあなたを見ているのがとてもつらくて、涙が止まりませんでした。先生に「どうにかしてください。助けてください。」とお願いすると、先生も「治療は病院に任せてくれ。」と言われました。けれど、治療室には身内が入れないと聞いていたし、みんなから見られているあなたもみじめだと思い、どうしてもあなたを大学病院に置いていくことができなくて、家に連れて帰りました。
家に帰って2週間後でした、激しいけいれんがひっきりなしにあなたをおそい、四畳半いっぱいもがき苦しむあなたを、ばあちゃんが、もう最後だと思い抱きかかえた時、けいれんをしながら、ばあちゃんの胸で息を引き取りました。昭和30年5月でした。
その時、私は妊娠七ヶ月でした。もう、子どもはあきらめようかと思いましたが、ばあちゃんに「せっかく授かった子どもだから、産まんね。」と励まされ、三男を産みました。三男は、三人の子どもの中では、一番体が大きかったのですが、百日たっても半年たっても一年たっても、首がすわりませんでした。どんな病気なのか心配していたら、後で胎児性水俣病と分かり驚きました。幼い子どもとばあちゃんとの生活はとても苦しくて、その日の暮らしがやっとでした。
三男は、他の胎児性患者と比べ、症状が一番軽いと思っていましたが、今では一番重くなってしまいました。立つことができなくなって、用便が間に合わず、漏らすことがあります。話す言葉も聞き取れなくなってきました。けれど、一番辛いのは、自分の気持ちが伝わらない本人です。最近は、大好きな甘いものも、あまり食べなくなって、我慢できないくらいの頭の痛みを訴えて、薬を飲んでいます。
私も、もうすぐ71歳になります。体のあちこちが痛む毎日です。
「私が、あと二十歳若かったら、子どもたちや同じ胎児性患者の力になれるのに」と考えると、無念で胸がつぶれる思いです。毎日、子供たちのこれからが、とても心配でゆっくり眠ることもできません。
そんな私を気づかってなのか、三男は、身のまわりのことを自分でやろうとします。けれど、腰や足が痛くて歩くこともできないので、これ以上体が悪くならないようにと、国立水俣病総合研究センターで、リハビリのお世話になっています。また、仲間の人たちと一緒に、胎児性患者を支援してくださっているホットハウスに集まり、活動しています。車イスの生活ですが、この前も「2001水俣ハイヤ」を踊りに牛深に行きました。
あなた…、三男は、本当に不思議な子どもです。お父さんのことをしっているというのですよ。写真を見せるとあなたの顔を指さすのです。
あなたが亡くなってから四十七年間、私たち家族は、水俣病にふりまわされました。雑誌やテレビにも追われ、辛い思いもしました。今、私は世界中の全ての女性に、私のような妻として母としての苦しみを、決して味わってもらいたくないと思い、水俣病資料館の語り部になりました。 近さん、それに苦しみと絶望の末に水俣病で亡くなられた多くの患者の皆さん、どうぞ安らかにお眠りください。
そして、いつまでも、私たちとあなた方のふるさと水俣を見守ってください。

  平成14年5月1日
                         水俣病患者遺族代表  金子 スミ子


トップへ戻る
環境大臣 「祈りの言葉」
 この慰霊式に臨み、水俣病という未曾有の公害により、かけがえのない生命を失われた方々に対し、心から哀悼の意を表します。
 また、平成7年に水俣病問題の政治的解決策が取りまとめられた際に、公式発見以来40年の長きにわたる重い歴史を背負いながらも苦渋の決断をされた関係者の各団体の方々や、関係者の方々に心から敬意を表します。
 私も、これらの方々の苦しみを決して忘れることなく、水俣病のような悲惨な公害が二度と繰り返されないよう、環境行政の推進に全力で取り組むことが自らの使命であることを、改めて固く誓う次第であります。
 この地域の住民の方々や関係自治体の方々が、水俣病の教訓を胸に、意欲にあふれた地域づくりを進めておられると承知しております。特に、地元水俣市におかれては、一般廃棄物の徹底した分別収集や環境管理に関するISO規格の認証の取得など、環境に配慮した町づくりを積極的に進められていることに、感謝の気持ちと感動の念をおぼえます。
 環境省としては、今後とも、水俣病総合対策など地域の方々への支援対策を着実に進めるとともに、国立水俣病総合研究センターを拠点として、地元の皆様とともに、水俣病の貴重な教訓と我が国の持てる技術を活かすための取組に、一層邁進することを誓う次第であります。
 最後に、改めて、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

  平成14年5月1日
                                   環境大臣 大木 浩


トップへ戻る
熊本県知事 「祈りの言葉」
  御遺族、患者の皆様、市民の皆様、並びに大木環境大臣をはじめ多くの関係の皆様方の御出席のもとに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、祈りの言葉を申し上げます。
 まず、水俣病により亡くなられた御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。ご遺族の方々の悲しみの深さはいかばかりでございましょう。
更に、今なお患者として闘病の中にあります苦しみを拝察しますとき、胸の痛みを感じずにはいられません。
水俣病の発生は、水俣及び周辺地域の人々に深刻な健康被害をもたらし、多くの尊い命が失われました。同時に環境や地域社会の絆が損なわれるなど様々な影響を及ぼしてきました。
 水俣病の悲惨な経験は、人間にとって掛け替えのない環境をいかに守り、いかに子々孫々に伝えていくかを永遠の課題として私たちに課しております。今を生きる私たちは、二度とこのような悲劇を繰り返さないためにも、真摯にこの課題に応えていくことが、責務であると重く受け止めております。
 本県では、水俣病の悲惨な経験を貴重な教訓として活かし、「環境立県くまもと」の実現を県政の重要課題の一つとして位置付け、県民の皆様との連携を深めながら、循環と共生を基調とする社会の構築を図ってまいります。
 その一環としまして、今年度から水俣病の教訓を生かした環境教育を進めるために、県内の小学生の水俣市での体験学習を支援するとともに、その学習のためのプログラムを作成することとしております。
 深刻な公害に見舞われたこの水俣市を環境教育の場と位置付け、環境の世紀といわれる21世紀を担う子供達への環境教育を通じて、次世代の「環境立県」の担い手を育成し、水俣病の悲劇を教訓として伝えていきたいと考えています。
 また、県では水俣湾の環境対策基本方針に基づき、水俣湾の環境保全及び埋立地の適正な維持管理に務めているところですが、この度、新たに埋立地にかかる護岸等の点検をさらに徹底するため「管理補修マニュアル」作成いたしました。これらに基づき、今後とも、水俣湾の環境対策に万全を期して参ります。
 また、水俣及び周辺地域には、水俣病の発生によって損なわれた地域社会の再生・振興や、被害を受けられた方々の医療福祉の向上などが課題として残されており、県としても引き続き努力を続けて参ります。
 そして、この姿勢を持ち続けることが、水俣病で亡くなられた方々の御霊に報いるものであり、私たちが果たすべき責務であると考えております。
 ここに、重ねて、水俣病で亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げます。

 平成14年5月1日
                             熊本県知事  潮谷 義子  


トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
 本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、謹んで御霊の安らかに鎮まり給うことをお祈り申し上げます。
 当社は、この水俣の地に創業以来、永年にわたり地域の皆様に支えられ、地域とともに歩んでまいりました。しかるに、この間、当社の工場排水に起因して、水俣病を発生させ、このため多くの方々が犠牲となられましたことは、まことに痛恨の極みであり、改めて心よりお詫び申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 当社は、この経験を深く心に刻み、二度と不始末を起こさないよう細心の注意を払うと同時に、常に環境に配慮し、環境に優しい製品の開発などの企業活動を行っております。
長期化する不況の下で、当社の事業環境は一段と厳しさを増しているところでありますが、会社一丸となってこの難局を克服し、補償責任を完遂し、地域経済への貢献という責務を果たして参りたいと存じます。
 そのことが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、また、国、県及び地元の皆様から頂いておりますご支援にお応えする最善の道であると信じます。
 これらのことを肝に銘じて、なお一層の努力を重ねて参りますことをここにお誓いし、祈りの言葉と致します。

  平成14年5月1日
                   チッソ株式会社代表取締役社長  後藤 舜吉


トップへ戻る
水俣市議会議長 「祈りの言葉」
  本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が御遺族を初め、関係の皆様の多数のご臨席のもと、厳粛にとり行われるに当り、犠牲となられました皆様の御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。
水俣病公式確認から46年を迎えましたが、この間、患者さんが受けられた苦しみや、無念のうちに亡くなっていかれた患者さんは言うに及ばず、最愛の肉親を失われた御遺族の御心痛をお察しする時、痛恨の情が切々として胸に迫るのを禁じえません。
 また、病床においていまなお苦しんでおられる患者の方々に対し、心からお見舞いを申し上げる次第であります。
 46年という長い年月が経過し、新しい世紀を迎えた今、水俣市では、水俣病の経験を貴重な教訓とする地域づくりが進められ、全国から多くの視察者・修学旅行生などを受け入れております。
 いわれのない偏見や中傷、差別を受け、言うに言われぬ苦悩を重ねてこられた患者の傷ついた心を癒し、人間の誇り、尊厳を回復していくことは、今もなお、私たちに課せられた大きな課題であります。
 私たちは、あなた方の尊い犠牲が決して無駄にならないよう、また、水俣病のような悲劇が二度と繰り返されないよう、国の内外に訴え続けて参ります。どうか安らかにお眠りください。
 ここに犠牲となられた方々の御冥福をお祈りし、併せて御遺族の皆様方の御清福を心から祈念いたしまして、祈りの言葉といたします。

  平成14年5月1日
                            水俣市議会議長  高山 茂行


トップへ戻る
高校生代表 「祈りの言葉」
 私は、水俣に育ち、今ここで暮らしていることを誇りに思います。
ここ水俣には、美しい川、海、木々の緑、季節を彩るたくさんの花があります。
この地で、公害の原点と言われる水俣病が起き、たくさんの人が命や身体の自由を失いました。
 そして、今、私たちの故郷水俣は、苦しみの時代から「環境・健康・福祉」を大切にする産業文化都市として大きく生まれ変わっています。
昨年8月の「ひのくに新世紀総体」では、水銀を埋め立てた、エコパーク水俣のソフトボール球場に、全国から高校生が集いました。
水俣の高校生と水俣市民が協力しあい、選手たちとともに感動を味わいました。
ここへ集まった選手たちは、きっとよい思い出をつくり、水俣のことを忘れないでいてくれると思います。
全国から注目を浴びている地区ごとのゴミの分別収集は、今ではすっかり定着し、ごく普通のこととしてとらえられています。日常生活の中で、地球を守る取り組みが大切だと思います。
  また、最近は、福祉施設を訪問したり、イベントにボランティアで参加する高校生たちをよく見かけるようになりました。
私たち若者が、自分たちだけの世界に閉じこもらず、違う世代、違う立場の人と積極的に関わっていくことが人々の笑顔を増やします。
そこで生まれる心の触れ合いが、水俣をより明るく元気な街にする力になると思います。
水俣の将来を築くのは私たちです。二度と環境破壊を起こすことの無いよう水俣の美しい自然を守り続けなくてはなりません。
水俣に住む私たちだからこそ、水俣病について学び、世界に向けて発信できることがあると思います。
 そして、水俣病患者の方を含め、すべての人が、仲良く、穏かに暮らせるような心のつながりを求め続けていきたいと思います。
最後に、水俣病の犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、祈りの言葉といたします。

  平成14年5月1日
                           熊本県立水俣高等学校 加々尾 綾


トップへ戻る