施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成12年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉
平成12年度水俣病犠牲者慰霊式


水俣市長 式辞
 水俣病公式発見から44年、20世紀最後の春が巡って参りました。
水俣病犠牲者慰霊式を挙行するにあたり、巡りくる春も見ることなく貴い生命を失われた水俣病犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。
 残されたご家族の皆様のご無念とご苦労、それに、楽しく・豊かな生活を送れるはずの人生をすべて棒に振ってしまい、苦しい日々を送っておられる水俣病患者の心情を思う時、すごく心がいたみます。
 私たちは、ご家族や患者の皆さんの心の傷が一日も早く癒されるのを待ちながら、人間の尊厳を回復し、公害の悲惨さ、傷痕の回復の困難さ、環境の大切さなど、水俣病が残した教訓を歴史の中に正しく止める努力を始めています。
 おかげで、日本全国から多くの教育旅行や視察研修の人々が、こうがいと環境問題の勉強に訪れるようになってまいりました。
 国際的にも、JICAの研修生など、多くの国の人々を積極的に受け入れ、さらには、進んで、環境庁や熊本県と協力し、水俣病患者や市民の代表たちが、インドネシア、フィリピン、タイ、中国などに出掛けて水俣病の教訓を発信しているところであります。
 このかけがえのない地球を、21世紀の子供たちに残していくためには、世界の全人類が賢い行動をしなければならないと水俣市民は訴え続けているのであります。  水俣病は、産業廃棄物が海の環境を汚染し発生しました。水俣市民は、この悲惨な経験を大切にし、一般廃棄物も産業廃棄物も、ともに安全に処理し、リサイクルし、限りなく廃棄物を無くしていく努力を始めています。ゼロエミッションのまち水俣を実現したいと思っているのであります。
ごみ減量と徹底した分別収集は全国から高い評価をいただいております。エコショップの指定、環境マイスターの認定、新エネルギービジョンの策定、ISO14001の認証取得、家庭版ISOや学校版環境ISOの創設など、市民が主導的に取り組んでまいりました。また、産業の振興でも、リサイクル産業、循環型産業など環境ビジネスの創造を目指してエコタウン計画を進めております。それに、農産物も減農薬有機栽培のお茶やサラダタマネギが有名になってまいりました。
 水俣病の爆心地であった水俣湾にサンゴの生息が確認されました。蘇った海は市民に勇気と希望を与え、漁業も立ち直りつつあります。
 新しい人間関係を求めた「もやい直し運動」も進み、対立のエネルギーは、共同と創造のエネルギーに変わってまいりました。
 このように水俣が、市民ぐるみ、地域ぐるみで、環境、健康、福祉を大切にするまちづくりに勤しんでいることを、ご霊前に報告できることは、誠にうれしい限りであります。
 これからも、貴い犠牲を無駄にしないよう、水俣病の教訓を生かした環境モデル都市づくりに、さらに一層の努力することを、ここにお誓いいたします。
 本日は、公務ご多用中に、清水環境庁長官、潮谷熊本県知事をはじめ多くのご来賓の参列を賜り、心から感謝いたします。最後に水俣病犠牲者のご冥福と、ご家族のご清福を、重ねてお祈り申し上げ式辞といたします。

平成12年5月1日
水俣市長 吉井 正澄


トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」
 今は亡き夫、川本輝夫と共に歩んだ四十二年。
 あと、一週間で四十二年目の結婚記念日とうのにそれを待たずに貴方は、亡くなりましたね。
 水俣病一本に命をかけて、たたかって来ましたね、一口に四十二年とは云え、色々な事がありましたね。
 一晩も家に居ることなく患者さんの家をたずねてまわりましたね。
 ある夜の事、貴方が一晩家に居たことがありましたね、ところが、長男の愛一郎五歳位だったと思いますが、「父ちゃん、今夜は患者さんの家には行かんでもよかとね」と云われたことがありましたね。
 そんなに家に居ることがなかったですね。
 ある患者さんの家に行ったときは、「来てくれなくても良かったのに」と、ことわられたと帰ってきたこともありましたね。
 昭和四十五年十一月から東京座り込みのときには、貴方が家に居ないのをタテにイヤガラセが続き、夜は眠ることも出来なかったこともありました。
 子供達には、カイ中電気を枕元に一本ずつ持たせ、着の身、着のまま休ませ、玄関より人が来たときは、裏口から逃げる様にと云い聞かせて休ませたことも何日も続きました。
 ある日のこと、仕事から帰ったら娘が泣いているので、ワケを聞くと、「母ちゃん、家の中を見て」と云うのです。家の中を見ると、家中水びたし、誰かがイヤガラセに風呂の湯わかしのスイッチを入れたのです。風呂いっぱいに入れてあった水は、沸きすぎてなくなり、天井からは水滴が落ち、障子紙やふすまもはがれ落ち、畳も板の間も水びたしになっていたこともありました。
 ある時は、イヤガラセに消火器を玄関においてあったこともあり、長男は、学校で友達から罪人の子供と云われ、娘は電話で「死ね」と云われたり、色々な「イヤガラセ」を受けてきました。
 子供も、私も、こんな「イヤガラセ」や「イタズラ」にたえ、父ちゃんは「同じ水俣病で苦しんでおられる患者さんを一人でも助けなくては」と云って一生懸命がんばってきました。
 私たちも、主人のすることには、グチ一つ云ったこともなく親子でがんばってきたのです。
 ある夜は、阿久根まで行って来ると自転車で出かけたこともありましたね。自転車が故障したと自転車をかつぎ夜中の三時頃に帰ってきたこともありましたね。  患者さんのために命をかけてがんばった貴方は、三回も牢獄に入って犯罪人扱いにもされましたね。
 こんなにして患者掘り起こしにがんばって来た貴方をここ二~三年前より心ない人達のために「いらぬ者」扱いにされ貴方は孤独のたたかいをして来ましたね。  貴方の残念がっていた姿が今でも私の頭にこびりついてはなれません。その「くやしい」胸を晴らすために貴方は「酒」しかなかったのです。
 毎日、酒をのみ、そのために肝臓を患って、そのために命を落とすことになりましたね。本当に残念でたまりません。
 水俣病事件がなかったら、貴方もこんなに早く命を落とすことはなかったかも知れませんね。
 「川本輝夫の身体を元の身体にして返して」と叫びたいです。
 「父ちゃん、この世では、本当に忙しい貴方でしたね。ご苦労様でした、先の世では、何も考えず、ゆっくりとお休みください、心からご苦労様でしたと云わせてください」
 父ちゃん、どうか安らかにお眠りくださいませ、又、ここに眠って居られる水俣病で亡くなられた患者さん達、どうぞ心安らかにお眠りください。
 私達、遺族は最後までがんばります。
 患者遺族と私達遺族をよろしくお願い致します。

平成12年5月1日
水俣病患者遺族代表 川本ミヤ子


トップへ戻る
環境庁長官 「祈りの言葉」
はじめに、水俣病という未曾有の公害により、かけがえのない生命を失われた方々に対し心から哀悼の意を表します。
 また、平成7年に水俣病問題の最終解決策が取りまとめられた際に、永年にわたる苦悩と重い歴史を背負いながらも、苦渋の決断をされた各団体の方々や、関係者の方々に対し、心から敬意を表したいと思います。
 私は、これらの方々の苦しみを決して忘れることなく、水俣病のような悲惨な公害が二度と繰り返されないよう、環境行政の推進に全力で取り組むことが自らの使命であることを、改めて固く誓う次第であります。
 さて、水俣病の救済をめぐる問題につきましては、先の最終解決策により、一つの節目を迎え、現在は、患者の方々がともに手を取り合って、心豊かに暮らすことができる地域社会を築く「もやい直し」の活動が、三ヶ所の「もやい直しセンター」を中心として、活発に繰り広げられていると聞いております。
 また、当地におかれては、環境に配慮した町づくりを積極的に進められていると承知しております。これは地域の自治体や住民の方々が、水俣病の経験を教訓とする高い環境意識をもたれていることの表れであります。この懸命な水俣の姿は、内外から高い評価を得ております。
 環境庁におきましても、水俣病の悲劇を教訓として謙虚に学び、その経験を国内外に活かしていくため、水銀汚染による健康影響が懸念される途上国において、水俣病のような悲劇が二度と繰り返されることのないよう、インドネシア、フィリピン、タイ、中国と国際セミナーを開催し、地元の皆さんにもご参加いただいて、我が国の経験を伝えてまいりました。
 また、「国立水俣病研究センター」においては、水俣病に関連する資料や情報を収集、解析するとともに、国内外へ情報を提供、発信する機能を備えた水俣病情報センターを、来年三月の完成を目指して、整備を行っているところであります。さらに、「地球環境汚染物質としての水銀に関する国際会議」が、いよいよ来年十月に迫っているところですが、地元におかれましては、その協力の準備が着々と進められていることと存じます。環境庁としても、この国際会議を積極的に支援してまいりたいと考えております。また、懸案となっていたチッソ支援問題につきましても、本年二月に閣議了解を行い、平成十二年度以降は、新たな取組により実施していくこととしております。
 今後とも、水俣病総合対策医療事業など地域の方々への支援対策を着実に進めるとともに、国立水俣病総合研究センターを拠点として、地元の皆様とともに、水俣病の貴重な教訓と我が国の持てる技術を活かすための取組に、一層邁進することを誓う次第であります。 最後に、改めて、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

平成12年5月1日
国務大臣・環境庁長官  清水壽与子


トップへ戻る
熊本県知事 「祈りの言葉」
 本日、水俣病犠牲者慰霊式が、御遺族、患者の皆様をはじめ、多くの市民の皆様、また、環境庁長官をはじめ関係の皆様方の御臨席をいただき、厳粛に執り行われるに当たり、祈りの言葉を申し上げます。
 まず、水俣病により亡くなられた方々に対し、謹んで哀悼の意を表します。
 また、今なお水俣病に苦しんで折られる方々のご無念さは想像して余りあります。一人の人間として、母親として、この厳しい状況に、ともに深い悲しみを覚えます。
 水俣病は日々穏やかな生活を営んでおられたこの地域に発生し、多くの方々や健康が損なわれたばかりでなく、地域社会の在り様にも様々な影響を及ぼしました。
 歴史の歩みにきざまれ続けたはかり難い皆様のご苦労を思いますとき、深い痛惜の念を禁じえません。また、このような悲劇の発生・拡大を防止できなかったことが残念でなりません。
 水俣病の経験は、人間にとって環境が如何に貴重なものであり、如何に傷つき易いものであるか、また、環境汚染がどんな悲惨な被害をもたらし、その回復がどんなに困難であるのかを事実として示しました。
 この学びを無駄にすること無く、かけがえのない環境を守り、私たちの子孫に伝えていくことは、今を生きる者の責務であります。
 しかし、現実には二十一世紀を目前にしたいま、廃棄物の処理問題、ダイオキシン等の有害化学物質の問題や地球温暖化問題など様々な環境問題に直面しています。このような問題の原因の多くは私たちが生活の利便性と豊かさを追求するあまり、周りの環境に負荷を与えすぎた結果によるものであります。
 私たちは、人間の奢りに対する警鐘に心を傾ける時期に来ていると考えます。取り返しのつかない事態に陥る前に、故人のライフスタイルを見直し、経済社会システムが持続的発展が可能な循環型社会へ変えていくことを求められております。
 熊本県におきましては、水俣病の教訓を謙虚に受け止め、「環境立県くまもと」の実現を県政の重要課題の一つとして位置づけ、事業者や県民の皆様との連携を深めながら、循環と共生を基調とする社会の構築を目指して、施策の充実を図っていく所存であります。
 また、水俣及び周辺地域には水俣病の発生によって損なわれた地域社会の再生・振興、被害をうけられた方々の医療福祉の向上などの課題が残されており、県としても更なる努力を続けてまいります。この姿勢こそ水俣病で亡くなられた御霊に報い、私たちが目指すべき祈りの道ではないかと考えます。
 ここに、重ねて、水俣病により亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

平成12年5月1日
熊本県知事 潮谷義子


トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
 水俣病の犠牲となられました方々の慰霊式にあたり、謹んで御霊の安らかなることをお祈り申し上げます.
 当社は、創業以来、永年にわたり、地域の皆様に支えられ、地域とともに歩んでまいりました。しかるに、当社の工場排水に起因して、水俣病を引き起こし、このため多くの方々が犠牲となられましたことは、真に痛恨の極みであります。
 ここに、心よりお詫び申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 私どもは、この経験を心に刻み、再びこのような公害を起こさないことを固くお誓い申し上げます。
 本年早々、国、熊本県及び関係金融機関により、当社に対する抜本的な支援措置を決定いただきました。
この極めて異例な措置は、患者補償および地域経済への貢献といった法的・社会的責任を全うするための措置であることを重く受け止め、全社一丸となって再生計画の達成に全力をつくし、地域の発展にお役に立って参りたいと存じます。
そのことが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、また、国、熊本県及び地元の皆様からいただいております温かいご支援にお応えする最善の道であると信じております。
 これらのことを固く肝に命じて、日々一層の努力を重ねますことを、ここにお誓いし祈りの言葉といたします。

平成12年5月1日
チッソ株式会社常務取締役水俣本部 寺園成信


トップへ戻る
小・中学生代表 「祈りの言葉」
 澄んだ水の流れる川、周りを囲む美しい緑、そして、青く美しく輝く海。この自然豊かな美しい町、水俣で、水俣病という悲しい出来事が起こったことは、忘れてはならない事実です。水俣病によって、たくさんの方々が多くの差別を受けて苦しみ、人と人との温かいつながりが壊されてしまいました。今、ぼく達はこのようなことを二度と起こさないように、水俣病について学び、水俣という地がどんなところなのかを多くの人たちに伝えていかなければならないとおもいます。
 現在、僕たちが通う久木野中学校では、学校版ISOに取り組んでいます。水の節約や省エネ、紙の再利用といった内容です。僕たちはこのISO活動に取り組んだばかりですが、できることから少しずつ環境保全の活動を進めていきたいと思います。今は少しずつの活動ですが、このような活動をこの先何年と続けていけば、きっと今以上にすばらしい水俣ができると思います。
 もう一つ、僕たちがしなければならないのは、水俣病について正しく理解し、それをたくさんの人に伝えることです。今までの学習の中で、患者さんたちへの差別などがたくさんあったことを知りました。これからは、水俣病を一つの教訓としていろいろなことに取り組んでいる水俣の市民として、僕たちも積極的に活動していきたいと思います。
 最後に、水俣病によって苦しみ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、今も頑張っておられる患者さんと一緒に、これからの水俣をよりよくするために努力することを誓い、祈りの言葉と致します。

平成12年5月1日
水俣市立久木野中学校 下鶴洋介


トップへ戻る
高校生代表 「祈りの言葉」
 満開の桜が私たちに笑顔をもたらし、美しく澄んだ川や海が子供たちの笑い声を一層はずませます。周りの緑なす山々は人々を心の底から和ませてくれます。私たちは今、そのようなすばらしい自然に囲まれた水俣の大地のもとに生きていること誇りに思っています。しかし、この地で公害の原点といわれる水俣病が起きたことを私たちは決して忘れません。多くの人々が体の自由を奪われ、さらには貴い命が奪われと、どれだけ多くの人が心の傷を負ったことでしょう。その時の涙は苦しさに堪えられぬ涙でもあり、悔し涙でもありました。あれから大きく変わり、そして、これからも変わろうとしている私たちの故郷水俣。しかし、水俣病における悲惨な犠牲の上に、今日の幸せがあることを忘れてはなりません。
 昨年行われた熊本未来国体のカヌー競技の会場になった水俣湾、そして、ソフトボール競技の会場と姿を変えた水俣湾埋立地では、多くの感動を生み大成功を納めました。来年は新世紀総体へ向けて活躍する予定です。
 また、地域の人々の環境問題に対する意識は高く、みんなで協力して取り組むゴミの分別活動などは日本一といわれています。そしてその他にも、来る21世紀を担う私たちができることはまだまだ沢山あります。水俣病の学習を通し、共感の輪を広め、これ以上このような悲惨な公害をおこしてはならないと発信することです。現に、今ブラジルや中国などで水俣病と同じ公害が起こっています。水俣病と向き合ってきた私たちだからこそできることは沢山あるのではないでしょうか。
 これからの水俣が、そして世界が素晴らしい自然の命と人々の笑顔を生み出す環境を手に入れることが犠牲になられた方々へのせめてもの報いだと思います。
 最後に、犠牲になられた方々へのご冥福をお祈りし、祈りの言葉と致します。

平成12年5月1日
熊本県立水俣高等学校 田口悦子


トップへ戻る