施設案内

開館時間
午前9時~午後5時まで
入館無料、駐車場無料

休館日
月曜日
(月曜が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/3)
駐車場
乗用車270台
大型バス15台
(案内はこちら)

※障がい者・高齢者用の駐車場については、事前にご相談ください。

所在地
〒867-0055
熊本県水俣市明神町53番地

TEL
0966-62-2621
FAX
0966-62-2271


※資料館HPに掲載されている写真等について、無断で刊行物、WEB上に掲載することを固くご遠慮申し上げます。


水俣病犠牲者慰霊式

平成5年度水俣病犠牲者慰霊式 式辞・祈りの言葉


水俣市長 式辞
 平成五年度「水俣病犠牲者慰霊式」を挙行するにあたり、水俣病の発生によって犠牲となり、尊い生命を失われた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。
本日は、大変ご繁忙の中にも拘わりませず、ご遺族や患者団体の方々、環境庁、国会議員の諸先生、松村敏人熊本県副知事、高田昭二郎熊本県議会議長をはじめ、関係市町の皆様方並びに市民多数のご臨席を賜り、誠にありがたく厚くお礼を申し上げる次第であります。
 世界に類例を見ないといわれる水俣病は、人間の生命や健康はもとより、地域社会全般にわたって、深刻な影響をもたらし、市民は筆舌に尽し難い苦悩を味わってまいりました。
 この間、水俣病の犠牲となり亡くなられた方々の無念を思い、又、一家の働き手を失い、愛しい肉親に先立たれた遺族の悲しみ、いわれのない差別や偏見などあらゆる苦難に耐え忍びながら、今日まで過ごして来られた関係者の皆様方のご心情をお察し申し上げるとき、断腸の思いを禁じ得ないものがあります。
 水俣病の発生以来、国、けんにおかれましては、認定業務の促進、補償・救済、更には「水俣病総合対策事業」の実施や、地域の再生・振興のため、水俣湾公害防止事業の実施、水俣湾埋立地の整備事業の推進などについて、格別のご高配とご尽力を賜っており、また、チッソ㈱におかれましても可能な限りの努力を払っておられますが、未だに水俣病問題は地域の最重要課題であり、早期・全面解決が地元の悲願であります。
 このような状況の中で、熊本県のご支援を得ながら「環境創造みなまた推進事業」に取り組み、水俣病問題等について語り合い、相互の理解を深めるため、「意見交換会」や、「市民の集い」などを開き、昨年十一月には、「環境創造・みなまた 92」などを開催しました。
 その一つのイベントとして障害者と健常者がふれあう「水俣こころフェスティバル」が開かれ、相互のふれあいや理解を深め、また、水俣病の教訓を後世に伝える「水俣病資料館」も本年一月開館したところであります。
こうした中で、水俣病問題の解決なくしては水俣の再生振興はあり得ないという多くの市民の方々の気持の高まりから、本年二月、「水俣病問題の早期・全面解決と地域の再生・振興を推進する市民の会」が結成されました。そして、二万五千人余の署名が集められ、三月には市民大会を、更に又、三月二十二・二十三の両日、環境庁をはじめ、関係省庁に市民の会の代表の方々と共に陳情を行ったところであります。
 本日、五月一日を迎え、三十七年前に思いを致し、改めて水俣病がもたらした影響を深く認識し、大きな犠牲によって得た尊い水俣病の教訓を活かしながら、患者救済問題をはじめ、地域社会の再生・振興を図るため、「市民の会」を中心に市民一体となって、水俣病問題の早期・全面解決のため全力を傾注してまいることをお誓いいたします。
 また、このことが、犠牲となられた方々に報いる道であり、最大の供養になると信じております。
 最後に、犠牲者の方々のご冥福を心からお祈りし、併せてご遺族の方々のご清福を衷心より祈念申し上げまして、式辞といたします。

  平成五年五月一日
            水俣市長 岡田稔久
 

トップへ戻る
水俣病患者・遺族代表 「祈りの言葉」
 水俣病患者とその遺族を代表し、水俣病犠牲者の御霊(みたま)に安らかに眠りあれと祈りを捧げます。心安らかにお眠りください。
親や兄弟に、妻や夫それに子供たちを水俣病で亡くした私たちは今もその頃のことを昨日のことのようにありありと思い出します。
 逝く者、残された者、共に苦しみ抜いてこんなことがあるものか、という思いは、私達の心の奥深く刻み込まれています。
 水俣病は海を襲い、魚や鳥 猫を襲いました。そして私たちを襲いました。それだけでなくいわれなき仕打ちは心の傷となって残り、古き良き水俣とその暮らしを一変させてしまいました。
 振り返ってみると、あの時にこうすればよかったという思いが心に残り、今も悔やまれてなりません。
 あなた方の死は決して無駄にはしません。今わたしたちはあなた方が自分の体を引き換えにして教えてくれたことを、身体を痙攣させ、声にならない声の叫びを、後々の世まで伝えていきたいと決意しております。
 水俣病の発生が公式に確認されて以来、三十七年、公害病に認定されてから二十有余年、今日まで苦難の三十七年の月日がたっているにもかかわらず、まだ全面解決が困難な状態では犠牲になられた御霊が浮かばれません。
 地域にすむ者の営みを破壊し、人の命と健康を引き換えにしてまで企業の活動は成り立つものではないことを、私たちは強く訴えます。このようなことは決して二度とあってはならないものです。
 いろいろと悔やまれてなりませんが、今過去の過ちを反省し、これからの水俣への教訓にしていこうという市民の会などの動きが出てまいりました。水俣病で亡くなられた尊い命、わたしたちの替わりに犠牲となられたあなた方の死が、決して無駄でなかったといえるよう、これからの水俣への教訓となっていくことを確信し、ここに参列している多くの方々と共にあなた方の叫びが全ての市民に届くようお祈りします。
 わたしたち患者や遺族は、身体(からだ)を犠牲にして訴えられた思いを後々まで伝え続け、世界に類のない水俣病の悲劇を人類が二度と繰り返さないことを訴え、御霊に捧げる言葉といたします。
 どうぞ安らかにお眠りください

 平成五年五月一日
           水俣病患者遺族代表 石田勝


トップへ戻る
熊本県知事 「祈りの言葉」
 本日 ここ水俣湾埋立地に水俣病により亡くなられた方々の御遺族 患者の皆様をはじめ多くの市民の皆様 関係各位の御臨席を得て 慰霊式が挙行されるにあたり 熊本県を代表して 一言 祈りの言葉を申し上げます。
 水俣病により亡くなられた方々に対し 謹んで哀悼の意を表します。また そのご家族 ご親戚の皆様方や今なお水俣病に苦しんでおられる方々にたいしましても 心からお慰め申し上げます。
 不幸にしてこの地で発生した水俣病は 人間の生命や健康はもとより 色々な苦悩を地域社会全体にもたらしており 市民の皆様それぞれが 言葉にあらわせないような体験をされて来ているものと推察申し上げますが このようなことに想いをいたしますとき 深い悲しみの情を禁ずることができません。
 水俣病の発生以来 県といたしましては 患者の方々への補償・救済や水俣湾公害防止事業そして 水俣湾埋立地の整備事業など水俣再生のために 国や地元水俣市などとともに精一杯の努力を行って参りましたが 今なお水俣病問題の解決を見ていないことは 大変残念であり 一日も早くこの問題の解決を図る責任を心から感じております。
ここ一年余の間 水俣病問題の和解協議が進展する一方 地元では「市民の集い」や「環境創造みなまた九二」などが開かれ 障害者と健常者のふれあいや市民相互の理解が進み また 水俣病の教訓を伝える「水俣病資料館」が完成するなど様々な動きがありました。
 更に 昨年十一月の「水俣国際会議」で「三十数年たってやっと市民の前で話せるようになった 美しい水俣を取り戻すため 一緒にやろうでは ありませんか」という患者さんの発言がありましたが 今こそ市民の皆様が心をあわせて 水俣病問題に取り組む必要があるものと考えます。
 そうした中で 本年二月に 立場や主張の違いを乗り越えて水俣病問題の解決等に取り組もうとする「水俣病問題の早期・全面解決と地域の再生・振興を推進する市民の会」が結成されたことは 水俣病問題の早期解決を願う皆様の大きな声の現れと受け止めております。
 公害の原点とも言うべき この水俣の地で 公害の克服と 環境の再生に向けて市民自らの真摯な取り組みがなされていくことは 世界各地の公害で苦しむ人々に勇気を与えるもとと確信しております。
 県といたしましては 水俣病がもたらした いろいろな影響を深く認識し かつ 大きな犠牲によって得られた経験を謙虚に踏まえて なお残されている患者救済問題をはじめ患者さんの生きがいや 地域社会の再生など水俣病問題が早期に解決できますよう 引き続き全力を挙げて取り組んで参りたいと思います。
 また これらのことが 犠牲となられた方々に報いる道であると信じております。
ここに 重ねて水俣病により亡くなられた方々の ご冥福を心から祈念しつつ 私の祈りの言葉といたします。

  平成五年五月一日
            熊本県知事 福島譲二
 

トップへ戻る
チッソ株式会社代表 「祈りの言葉」
 本日、ここに水俣病犠牲者慰霊式が行なわれるにあたり、謹んで御霊の安らかんことをお祈り申し上げます。
顧みますれば、当社は八十有余年前この水俣の地に創業し、以来一貫してこの地を基盤として事業を進め、地域の皆様方に支えられ、地域とともに歩み続けてまいりました。
 当社の今日あるのは偏に皆様方のお陰であると言っても過言ではありません。
しかるに、まことに申し訳ないことであり、残念なことでありますが、当社の過失によって水俣病を発生させ、地域の皆様方に多大のご迷惑をお掛けし、あまつさえ犠牲者までお出ししたことは、まことに痛ましく当社としても痛恨の極みであります。
ここに改めて衷心よりお詫び申し上げますとともに、御霊の安らかんことを謹んでお祈り申し上げます。
 当社といたしましてはこのことを深く心の刻み、厳しい反省のうえに立って、二度と公害問題でご迷惑をお掛けしないということを強い決意を持ってお誓いいたします。
現在、当社は地域の皆様を始め国、熊本県その他ご関係先の暖かいご支援を得て懸命の経営努力をいたしておりますが、極めて厳しい状況にあります。
 しかし、この困難な環境を乗り越え、再び公害を発生させないという決意のもと、今後とも全社員が一丸となって水俣病補償の完遂と地域の発展に努めることが、皆様のご支援にお応えし、また御霊をお鎮めする最善の道と信じております。このことを肝に命じ、なお一層の努力を尽くすことをチッソ株式会社を代表してお誓いし、お祈りの言葉といたします。

 一九九三年五月一日
             チッソ株式会社常務取締役水俣本部長 竹下國幸
 

トップへ戻る
市議会代表 「祈りの言葉」
 本日ここに、水俣病犠牲者慰霊式が御遺族を初め、関係の皆様の多数の御臨席のもと、厳粛にとり行われるに当たり、犠牲となられました皆様の御霊に対し謹んで哀悼の誠を捧げます。
 水俣病公式確認から三十七年を迎えましたが、この間、患者さんが受けられたいわれなき差別、偏見、中傷は肉体的苦痛以上の苦しみであったろうと存じます。無念のうちに亡くなっていかれた患者さんは言うに及ばず、最愛の護肉親を失われた御遺族の御心痛をお察しする時、痛恨の情が切々として胸に迫るを禁じ得ません。
また、病床においていまなお苦しんでおられる患者の方々に対し、心からお見舞いを申し上げる次第であります。
 水俣病の発生は健康被害、環境破壊だけに止まらず、市民間に根深い不信感を生み、市民生活にも深刻な影響を与えましたが、近年の各種のイベント等を通じて患者さんと市民との対話の機会も増え、ようやく、水俣病に対する理解が深まりつつあり、市民総意のもとに「市民の会」が結成されたのもこのあらわれであります。
 市議会では昨年六月議会にいおいて「環境・健康・福祉を大切にするまちづくり宣言」を全会一致で決議し、水俣病被害者を救済し、市民相互のふれあいと融和を図り、生命の尊厳と自然の生態系を守っていく決意をいたしました。
 また、先般の三月市議会において水俣病の経験を貴重な教訓として、海、山、川のあるこの自然を、良好な環境で確保し、市民の生命基盤として、次の世代に引き継ぐという理念のもとに「環境基本条例」を制定し、市、事業者、そして市民が協力し環境の保全に努めることにいたしました。
 今後は市民の心を一つにし、患者さんの早期救済を初め諸問題の解決に努めるとともに、水俣病の尊い教訓を生かし、世界の国々で悲惨な公害が二度と再び起きないよう、世界にアピールしていくことが、犠牲者の慰霊となり、また私たち水俣市民に課された責務であると存じます。
 私たちは、水俣病で犠牲となられた方々のことを寸時も忘れることなく、過去の反省を肝に銘じ、本日を期にさらに心を新たにし、公害のない平和で豊かな水俣を築くため、より一層の努力をいたすことをお誓い申し上げます。
 ここに御霊の御冥福を祈り、併せて御遺族の御健勝を心から祈念いたしまして祈りの言葉といたします。

  平成五年五月一日
            水俣市議会副議長 江口和幸
 

トップへ戻る
実行委員長 「祈りの言葉」
 水俣病犠牲者慰霊式が執り行われるに当たり、水俣病発生によって犠牲となられた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。
 本日は、大変ご多忙の中にもかかわりませず、ご遺族や患者団体の方々、環境庁、国会議員の皆様、熊本県知事、熊本県議会議長、関係市町の皆様方並びに市民多数のご臨席を賜りまして、まことにありがとうございます。心から厚くお礼を申し上げます。
 顧みますと、水俣病の公式確認以来、原因究明はもとより、患者救済、公害病認定、水俣病訴訟、認定業務の促進、水俣湾公害防止事業の実施など幾多の紆余曲折を経て永い歳月が経過いたしました。
 この間、患者の方々は、いわれのない偏見や、中傷、差別の中にあって深い苦悩を味あわれたことと存じます。
 水俣病の犠牲となり亡くなられた患者さんの無念の思いと、一家の柱とも頼む働き手を失い、日々苦しい生活を強いられたご家族や、愛しい肉親を亡くされた悲しみなど、ご家族のお気持ちは言葉に言い尽くし得ないものがあると思います。
 また、今なお病に苦しんでおられる患者の方々と、日常の介護に当たっておられるご家族に対し、衷心よりお見舞いを申し上げる次第であります。
 水俣市においても、健康被害と環境破壊の深刻さにおいて、せかいに類例を見ないといわれる、水俣病の体験とその貴重な教訓を踏まえ、国・県による水俣湾公害防止事業、水俣湾埋立地及び周辺地域の開発整備の推進など、格別のご高配とご尽力を賜りながら、地域の再生と振興に取り組んでいるところであります。
 また、昨年六月、水俣市議会において「環境・健康・福祉を大切にするまちづくり宣言」が、さらに十一月に開催された「環境・創造・みなまた92」において「環境モデル都市づくり宣言」が行われ、環境や自然、生態系に配慮したまちづくりの実現に向け、積極的に取り組む決意を新たにしたところであります。
 水俣病問題の早期・全面解決は、地域全体で取り組むべき課題であり、水俣病問題の解決なくしては、地域の再生・振興はあり得ないという市民の機運が高まり、本年二月「水俣病問題の早期・全面解決と地域の再生・振興を推進する市民の会」が結成されました。
 水俣病問題の早期・全面解決と地域の再生・振興を要望する市民及び関係者二万五千人余りの書名を頂き、三月六日には市民大会が開催され、問題解決への積極的な取り組みを確認して、国など関係者の方々へ陳情を行い、市民の切なる強いお願いをお伝えしてまいりました。
 今後も、「市民の会」を中心として、市民相互のふれあいと融和を図りながら、水俣病問題の早期・全面解決が一日でも早く訪れることを心から祈念し、なお一層の努力を傾注してまいる所存であります。
 また、このことが犠牲になられた方々の御霊に報いることであると考えます。
ここに、犠牲者の方々のご冥福を心からお祈り申し上げ、併せてご遺族の皆様方のご清福を衷心より祈念いたしまして、祈りの言葉といたします。

  平成五年五月一日
      水俣病犠牲者慰霊式実行委員会委員長(水俣市議会議長) 山口栄
 

トップへ戻る