施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成8年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉

水俣市長 式辞
 本日ここに水俣病犠牲者慰霊式を挙行するにあたり、水俣病の発生により犠牲となられ、尊い生命を失われた御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。
 約40年前に発生した水俣病事件は、余りにも悲惨であります。
 悶え苦しみながら命を絶った人。健康を奪われ、いまなお不運の人生を送っている人。誹謗中傷、差別によって家庭の平和を侵された人。家業を失った人。そして不信、反目、葛藤が渦巻く疲弊した地域で明るさと希望と自信を喪失した住民。まさに現世の地獄絵でありました。
 そして今、ようやく長い混迷を抜け、未認定患者の全てを救済し、新しい水俣を再生しようとする時を迎えております。
 昨年12月15日、当時の村山内閣において水俣病問題の最終解決策が決定されました。
 これまで、解決できなかった困難な厳しい課題を克服され、政治的な決断をなされた与党三党と国、県の関係者、並びに、これまで長年にわたり水俣病問題解決に、ご尽力を賜った方々に、深甚の敬意と感謝を申し上げます。
 現在、救済の具体的な取り組みが進められておりますが、被害者にとっては苦渋の選択と表現されております。
 人の生命や健康は金銭で償うことができるものではありません。不平不満、そして無念さは永く残るものであります。それを補うものがあるとすれば、それは人間としての尊厳と誇りが保証されることであり、心の安らぎであり、地域社会の温もりであると思います。
 もしまた、偽患者発言などがあるとすれば、今回の最終の救済はその意義を失い、これまで、解決のために尽力してきた人々の誠意を裏切ることになります。周囲がみんなで、その救済を喜んであげたいものであります。
 水俣病患者や今回救済された人たちも、これからは水俣病患者の意識をなくし、自ら壁をつくることなく、市民の一人として、子孫に明るい郷土を残そうという水俣再生に積極的に参加し、ともに汗を流してもらいたいと思います。
 市民の心が一つに融和するとき、いわゆる、もやいの確かな内面社会が生まれたとき、私どもが長い間、背負い続けてきた重いマイナスの遺産を、プラスの資産への価値転換ができるものと信じています。
 私ども水俣市は新しい総合計画を策定しました。
 それは水俣病の貴重な経験と教訓を基にして、このような悲惨な公害を、人類は再び繰り返してはならないと警鐘を鳴らしながら、水俣市民は環境を大切にし、自然環境と共生できる産業と住民の生活信条を創造しようという理念をもつものであります。
 また公害がもたらした社会的、経済的、精神的な荒廃と過去の確執を乗り越えて、小さいけれどもキラリと光る環境都市を実現しようという、壮大な目的への挑戦であります。
 長い間の混迷と疲弊は、第二世代や第三世代に郷土の魅力と誇りをも失わせてしまいました。これらの世代の救済がこれからの最大の課題と考えます。それは、とりもなおさず明るい将来展望を持つ地域の再生振興であります。
 そして患者も若者もすべての市民がどこでも、いつでも誰にでも、水俣市民であることを声高らかに言える自身と誇りが回復できたとき、水俣病問題は最終の解決を果たしたことになると思っています。
 国、県の更なる温かいご指導と、力強いご支援をお願いするものであります。
 今回の最終解決での救済は、メチル水銀を排出したチッソ株式会社の社会的責務であると位置づけられております。
 これと同様に、戦後わが国の経済成長は目覚しく、これまで国民はその経済的豊かさを謳歌してまいりましたが、その豊かさをもたらした近代文明の影の部分で、40年にわたって踏みつけられたまま悶えてきた、小さな地域のあることを改めて認識され、水俣が、将来各地に起こりうる災厄を防止するための、高邁な使命を担うことのできる、国際的な公害の聖地として整備されることは国の責務であると水俣市民は考えているのであります。
 水俣病公式発見から40年目を迎え、未認定患者の最終救済が進み、明るい兆しがあらわれようとしているこの時にあたり、岩垂環境庁長官を迎え、福島熊本県知事、大島前環境庁長官、関係国会議員をはじめ、水俣病問題の解決のためにご尽力いただいた関係者、そして多くの市民の参加を賜り、犠牲者のご冥福を祈ることができましたことは、水俣とその周辺地域の新たな歴史の始まりを意味するものであります。
 水俣病患者を中心に、水俣病問題にかかわりをもつ人々の、温かい思いが一点に集中した今日の慰霊式の意味を、私とも水俣市民はしっかりと受けとめ地域の再生振興に励むことをここに誓うものであります。
 最後に重ねて水俣病犠牲者のご冥福と、ご遺族のご清福をお祈り申し上げ式辞といたします. 

  平成8年5月1日
                  水俣市長 吉井 正澄
 

トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」
 鎮魂のことば
 ふりかえってみますと、その予兆からすれば、優に半世紀になんとなります。そして、昭和31年5月1日、可視の水俣奇病、月浦病、ハイカラ病、ヨイヨイ病としてこの世に表れたのでした。
 激烈、苛烈、猛り狂う様は、とてもこの世の人間の図ではありませんでした。この形相は、私ごときの筆舌では到底表現できることではありません。
 次々に無念の横死が続きました。その前に魚介類の異変は、犬猫の狂死につながり、飛べない鳥達の姿は時を経ずして我が同胞に及んだのです。
 いわゆる公式発見から10年、20年、30年、そして四十年の本日を迎えましたが、初期の可視状況の水俣病事件から、当然のこととして、不可視の水俣病事件へと推移致しました。
 この間の偏見と差別視、果てはニセ患者視とすべての負の状況として被害者に被いかぶさってきたのが現実でありました。
 私達は、今日まで、水俣病事件についての「正しい知識と情報」の収集と普遍化に努力してまいりました。これらのことは、とりもなおさず、生類の万死にいくらかでも報いることができるのではないかと思っております。
 日々の供養もさることながら、本日の公式発見四十年にして、歴史の一つの区切りを迎えました。
 ここに改めて「安らかにお眠りください。」と心からお祈りする次第です。
                                   合掌
  1996年5月1日
                 水俣病患者代表    川 本 輝 夫 


トップへ戻る
環境庁長官 「祈りの言葉」
 環境庁長官の岩垂寿喜男でございます。
 何よりもまず、水俣病という未曾有の公害によってかけがいのない命をなくされた方々に対し、心から哀悼の意を表したいと思います。
 政府は、昨年の12月15日、「水俣病問題の解決に当たっての内閣総理大臣談話」を閣議決定いたしました。その中で村山総理は、「苦しみと無念の思いの中で亡くなられた方々に哀悼の念を捧げますとともに、多年にわたり筆舌に尽くしがたい苦悩を強いてこられた多くの方々の癒しがたい心情を思うとき、誠に申し訳ないという気持ちで一杯であります」と述べられました。私も全く同じ気持ちであり、この思いをこの場ですべての犠牲の方々に直接お伝えしたいと思います。特に私自身は、長年にわたり環境委員会に所属し、公害問題に関わりながら、水俣病問題の解決に対してあまりにも非力であったことを反省し、お詫びしなくてはなりません。 
 今年は水俣病公式発見から40年になりますが、公式発見前にそれとは知ることなく亡くなられた方もおられたことでしょう。 これらの方を含め改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
 水俣病をめぐる救済問題は、認定患者については昭和48年に補償協定が締結されました。そして今回、地元の諸先生をはじめ大島前環境庁長官、福島熊本県知事など多くの方々のご努力をいただきながら、認定を受けられない方々についての最終解決策がとりまとめられました。これを、様々な思いはありながらも関係者の方々に受け入れていただきました。重い苦しい歴史を背負いながらもこの問題の決着を決断された各団体の方々や、関係者の方々に対して、改めて心からの敬意を表したいと思います。
 こうして、救済問題は、40年を経て、ようやく最終的かつ全面的解決が図られるに至りました。
 これから私たちがなさなくてはならないことは、まず第一に、水俣病問題が地域社会にもたらした広範かつ甚大な影響を克服し、ともに手を取り合って心豊かに暮らすことができる地域社会を築きあげることであります。
 私は、救済をめぐる紛争の解決が図られた今年、そして公式発見40年目に当たる今年を、新しい出発点として、そのような努力が進められることを願っております。
 幸いにも、この地においては、既に、地域住民の方々がともに手を取り合って地域の絆を結び直していこうという「もやい直し」の活動が行われています。また、環境に配慮した新しい町づくりの計画も進められております。国としても、現在、熊本県と協力して「もやい直しセンター」の整備などの支援をさせていただいております。
 水俣病の認定患者の方々も高齢化しており、また、胎児性患者のご両親もお子さんの将来のことを心配しておられます。これらの課題の解決には、言うまでもなく、日々生活をしておられる地元の方々の連帯の気持ちと熱意が大切であり、私どもも地元自治体と協力してそれを支えていきたいと考えております。
 もうひとつ大切なことは、このような悲惨な公害が将来にわたり二度と繰り返されることのないよう、水俣病から教訓を学び、それを活かしていく努力をすることであります。
 私は、本日の慰霊式に臨み、改めて、その思いを強くしております。
 水俣病は、戦後の壊滅した経済の復興を図り、経済的な発展の礎を築くことが重要であるという認識が、企業はもとより、政府・地方自治体そして国民においても一般的であった中で生じた公害の原点ともいうべき問題であります。
 現在、世界では、この地で起きたと同じような公害の危険にさらされている地域があります。私は、これらの国々に水俣病の経験を伝え、これを環境の保全に十分配慮した政策決定に役立てていただくよう、積極的に努力して参りたいと考えております。
 「国立水俣病研究センター」は、今年の7月には、従来からの医学研究に加え社会科学研究や自然科学研究も含めた水俣病の総合的な研究を行う「国立水俣病総合研究センター」として新しい出発をいたします。また、センターでは、明日竣工いたします。
 「リサーチ・リソース・バンク」に引き続いて、今年度「国際研究協力棟」の建設に着手したします。私は、この新しいセンターを拠点として、国際研究協力や水俣病の総合的な研究を通じて、劇甚な公害を体験したここ水俣の地から、地元の皆さんとともに世界に向けて公害克服のための情報を発信し、環境分野での国際的な貢献を行って参りたいと考えております。
 私は、地域の人々が心の結び付きを取り戻し、また、起こってしまった水俣病から教訓を学び活かしていくという事業に取り組んでいくことが、傷つき亡くなられた方々のお気持ちに応えることになると確信しつつ、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、私の誓いといたします。

  平成8年5月1日  
               国務大臣 環境庁長官  岩垂 寿喜男
 

トップへ戻る
熊本県知事 「祈りの言葉」
 本日、水俣病犠牲者慰霊式が、御遺族、患者の皆様をはじめ、多くの市民の皆様、関係各位のご臨席を得て、厳粛に執り行われるに当たり、熊本県を代表して、一言祈りの言葉を申し上げます。
 まず、水俣病により亡くなられた方々に対し、謹んで哀悼の意を表するとともに、その御家族、御親戚の皆様方や今なお水俣病に苦しんでおられる方々に対しましても、心からお慰めの言葉を申し上げます.
 不幸にしてこの地で発生した水俣病は、多くの方々の健康を損なったばかりでなく、地域社会全体にも様々な不幸を及ぼしました。
その苦しみの中で筆舌に尽くし難い人生に耐え忍んでこられた方々のことを思いますと、深い痛惜の念でいっぱいであります。特に、今年は水俣病が公式に確認されてから40年目に当たる節目の年であり、その思いはいっそう深いものがあります。
 水俣病の発生以来、県といたしましては、患者の方々への補償・救済や水俣湾公害防止事業、さらには水俣・芦北地域の再生を目指して様々な事業等、国や地元水俣市などとともに精一杯の努力を行って参りましたが、水俣病公式確認から40年目の年を目前に控えた昨年末、ようやく水俣病問題の解決策が決定されましたことは、これまでの年月を思い返しますとき、感慨無量の気持ちがいたします。
 また、今回の解決策がこれまで苦しんでこられた方々にとって、必ずしも十分満足のいくものと受け取ってはいただけないかもしれませんが、地域発展のためにも早期全面解決に  大乗的見地から御了解いただいた事に深く敬意を表するものであります。今後は、解決策に示されている県の役割を着実に遂行し、この問題が一日も早く解決され、地域の再生が図られるよう全力を尽くして参りたいと思います。
 近年、水俣病患者の方々をはじめ、市民の方々が水俣病やそれに起因する様々な問題について率直に語り合うようになってきておられますが、このことは、水俣病で多大な影響を受けた地域社会の再生にとって非常に大事なことであります。
 公害の原点と言われるこの水俣で、市民の皆様が、等しく、水俣病犠牲者に祈り、痛みを分かち合いながら、水俣病の教訓を生かした地域づくりを行っていただけたらと切に思います。
 水俣病問題の発生原因の解明がおくれ、被害が拡大し、患者救済が十分ではなかった等、百万言を費やしても県の対応についての皆様方の不満と怒りの気持ちをおさめていただく事は困難でありますが、この機会に改めて県行政の責任者として多くの方々に対し長年心身共に言いつくせぬ多大の御苦労御負担をおかけしたるに心から遺憾の意を表し最大限のお許しをいただきたいと存します。
 今後、県といたしましても、水俣病がもたらした様々な影響を深く認識し、大きな犠牲によって得られた経験を謙虚に受けとめ、患者の皆様の生きがいづくりや地域社会の再生・振興等、引き続き全力を挙げて取り組んで参りたいと考えております。また、当地域をノーモア水俣の原点として公害や環境問題についての国際的発信基地としての機能の充実を図って参りたい。
 ここに、重ねて水俣病により亡くなられた方々の御冥福を心からお祈りいたします。

  平成8年5月1日 
                   熊本県知事  福 島 譲 二
  

トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者慰霊式にあたり、御霊の安らかなることを謹んでお祈り申し上げます。
 当社は、明治41年水俣のこの地に創業して以来90年、地域の皆様に支えられ、地域の皆様とともに歩んで参りました。しかるに、この間、当社の工場排水に起因して水俣病を引き起こし、このため多くの方々が犠牲となられましたことは、まことに痛恨の極みであります。
 本年は、昭和31年の公式発見から多数の皆様方の並々ならぬご尽力と関係団体のご理解によって、永い間紛争状態にあった水俣病問題も全面解決への道が開かれました。
 関係の皆様に心から感謝申し上げますとともに、ここに改めて患者の方々をはじめ地域に居住する皆々様および広く社会全般に対して、深くお詫び申し上げます。
 私どもは、この経験を心に刻み、再びこのような公害問題をおこさないよう固く心に誓いますとともに、全社一丸となって水俣病補償責任を完遂すると共に、事業を通じ地域の発展のお役に立つことが当社に課せられた責務であると考えております。
 そして、このことが犠牲となられた方々の鎮魂のために、また、地元水俣市の皆様をはじめ、国、熊本県などご関係の皆様からのご支援にお応えするために最善の道であると信じております。
 これらのことを固く肝に銘じて日々一層の努力を重ねますことをここにお誓いして祈りの言葉といたします。

  平成8年5月1日
               チッソ株式会社  取締役社長 後藤 舜吉     
 
 

トップへ戻る
中学生代表 「祈りの言葉」
 「原因不明の患者が多発している」と、チッソ附属病院が水俣保健所に届け出た「水俣病公式確認」から、今日でちょうど40年になります。今、水俣病問題は大きな山を超え、一歩一歩解決への道を歩んでいます。確かに解決へ向かっていることは喜ばしいことですが、これまで多くの方々が亡くなり、今なお多数の方が苦しんでいることを思うと、純粋に喜ぶことはできません。この水俣の中で水俣病を教訓として今、僕達に何ができるのか、僕達がどのように生きていくべきなのか、これをしっかりと考えてみたいと思います。
 今、水俣に何が不足しているのか。考えてみると、やはり、環境に対する意識なのではないでしょうか。ごみの分別収集は全国的に誇れるぐらい進んでいます。また、それに対する住民の意識も高まっています。しかし、それはごみ収集のやり方に関してだけではないでしょうか。僕達の通学路を見ても、草むらの中にごみが散らばっています。悲しいことですが、体育大会の後など、やはり、たくさんのごみが捨てられています。これで、水俣のごみ問題に取り組んでいるといえるのでしょうか。分別のやり方がしっかり身についたからといって、美しい水俣ができるとは思いません。今、僕達に必要なのは、ごみを捨てないといった意識なのです。
 水俣を見てください。どんなに美しい町か。どんなに美しい自然が残っているか。
 僕達は、水俣病という公害が起こったこの水俣に生まれ、水俣でそだっています。公害が起こったこの地だからできることを、もう二度とこの地上に公害が起こらないように意識して活動することを考えていきたいと思います。僕達には、この美しい自然を美しい町をそのまま残し、よりいっそう美しい水俣にしていく義務があります。僕達にできることは、この環境を守っていく意識を作ることです。
 二中では、今年度から、環境についてもっと深く勉強していくことになりました。今、どのように取り組んでいくか模索中ですが、自分達でできることを生徒会が中心となってがんばってゆきたいと思います。先に述べたように分別のしかたを身につけるのではなく、ごみを捨てない意識を持つように成長していきたいと考えています。まず、僕達が水俣病のことをよく理解し、身のまわりのことから水俣の環境をよくする一歩を踏み出せたらと思います。
この小さな一歩が大きな道となり、より美しい水俣になればと考えます。
 水俣病により尊い命を失われた方々、遺族の方々の悲しみを思いつつ祈りの言葉と致します。

  平成8年5月1日 
                 水俣市立水俣第二中学校 嶋本 大輔
 

トップへ戻る
高校生代表 「祈りの言葉」
 私たちが住む水俣には、美しく、すばらしい自然が
 たくさんあります。
 きれいな水、川、春になると一斉に花を開く桜、水俣を囲む山々、
 そして海。水俣はずっと前からこのようなすばらしい自然と共存してきました。
 ところが、水俣病という公害が発生し、自然が破壊されてしまいました。
 そして多くの方の命が奪われ、体の自由を失った方も少なくありません。
 今、水俣は大きく変わろうとしています。水俣湾もこの埋立地に姿を変え、
 以前の恋路島のように、市民の憩いの場となっています。
 そして、この変わろうとしている水俣の大きな原動力となるのが、
 21世紀を生きる私たち若者ではないでしょうか。私たちは以前からある
 水俣の自然と、これからの自然を次の世代へと伝える義務があります。
 失われた生命は還ってきません。そして、体の自由も取り戻せません。
 しかし、昔の水俣の、あの素晴らしく美しかった自然は取り戻すことができます。
 私たち若者が力を合わせ、また以前の美しい水俣を作り上げることが
 犠牲になられた方々へのせめてもの贈り物になると確信しています。
 犠牲になられた多くの方々のご冥福お祈りし、美しい水俣にしていくことを
 ここに誓います。

(詩) 今も昔も空の青さに変わりはなく   
    今も昔も海の青さに変わりはなく
    今も昔も山の緑(あお)さに変わりはなく
    今も昔も命の輝きに変わりはなく
    この変わりなき宝を
    この変わりなき命を
    現在にそして未来にわたり
    守りつづけよう 
   
  平成8年5月1日
                   熊本県立水俣高等学校3年 長迫 由紀子
 

トップへ戻る
実行委員長 「祈りの言葉」
 水俣病の公式発見以来40年を迎え、水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、水俣病の発生によって犠牲となられた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。
 本日は、ご多忙の中にもかかわりませず、ご遺族や患者団体の方々、環境庁長官、国会議員の皆様、熊本県知事、関係市町の皆様方並びに市民多数のご臨席を賜りましたことに厚くお礼を申し上げます。
 世界中に類例をみないと言われる環境破壊によって発生した水俣病により、多くの人たちが犠牲になりました。犠牲になられた方々の無念の思い、苦しい生活を強いられたご遺族のお気持ちを拝察いたしますとき、痛恨の情が胸に迫ります。
また、今もなお病に苦しんでおられる方々、介護に当たっておられるご家族に対し衷心よりお見舞い申し上げます。
 水俣病の発生後40年が経過した今、ようやくこれまで救済されていなかった人たちの救済が始まりました。今回の解決策の受け入れが患者にとっては苦渋の決断でありましたことを拝察いたしますとともに、これまでの余りにも長い時の経過を悔まずにはいられません。
しかしながら、水俣病問題は、金銭的補償だけで解決できるものではありません。いわれのない偏見や中傷、差別を受け、言うに言われぬ苦悩を重ねてこられた患者の傷ついた心を癒し、人間の誇りと尊厳を回復していくことが、今後私達に課せられた大きな課題であります。
 水俣市では、市民の会を初め市執行部、市議会、市民が一丸となり、国・県のご支援を得て、水俣病患者とともに生きながら、地域を再生・振興していく努力が続けられ、水俣病の体験を貴重な教訓とする地域づくりが進められています。
 私たちは、あなた方の尊い犠牲を決してむだにはいたしません。水俣病の悲劇が二度と繰り返されないよう国の内外に訴え続けてまいります。
 どうか安らかにお眠りください。
 ここに、犠牲者のご冥福をお祈りし、あわせてご遺族の皆様方のご清福を衷心より祈念いたしまして、祈りの言葉といたします。

  平成8年5月1日
            水俣病犠牲者慰霊式実行委員会  委員長 萩嶺 唯信
 

トップへ戻る