開催当日、8月13日(金)の10時半には、小学生たちが続々と受付に集まって来ました。地元の子どもたちや、熊本市、八代市、天草市、鹿児島県出水市など、計14グループ30人の小学生が参加してくれました! 大人も合わせると、50人以上になりました。
紙芝居風景(語り 左:濱口先生、右:職員の平生さん) 水俣病の紙芝居に聞き入る子どもたち
クイズ風景:トップ賞をねらう表情は、真剣そのもの!
お父さんやお母さんも、子どもたちと同じ表情をしていました。
クイズ風景:「クイズに正解した人は、手を挙げて!」
ゴミの分別など環境についての問題にも挑戦しました。
クイズ風景:資料館内で答えを見つけるこどもたち。 クイズ風景:水俣病についての問題もたくさん解きました。
ちなみに、この時の問題は現在の水俣病認定患者数です。
トップ賞は、ファイヤーチーム

メンバーは左から、
 いきうお こうき君(水俣第2小学校6年生)
 てらわき はるき君(水俣第2小学校6年生)
 しみず みほさん(天草市・亀場小学校6年生)

焼き肉を食べて、夏休みを元気に過ごしてね!
この他に、「1日館長」と「賞状」もゲットしました。
2位は、タイガーチーム

いまむら たいき君(袋小学校2年生)
なかぞの りひと君(熊本市5年生)
にしむら こうたろう君(袋小学校2年生)

賞品は、豪華花火セット!3人で仲良く花火をして
夏休みの思い出を作ってね!
  3位は、みやた しおんさん(鹿児島県出水市3年生)
小学3年生一人で、みごと「かき氷器」をゲットしました!
結果発表が終わって、みんなで健闘をたたえあいました。