施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成9年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉


水俣市長 式辞
 本日、ここに水俣病犠牲者慰霊式を挙行するにあたり、水俣病の犠牲者となられ、尊い生命を失われた御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。
 水俣病は、我が国の高度経済成長期に起きた最も悲惨で大きな公害であります。
 住民の中に、社会的に疎外されながら生命を奪われ、病に苦しみ、漁業など生業を失い、長い年月にわたり悶々の日々を送られた多くの人達があることに思いをきたすとき、激しく胸の痛みを覚えます。
 また水俣病の発生は、地域社会にも経済的衰退をもたらし、住民の心の絆を寸断するなど、公害病だけに止まらず、重度の社会病をも併発し、息詰まるような暗い雰囲気が市民生活を覆い続けてきたのであります。
 一昨年、被害者の皆さんが、無念さを涙だとともに呑み込んで決断されたことにより、永年にわたって如何なる努力によっても解決することができなかった難関をのり越え、未認定患者の救済に道を開き得たことは大きな喜びであります。
 関係者の皆様の血のにじむようなご努力に衷心より感謝いたします。
 しかし水俣病問題は複雑多岐にわたっており、未認定患者の救済がなされたとは申しましてもまだ幾多の幾多の重い後遺症を残しております。
 胎児性や高齢化していく患者の健康管理や福祉的支援をどう進めるか。
被害者の受けた深い心の傷をどう癒すか。
 心の社会の安定をどう図るか。
 地域の経済の再生振興にどう取り組むか。
 など数多くの後遺症の治療回復は、私たちに与えられた今後の大きな課題であります。
 幸い、健康管理や福祉の充実、市民の心の絆の再生のためのもやい直しセンターや、経済的浮揚を図る産業団地の建設など水俣再生への力強い取り組みも始まりました。水俣ならではの医療、福祉、保健の連携したシステムづくりにも挑戦いたします。
 市民の森づくり、桜の植樹運動、火の祭りなど住民参加の環境創造の事業も弾みがついてまいりました。
 西暦二千年には、環境自治体会議を水俣市で開催いたします。また、水銀に関する国際会議を水俣市で開催されるよう、本日、石井環境庁長官と福島県知事にご要望申し上げました。
 水俣病の経験と教訓を基に、地球環境を守るために貢献できる環境学習研究都市づくりをすすめることは水俣市の悲願であります。環境センター、国立水俣病総合研究センターと連携し、国、県のご支援を求め、実現に努力してまいります。
 今、水俣市は戦後初めて平穏な日々を迎えることができました。
 反目の時代から協調へ、相手を否定する時代から肯定へ、水俣はもうだめだという諦めから将来に明るい希望を抱く時代へと、歴史的な変革の時を迎えています。私たちは、このような時代認識に立ち、住民と行政が手を携えて新しい郷土の建設に取り組んでまいります。
 水俣の素晴らしい将来展望を開くことが、とりもなおさず水俣病犠牲者の最大の供養であると思っています。
 本年は、この式典を水俣病犠牲者の鎮魂と御霊の聖地として建設された水俣メモリアルで開催でき、まさに名実ともに真の慰霊の式典となり、意義深いものを感じております。
 その上、水俣病患者、そして公務ご多忙にもかかわらず石井環境庁長官、福島県知事を初め、ご来賓の方々のご参列を賜り、市民の皆さんとともに、犠牲者の御冥福を共にお祈りできましたことを心から感謝申し上げます。
 最後に、水俣病犠牲者のご冥福とご遺族の方々のご清福を重ねてお祈り申し上げ、式辞といたします。

  平成9年5月1日 
                   水俣市長 吉井正澄
 

トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」
 水俣病公式発見から41年目をむかえるに当たって、あなた方は、どのような心境でおいででしょうか。 
四十年間にも及んだ紛争にさぞかし、もどかしく、腹立たしい思いをされていたことでしょう。
このことは生きている私たちにとっても辛く悲しい日々でした。差別、嫉妬、嘆きなどの暗く冷たい感情が町全体をおおいちょっとした刺激によりそれぞれの思いが噴出していました。
解決までの道のりがあまりにも長く、事態の収拾のしようもないまま、あいまいな決着をみました。
いったん公害を引き起こした人間の愚かさ、無力さを感じずにはいられません。それだからこそ、水俣病は終わったと自分をあざむき、口をつぐみ、記憶を片隅にとじ込め、これまでと同じ歩みを繰り返すことは許しがたいことだと思います。
私達はあなた方の尊い生命から地球の苦しみ嘆きの声を聴きました。
子供の頃、何の疑いもなく、永遠に続くものと信じていた、水や空気も死にたえることを気付かさせて戴きました。
あなた方の生命は地球と結ばれていたのです。
何と雄大な生命でしょう。私達はあなた方を尊び誇りに思います。
これからはこのことをひとつずつ顕彰していくことが生かされている私達の使命だと思います。
現在の世界各国、日本の各地の状況を見るにつけ「水俣病の教訓とは」と、考えさせられ、恥ずかしい思いがしてなりません。これから先は、学んだこと感じたことをどれだけ実行できるかだと思っています。どうか、最後まで見守り続けて下さい。
そして安らかにお眠りください。

 平成9年5月1日   
                開田 理巳子


トップへ戻る
環境庁長官 「祈りの言葉」
 慰霊式に臨み、まずはじめに、水俣病によりかけがえのない生命を失われた方々に対して、心から衷心の意を表します。
 水俣病問題については、一昨年、地元の諸先生をはじめ多くのご努力をいただきながら、最終解決策がとりまとめられました。水俣病の公式発見以来四十年の長きにわたって大変な御苦労をされ、重い歴史を背負いながらも苦渋の決断をされた各団体の方々や、関係者の方々に、改めて心からの敬意を表したいと思います。
この最終・全面的解決により、水俣病の救済をめぐる問題については、一つの節目を迎えることができました。今後は、これを契機として、地元の方々がともに手を取り合って、心豊かに暮らすことができる地域社会を築きあげていくこと、すなわち地域の「もやい直し」の活動が大変重要であります。
 損なわれた地域の絆を回復するには、まず、患者の方々や、市民の方々が互いに、自由に語り合うことができる場所づくりが必要であります。
 環境庁としても、熊本県と協力して「もやい直しセンター」の整備などの支援をさせていただいております。この「もやい直しセンター」は、芦北町では既に開所しており、水俣市でも近く完成の運びと聞いております。このセンターが、水俣病関係者の方々だけでなく、地域住民の方々を中心に多くの人に利用され、多様な交流を促進し、個々人の心の絆が結ばれていく、そういった施設として地域に根付いていくことを期待しておりますし、地元の方々にもそう要望したいと考えております。
 また、水俣病は、経済的豊かさの追求と豊かな環境の保全の関係においても、公害の原点とも言うべき事件でありました。本来、人々を豊かにするはずの企業の経済活動が、自然の恵み豊かなこの地の環境を破壊し、地域社会に水俣病という手痛いしっぺ返しとして戻ってきたのであります。環境への配慮を欠いた経済活動がもたらした災い、また、その
災厄に直面して生じた地域社会の混乱、亀裂を、この地は経験しました。
 現在、世界には、この地で起きたのと同じような公害の危険にさらされている地域があります。そのような現実を前にして、私たちは、地球上のいかなる場所においても水俣病のような悲惨な公害が繰り返されることを見過ごすことは出来ません。
 昨年の11月には、地元の皆さんとともに、環境汚染に悩むインドネシアでセミナーを開催いたしました。
また、「国立水俣病研究センター」を、従来からの医学的研究に加え社会科学研究や自然科学研究も含めた水俣病の総合的な研究を行う「国立水俣病総合研究センター」として、昨年、新しい出発をいたしました。今年度には、国際共同研究の拠点となる「国際研究協力棟」が整備されます。私は、ここ水俣の地にあるセンターを拠点として、地元の皆さんとともに、水俣病が我々に与えてくれた尊い教訓を整理し、また、それを世界に向けて発信し、環境分野での国際的な貢献を行って参りたいと考えております。
チッソも、地域社会の一員として、また、水俣病問題に対する責任を引き続き果たしていくためにも、懸命の努力をして企業活動を継続していただかなければなりません。そして、その持っている技術力を活用して、水俣を環境保全型都市に変えていく上で大きな役割を果たされることを期待しております。
人は独りでは生きていくことはできません。本日、この場にお集まりの団体の皆様方、チッソ、国・県・市、そして地域住民の方々、皆が協力して、支えあっていくことが、これからの新しい地域づくりの基本であります。私どもも、できる限りの協力をしていきたいと考えております。
最後に、改めて、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
  
 平成9年5月1日
             国務大臣 環境庁長官 石井道子 
 

トップへ戻る
熊本県知事 「祈りの言葉」
 本日、水俣病犠牲者慰霊式が、御遺族、患者の皆様をはじめ、多くの市民の皆様、また、環境庁長官をはじめ、関係各位のご臨席をいただき、厳粛に執り行われるに当たり、祈りの言葉を申し上げます。
 まず、水俣病により亡くなられた方々に対し、謹んで哀悼の意を表するとともに、その御家族、御親戚の皆様方、また、今なお水俣病に苦しんでおられる方々に対しましても、心からお慰めの言葉を申し上げます.
 四十数年前、この地で発生しました水俣病は、地域の方々の健康を損なったばかりでなく、地域社会全体にも様々な不幸をもたらしました。
その苦しみ、悲しみの中で筆舌に尽くし難い人生に耐え忍んでこられた方々のことを思いますと、深い痛惜の念でいっぱいであります。
 水俣病の発生以来、県といたしましては、患者の方々への補償・救済や水俣湾公害防止事業、さらには水俣・芦北地域の再生を目指した様々な事業等、国や地元水俣市などとともに、精一杯取り組んで参りました。水俣病公式確認から40年目に当たる昨年、関係者の皆様の英知を集めることで、水俣病問題の解決に向け、大きな前進がはかられたことは、これまでの年月を思い返しますとき、感慨無量の気持ちであります。
 また、これらの解決策に対しまして、必ずしも十分満足のいくものと受け取っていただけないかもしれませんが、地域の発展のため、早期全面解決に大乗的見地から御理解をいただいたことに、深く敬意を表するものであります。
 近年、患者の方々を含めた市民相互交流活動がはじまっております中、本年4月に地域のコミュニケーションの場として芦北町もやい直しセンターがオープンし、さらに、水俣市においても二つのもやい直しセンターが建築中で、年内には竣工予定であります。こうした整備と相まって、水俣病問題への解決への取組みは、もやい直しを中心に本格化する時期にあり、公害の原点と言われるこの水俣で、地域の方々が、等しく、水俣病犠牲者に祈り、水俣病の教訓を生かした地域づくりを実現していくことが、水俣の目指す道ではないかと考えます。
 それは、水俣病という大きな犠牲によって得られた経験を謙虚に受けとめ、患者の皆様の生きがいづくりや豊かな自然環境を生かした地域社会の再生・振興に向けて地域が一体となって取り組んでいくことであります。さらに、地球的規模での環境保全に向けても、これまで歩んできた歴史や経験をベースとし、環境情報発信基地としての機能を充実させ、深刻になりつつある環境問題に対して地域からの視点で警鐘を鳴らしていくといった役割を果たしていくことであり、県としても、できる限りの支援を行って参ります。
 ここに、重ねて水俣病により亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げます。
  平成9年5月1日 
                   熊本県知事  福 島 譲 二
 

トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者慰霊式にあたり、御霊のやすらかなることを謹んでお祈り申し上げます。
 当社は、創業以来、永年にわたり地域の皆様に支えられ、地域の皆様とともに歩んでまいりました。しかるにこの間、当社の工場排水に起因して水俣病を引き起こし、このため、多くの方々が犠牲となられましたことは、真に痛恨の極みであります。
 私どもは、この経験を心に刻み、再びこのような公害問題を起こさないよう、固く心に誓い、課せられた責務を完遂してまいる所存であります。
 公式発見から四十年余りの今日、多くの関係の皆様の多大なご尽力により、紛争の全面解決の道が開かれますとともに、新しい未来に向かって「環境創造」と「心のもやい直し」が全市を挙げて進められております。当社も微力ではありますが、これらの活動に積極的に参加して参る所存であります。
 当社を取り巻く情勢は、ますます厳しさを増しておりますが、水俣本部の拡充強化などによる収益力強化に努力し、事業を通して地域の発展のお役に立っていくことが、当社に課せられた責務と考えております。
 そして、このことが、犠牲となられました方々の鎮魂のため、また、地元をはじめ、国、熊本県などご関係の皆様からの暖かいご支援にお応えする最善の道であると信じております。
 これらのことを固く肝に銘じて、日々一層の努力を重ねますことを、ここにお誓いして祈りの言葉といたします。

  平成9年5月1日
              チッソ株式会社常務取締役水俣本部長 寺園成信
 

トップへ戻る
中学生代表 「祈りの言葉」
 僕たちの住む、この水俣は、きれいな川、山、そして海に囲まれた自然のあふれる街です。
 しかし、水俣は、水俣病の発生地でもあります。
 このような悲惨な公害は二度とくりかえしてはなりません。また、この悲しい経験を乗り越えていかなければなりません。
 これから、僕たちが取り組んでいかなければならないことは、まず、水俣病のことを正しく多くの人に知ってもらうことだと思いますし、水俣病の真実を語り継いでいくことだと思います。そして、水俣病を教訓として身の回りの環境問題についても考えなければなりません。僕たちの身の回りには、空き缶やタバコの吸い殻など、数々のゴミが散らばっています。僕たちの環境問題に対する意識を高めていくことで、水俣を住み良いすばらしい街にすることができます。
 僕たちの水俣第三中学校では、毎朝、水俣川や遊歩道を中心にボランティアで清掃活動を行っています。また、人とのつながりを大事にするため、あいさつ運動にも力をいれています。この小さな努力が、大きな力となり、自然あふれるきれいな水俣の街に、そして、少しでも水俣病問題の解決に役立てればと願っています。
 最後に、水俣病によって尊い命を失われた方々のご冥福と、病に苦しんでおられる患者さんの一日も早い回復を心からお祈りし、美しい水俣にしていくことをお誓いして、祈りの言葉といたします。

 平成9年5月1日
               水俣市立水俣第三中学校 森英樹


トップへ戻る
高校生代表 「祈りの言葉」
 私は、美しい海と緑に囲まれた水俣が好きです。
 戦後、日本の産業活動が盛んだった頃、その陰に隠れて、さまざまな公害が起きました。その公害の中の原点と言われる水俣病。実際には、世界には、たくさんの公害があると思います。発展の裏には、たくさんの問題があり、今でもこの世界のどこかで公害が起きています。
 私は、中学時代までは公害に対する関心をあまり持っていませんでしたが、地域でのボランティア活動をする中で「これではいけない。もっと水俣病のことを知ろう。」と思うようになりました。外国の人達が水俣市へワークキャンプへ来られた時、私もその方々と交流することができましたので、なぜ水俣へ来ようと思ったのか尋ねてみました。すると「私の国にも水俣病と同じような公害があるので、その原点である水俣市を知ろうと思ったからです。」と言われました。これを聞き、また、体で感じたことで、他国の人でさえ興味を持ち考えようとしているのに、私は地元に住んでいながら、知ろうとさえしなかった自分を見直すことができました。このことを契機として水俣病資料館へ行き、あやふやだった水俣病への知識を正確に知り、患者さんとの交流をとおして水俣病への思い、苦しみ、悲しみ、そして体だけでない精神的な深い傷を知ることができました。
 過去ではない、今も、そしてこれからも、この水俣の人々は水俣病と向き合っていくことでしょう。きっと向き合い方もいろいろあると思いますが、地域の人、一人ひとりの思いが水俣から世界へ向かって、大きな声をあげて行かなければならない使命があると思います。もう二度とこのようなことが起きないように、起こさないように、そして人が人を傷つけ合うことがないように願っています。
 私は今以上に、地球の海や緑を美しくしたいから、知ろうと思います。この水俣を、、、。
 平成9年5月1日
             熊本県立水俣工業高等学校 建築科3年 西平益絵
 

トップへ戻る
実行委員長 「祈りの言葉」
 水俣病の公式発見以来41年目を迎えました。世界に類例のない環境破壊によって発生した水俣病によって犠牲となられた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。
 犠牲になられた方々の無念の想い、苦しい生活強いられているご遺族のお気持を拝察いたしますとき痛恨の思いがいたします。今もなお、病に苦しんでおられる方々、介護にあたっているご家族に対し衷心よりお見舞い申し上げます。
 41年という永い時が経過した今、水俣病被害者の救済がなされました。しかしながら、いわれのない偏見や中傷、差別を受け、いうにいわれぬ苦悩を重ねてきた患者の傷ついた心を癒し、人間の誇り、尊厳を回復していくことが今後私たち課せられた大きな課題であります。
 水俣市では、水俣病問題に正面から取り組み、共存・共生し、水俣を再生していく動きが、市民の会をはじめ市執行部、市議会、市民が一丸となり、国・県のご支援を得へ進められています。水俣病の体験を貴重な教訓とする地域づくりが進められています。
 私たちは、あなた方の尊い犠牲が決して無駄にならないよう、また、水俣病の悲劇が二度と繰り返されないよう国の内外に訴え続けてまいります。どうか安らかにお眠りください。
 ここに、犠牲者のご冥福をお祈りし、併せてご遺族の皆様方のご清福を衷心より祈念いたしまして、祈りのことばとします。

 平成9年5月1日
       水俣病犠牲者慰霊式実行委員会委員長 萩嶺唯信   


トップへ戻る